買った本 「ベースラインで成功する プロジェクトマネジメント」

次のプロジェクトがまだ自分がどのような関わり方をするかはわからないけど、今やってるプロジェクトの反省を踏まえてプロジェクト管理をもう少し真面目にやらないとダメだと。

今までのやり方は経験・勘・度胸、よく言う"KKD"というほど酷くは無いと思っているけど、仕様面や技術面でリスクの洗い出しが足りて無く、各タスクの見積もりを超えてしまったり、見落としてた仕様ケースが出てきたりしてたのでその辺のモレが無くなるような作業管理をしたい。

また、今回は一部仕様まとめ+チームリーダーとして動いていたのだけど、現場からPL/PMの動かし方が弱かったかなぁとも思っている。というか、これがうまくできなかったのが一番の失敗だった。

次回はプロジェクト管理をもう少しきちんと、と言ったところでいきなりPMBOKなんてのはまともなプロマネ経験の無い自分には難しいし、1チームで適用するよりプロジェクト全体で適用すべきで少しオーバースペックだと思う。

で、いろいろ参考になりそうな本を探していたら、この本を見つけた。

この人の本は「デスマーチよ!さようなら!」というのを以前読んだことがある。その本はいくつか参考になるところがあったものの、かなり筆者独自の方法だったしちょっと癖が強い感じがしてた。

今日買ったほうは、PMBOKをかなり噛み砕いたような感じの本なので、以前より得る物もあるかなという期待を込めて。

...本来はプロジェクトマネージメントから一歩離れて、技術面からプロジェクトをサポートするために技術系の社内キャリアパスに進んだつもりだったけど、けっきょく自分の思いをプロジェクトの方針や進め方に反映させるには、マネジメントにも多少なりとも関わらないと駄目だったというオチがついたな。

ベースラインで成功する プロジェクトマネジメント
ベースラインで成功する プロジェクトマネジメント
おすすめ平均
starsプロジェクトマネージャー必読
starsこれがPMの本質!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク