2種類の「怒られ慣れている人」

よく、怒られてたり注意されてもあまり落ち込まない人、立ち直りの早い人がいる。

ずっとめげていたりしない分、良いのだとは思うのだが、この「怒られ慣れている人」にも2種類いるように思う。

一つは、「怒られたことを自分の中で考えて、次からの言動に反映させる」人と、もう一つは「単に怒られた事実をスルーするだけで、何も自分へフィードバックしない人」。

後者がかなり厄介で、早い話が何を言っても聞いてない人ってことになるのだけど、こちらの思いとは裏腹に何を言っても仕事のやり方が変わらなかったり、やって欲しいことをやってくれなかったり、同じようなミスを何度もしたりするケースが多い。

まったく理不尽なことで怒られるなら、それは気にしなくていいかもしれないけど、こういう人にはどう接して良いか悩む。自分で「怒られるのは慣れてるから」と豪語したりする人もいるのだが、単に自分の悪い点に気づかずにスルーしてるだけだったり。

何か言われたとき、何か物事が起きたときに、「自分へのフィードバック」ができる人になったほうが自分と周りの人にとって良い方向に進むと思うんだけどな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク