PrimoPDFでPDFファイル作成

PDFファイルは便利だと思う。

紙に印刷するのは、かさばったり、紙の束の中にすぐに埋もれてしまうことが多いから、私はあまり好きではない。特にWebページを保存しておきたい場合(何かの申し込み完了画面とかは「印刷して保存しておいてください」と良く書いてある)、会社では紙に出さずにPDFにすることがほとんど。

PDFの作成には、PDFの本家AdobeのAcrobatがあって会社で使っているが、個人で買おうと思うとけっこう値段が高いので、そこまで頻繁に使わない自分にとっては手が出しにくい。

PDFファイルの内部フォーマットは公開されているので、Adobe以外にもPDF作成のツールを作ることは可能だ。そこで、Acrobat以外のPDF作成ツールを探してみると、PrimoPDFというフリーのツールがあった。これは、Adobe Acrobatと同様に仮想プリンタとしてインストールされるので、任意のアプリケーションから印刷操作をするだけでPDFを生成してくれる。

試しに、手元のいろいろなドキュメント(Webページ、Wordドキュメントなど)をPDF変換してみたが、特に出力がおかしな部分もなく、充分実用に耐える。Adobe Acrobatほど高機能では無く、純粋にPDF出力に特化したもの(追加機能を含んだ有償バージョンもある)で、海外のソフトであるが日本語も問題なく扱えるし、ちょっとPDF作成環境が欲しい場合はオススメのソフトだと思う。

ついでに、AcrobatReaderの起動を高速化する、”Adobe Reader SpeedUp“を併用するともっとPDF環境が便利に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク