人月と業務システム

Togetter - 「一山いくらで人月見積の大手ベンダーを外し始めたユーザー企業のITガバナンス」

ブクマしたときからさらにツイートが追加されて途中で話が発散してるような気もするし、タイトルの事象についてはあまり掘り下げられずに釣りっぽくなってしまってるのが残念。

読んでるだけでも論点がたくさんありすぎるな。

まぁたしかに準委任で客先に人月いくらで突っ込んでるだけの会社が長続きするとは私も思えないけど、逆に準委任だからSIerの人間を「好きにこき使える」という見方もできそう。

仕様変更とか頻繁に発生するケースを一括請負で出せるわけが無いし…そのためにSIerの上級エンジニアがユーザ企業の情シスやCIOになって内製回帰せよ、という議論ではあるのだけど。

業種によるのかなぁ…。ITシステムって企業活動にどれだけ必要なんだろうね。経営戦略≒ICT戦略だ、というツイートも出てくるけど、全ての企業がそうかというと?業務システムって社内政治、社外政治に巻き込まれやすくって本当に企業内のエンドユーザーのためになるシステムを作り上げるのは至難の業と思っているのだけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク