新卒入社で終身雇用を望む人って本当に存在するの?

2009年度新入社員の会社生活|調査報告書|学校法人産業能率大学

また、終身雇用制度を望む回答や管理職志向が過去最高を記録し、入社にあたっての意気込みも「コツコツ働きたい」という声が多く、”会社依存”の意識がある印象を受けます。

あんまりそうとは思わないけどね…。

単に就職が大変だったから、「短期的には」転職を考えていないってだけの話しだと思うけど。一生同じ会社でいいって思ってるのとは「終身雇用」の意味合いが違うんじゃないかな。転職しようにも状況が悪いからできずに、不満を抱えて仕事を続けるって感じになりそう。

うちの会社に入って来た新人たちもまぁ会社がアレな状況だったり、仕事がそんなに楽じゃないプロジェクトに配属されたせいか、かなり辛そうにしているしあの状況で終身なんてとても考えてないだろうしなぁ。

会社や仕事がアレなのは私らも悪いのだけど。

会社や仕事が合わないで、裏で不満をぶちまけたり、モチベーション低く仕事するくらいなら、若いうちなら転職したりしても良いと思うけど。面倒見たりしている上役から見てもお互い不幸だと思うし。

会社や上役も本人と話して、お互いがより良い方向で摺り合わせられるとか、辛くても自分が現場を変えてみたいからこの会社に残って頑張ってみるとかいう気概が無い限りは、モチベーション下がるだけで良いことないはず。

たぶん、引用元のこの調査も「現時点で」ってだけでもし労働環境が改善したら、こういう人たちはこぞって転職していくと思うけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク