Makeな勉強会で3Dプリンタを見てきた

3Dプリンタとは存在は知っていたけど、実際に見るのは始めて。

CupCakeCNCという元はオープンソースハードウェアの3Dプリンタらしい。これで15万円なんだそう。市販の3Dプリンタが200~1000万することを考えると個人やホビーユースとしてはかなり価格的に魅力かなぁとは思う。好きな人は買いそうだし、学校に導入している事例もあるんだとか。

できあがりの例はこれ。

2011-03-05 14.48.00

2011-03-05 16.28.23

ちょっと荒いので表面を研磨していくと下のようにちゃんと綺麗になってくる。実際は樹脂の種類を変えたりするともう少しきちんと密度の高いものが成型できるらしい。

2011-03-05 15.03.30

あとは、世界中のユーザーが3Dのモデリングデータを公開して共有しているサイトが存在すること。

ここでオブジェやホビーロボットのパーツや基板ケースなど色んなものが作られて、かつデータが公開されているのがすごい。しかも3Dモデリングを作成するツールもフリーで揃う。これは盛り上がるはずだわ。

工作系が好きな人はこういうのを1台あると、自分の好きなモデルを出力することができてまた新しい楽しみ方ができそうだよなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク