PCを微妙にチューンアップ

Core2Duoが出始めた頃に組んだ自作PCを、少しだけパワーアップ。

メモリをDDR2-4200から、DDR2-6400へ。

またOSの起動ハードディスクをPATAからSATA2へ。

ついでにCore2Quadにでもしようかとドスパラ行って悩んだけど、今日は保留。結局マザーも変えないといけなくなるので。

メモリは多少速くなったような気がする、キビキビしてるかも?という程度。気休めかな。ハードディスクはベンチを取ると明らかに転送速度が違うので、これも微妙に効果ありというところかな…。

もうP5B-Vという古いマザーに、Core2Duo E6400という構成だからなぁ。

ふだんのWebやちょっとした作業では困ることは無いけど、たまに動画のエンコードしたりするし、NetBeansのような少し重めのIDEを使ったり、VirtualBoxで開発用のLinuxサーバ動かしたりすることも増えた。だからQuadくらいあればもっと負荷が分散するんじゃないかと目論んでるんだけど…。

Core i7がもう少し安ければそっちに全面移行したいし、安くならないようならCore2Quadへ移行したいところ。まぁこれはまだ急いでやる必要も無いので相場と動向を見ながら決めていくつもり。Macのほうもパワーアップしたいし、どっちに先に投資するか…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク