WMWare PlayerのNATをホストPC以外に公開する

VMWare PlayerでNATを使ってネットワークにつないでいる場合、デフォルトではホストPC意外からの接続はできない。

でもWMWare Playerに付いてくるvmnetcfg.exeを使うと、ホストPCとの間でポートフォワーディングの設定ができる。

たとえば、ホストPCのIRCポートへの要求をNAT上のWMWareにフォワーディングしたい場合は、VMWare側のIPアドレスと、IRCのポート番号6667を以下のように設定する。

VMWare_03

これでWindows上にUnix系のOSをWMWareで立てて、両方のサービスをネットワーク上に提供することが可能。どうしてもWindows環境をベースにしないといけない場合とかには使えるかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク