良質のソースコードを読まないとダメだ

最近の自分が書いたソースの質を思い返して、つまらないバグが多い気がしている。

今回のプロジェクトでは特に、時間がないのをいいわけに「動けばいい」レベルのソースをたくさん書いてしまった。もっとパラメータチェックとか基本的なモノを埋めてれば起きなかったバグもあるし、関数の処理順なども実装時に深く考慮してなかったりしてたり、アウトプットとしては今ひとつだったと思う。

次回のプロジェクトは今回作ったものの派生になるので、ベース環境が今のソースとなる。今度は時間の許す限り悪かった部分の見直しをやりたい。

あと、独りよがりなコードが増えてきたのでもっと他人の良質なコードを見て勉強しないとダメだな。独学のC言語の知識の延長で来ているし、良いコードの書き方をもっと身につけないと自分がバグで苦しむだけだし。

でも、「良質の」って何だ?オープンソースのソースでも読んでみればいいんだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク