セレスティンホテル

東京に来て後半の2泊は、港区芝にあるセレスティンホテルに宿をとる。最寄り駅は山手線の田町、もしくは都営三田線の三田駅。

近くにはNECの本社ビルや、少し歩くと慶應大学のキャンパスがあるロケーション。オフィスと学生街だからか、コンビニや食事するところも多く困らない。

ホテル自体は14〜17階が客室なのでそれなりの眺め。泊まった部屋では、遠くにお台場パレットタウンの観覧車が見える。部屋によっては、すぐ近くに東京タワーが見えるかも。

ロビーから客室へのエレベータは宿泊者のカードキーが無いと乗れない仕組み。セキュリティを考慮しているそうだが、こういうホテルは初めて。

ここもセンチュリーサザンタワーのように客室にLAN接続(LANケーブル付き)あり。ここはBフレッツを引いているらしく、確かに速いがプロキシか何かが入っているようでストリーミングなどHTTPやFTPやメール以外のアプリは一部使えないようだ。泊まった初日は回線も安定してなかったようだし。この点だけ見ると、サザンタワーの方が良いかもしれない。

客室は開業1年足らずなのでとても綺麗。広さもシングルにしては十分。2連泊プランで1泊あたり13,000円。高いと思うだろうが、東京で10,000円以下のホテルでいい思いをしたことは無いし、どうせ仕事を離れて非日常的な時間を過ごすなら、それくらいお金かけても全然惜しくない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク