WindowsXP SP2

これほどリリース前に騒がれたモノは初めてのような気がする。それほど、XP SP2の変更点は、既存の環境に対して影響があるということか。

実際、3日ほど前に自宅のマシンにインストールしてみたが、動かなくなってしまったソフト(フリーソフトだけど)があったし、IEのセキュリティ強化で、自動的にダウンロードが開始されるWebページとか、Excelのファイルを直接ダウンロードできるようにしているページとかにブロックがかかるようになったり。これはきっと企業イントラのWebシステムを開発しているところはやっぱり一度検証しないと、予期しない動作をしそう。

自分はWebアプリとか作ってないし、と、のんびりとしていたらデバイスドライバでもSP2にアップグレードすることによって動かなくなるモノがあるらしい。ということは、今の仕事で開発しているのもリリース前に検証しないといけないな…。ただ、カーネルモードドライバにSP2がどんな影響があるのか、MSから情報が出ていない。

WHDCやらなんやら探し回ってみたのだけど、具体的にどこに影響がでるのかを説明した資料が無く、ちょっと困っている。これはどうやらくまなく動作させて確認するしかなさそう。

きっと、SP2対応のために世界中でものすごい工数が使われてるんだろうな…きっと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク