国際版Galaxy SをGingerbreadへアップデート

GingerbreadのROMが出てからやろうやろうと思っていたのをようやく。

ふだん、カスタムROM系の情報を追っていないので、色んな種類とかパッチやらがよく分からず、どれをインストールすれば良いのかが分からなかったというのが大きいのだけど…。

[Galaxy S] root化されたXWJVHインストールパッケージ « Gagdet is not Gadget.

Samsung - Galaxy S Android2.3 Ficeto's JVH Base romsをインストールしてみた - kai09の日記

この辺の記事を見つけて、とりあえず簡単にインストールできそうなパッケージがあるようなので、この記事の通りにROM焼き。

ザッと使ってみた感じでは、プチフリも無さそうだしFroyoの時に悩まされていたGPS測位の問題も大丈夫そう。ROM焼きして各種キャッシュを初期化したせいか、全般的に引っかかりが無くなってるように思う。今の時点では安定しているし問題無いようだ。

ただ、ROM焼き前にTitanium Backupでバックアップを取っていたアプリが2.3にした後にリストアできず、泣く泣くAndroid Marketからインストールし直しという事態に。お試しで入れてるアプリがほとんどなので復活出来なくても、面倒なだけでそれほど痛手は無いのだけど、Titanium Backupはわざわざ有料版を買ったのにこの結果だったのが残念。

自作アプリもGingerbreadで問題無く動作してるようだし、今のところ満足。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク