出口が見えない

本当に自分の時間がなさ過ぎる。

毎年、夏の終わりから秋口にかけての、いい季節はいつもそうだ。

今も、とにかくプロジェクトが上手くいっていない今が踏ん張り時、と頑張ってみているけど、それを終わらせた次の作業もまたキツいのはすでに分かっているし、出口の無いトンネルを行く感じで充足感を得にくい。

ウチの場合は、トラブルプロジェクトや難易度の高い仕事を敢えて受注して、それで食べているという傾向が強いのでどうしても現場に負荷がかかっていると思う。こういう仕事の取り方も有りだとは思うけどねぇ…。常にキツい状態ってことになるわけで。

いずれみんなの頑張りが報われるのならいいのだけど、どうもそれも見えないんだよな…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク