自立的プログラマ

自立的プログラマと従順なプログラマ。

プログラマ→SE→サブリーダ→プロジェクトリーダ、と上がって行くIT業界の(旧いけれど)標準的なキャリアパス。プログラマは新人や若手だけの仕事なのか?という観点からこのキャリアパスに対する新しい形である「自立的プログラマ」を目指そう、という本。

プログラマであり、またSEであり、また自分のマネージメントを行うサブリーダ的な振る舞いをプログラマ一人一人が行うことでそのチームは良い働きができるはず、とのこと。

この本はとても、私が普段から思っていることに近い。

「いつまでも現場で作業したい」という思いを持つ人は内容を読んでうなずくのでは無いかと思う。つまり、入社して数年でプログラミングなどの下流工程から引っぱがされて、マネージメントのみをやらされる、という流れが嫌な人。もちろん、マネージメントの技術を身につけなくて良いというわけではなく、「プログラマやSEという立場から引きはがされる」ことが嫌な人ということ。

そういう人には、この本を読むと胸がすく感覚がするかも。

プログラマ主役型プロジェクトのススメ ~ソフトウェア開発現場で本来の力を発揮するために~
細貝 俊夫

おすすめ平均
プログラマとしてだけでなく社会の一員としても
組織とチームの定義を初めて知った。
従順なプログラマにならないように注意しよう!

Amazonで詳しく見る4798106844

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク