対外窓口

プロジェクトの中でチーム外との窓口になる役割の人は、自プロジェクトで開発するソフトウェアの仕様、簡単な技術的仕組み、開発の段取り、成果物の種類と概要、の情報は押さえて置いて欲しいなぁ。

単に外部とのメッセンジャーだと何も調整の余地が無くてスルーで現場に要求が降りて来てしまうし、仕様や開発フェーズが分かってないと対外的にトンチンカンな話をしてしまいかねないし。当然スーパーマンじゃ無いから全部を完璧に押さえろなんて思ってないけど、ちょっと外部とのコミュニケーションが上手く取れてない感じがしてチーム内、チーム外に少し余計な負荷がかかってる感じがする。

話の表面的な所だけに脊髄反射的に反応してあれこれ指示やらされるのもね。話の背景とか相手の意図とか、自分の中で噛み砕いてから周りに指示出しするほうが良いと思うんだけど…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク