地方のシステムに地元の企業が関われない寂しさ

仙台で始まった"iPhone+リアル店舗"の「近未来ショッピング」 (1/2) - ITmedia プロフェッショナル モバイル

やってることはいろいろ可能性を秘めてて面白そうではあるのだけど、なんか、こういう地方のシステムに地元の会社が絡めないってのはちょっと寂しいな。

東京の会社が企画し、東京の会社が開発して提供する...。

仙台にこういう事に適した会社が単に無かったのかもしれないけど、東京中心というか、地方の企業の弱さというかなぁ...。

システムも地産地消って考え方もあっても良いと思うのですよ、もちろん種類とか規模とかにもよるけれど、そういうところから頑張らないと地方は弱くなるばっかり。単に地方は東京の下請け、国内オフショアの立場から抜け出せないよね。

まぁそうは言っても有能な人間は東京に集まるのだろうし、業界の勢いとか、企業や技術者どうしの切磋琢磨できる環境とか、先進的な事例は東京発がほとんどってのも考えると、難しいのかもしれないけれど。

東京人であらずんば日本人にあらず、みたいな一面ってある気がする...。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク