このところ

先月くらいから他のプロジェクトのヘルプに入ったりしてなにかと忙しい。

忙しくなさそうにしていると、長期出張に出されそうになったりする。まぁ長期出張自体は別に嫌ではないけど。いろいろと気分も変わりそうだし。

しかし今年度はなんだかいつもの年と違う雰囲気が会社の中に漂っているような気がする。なんだろう、せっぱ詰まっているというかなんというか。全員余裕が無い状態に追い込まれているというか。組織としての過渡期、良くも悪くもだけど、そういう時期に来ているのだろうというのは肌でわかる。

そういう時期の中で余裕が無さすぎるというのはちょっと危険。そのプレッシャーについていけない人は脱落する。残ったメンバーはさらに負荷があがる。…ふと思う、社員がそこまで身を削ってまで維持したいと思う会社・組織であるのか?と。

何のためにそこまでの思いをしているのか、我慢をしているのか、それによっていつかは良いことがあるのか、それともどこかに搾取されるだけなのか、どうなのか?組織として存在する必要性はどこまであるのか、私はその組織にとって必要な人間なのか?という疑問が湧いてくる。

あと1年がこの過渡期がどういう方向になるか、見極めるための時間になるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク