TV番組は毎週放送で無くてもいいのかも

タモリのNHK冠番組『ブラタモリ』が終了半年で復活 10月よりシーズン2 ニュース-ORICON STYLE-

ブラタモリのシーズン2が始まるらしい。

シーズン1も欠かさず見ていたけど、番組時間に対して内容が駆け足すぎな感じもしたので一つのエリアを2週に分けてもいいんじゃないかと。タモさんのディープさを出すならじっくりやるのも良いと思うけどね...。いいともの司会もそろそろ降りて、全国をマニアックに巡る番組とかタモリ倶楽部みたいな番組をもっと見たいと思うのだが...。

さて、このシーズン1,2のような番組のあり方は、もう少し広まってもいいのかもしれない。

同じNHKのサラリーマンNEOも半年やって半年休むというのを繰り返しているけど、視聴者も制作側も「飽きない」点でいいんじゃないだろうか。

特に毎週の番組だと何となく「ああ、今週もこの番組の日か」と見てるほうもだらけないかなぁと思うのだ。制作側も毎週の制作に追われてマンネリ化をある程度防げたりしないのかな。見る側も「もう少し見たい」というところで番組が一旦終わり、またしばらくして始まるというほうが「見たい」と思わせるだけ注目度も上がるように思うし。

シーズン単位、または隔週という単位で番組を放送して視聴者の反応を見てみると、少しはテレビに対して新しい見方を提案できたりしないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク