出張貧乏

2ヶ月の横浜出張から帰ってきて、金銭的なところを銀行の残高などを見ながら軽く情報整理。

まぁ出張中から結構出費がひどいなというのは自覚してはいたのだけど、計算してみると収入に対してわずかに赤字だった。後日、出張の日当が別途支給されるとは言え…。

何にそんなに使ったかというと、まずは食費。

朝食はほとんど食べないか、パンやおにぎりなどで済ましていたのだけど、お昼をコンビニ、立ち食い蕎麦、夜を外食という感じで毎日過ごしていた。特に夜は、会社出てコンビニ寄ってホテルの部屋に帰って部屋でモソモソ食事するのが何となく虚しくて、周辺で空いてる食事処行って食事をしてた。

そうすると高くて1000円前後、安くても500円前後くらい一食にかかるわけで。ホテルと会社を往復して寝るだけの生活の中で食事くらいしか楽しみが無いし、それなりにあれこれ食べたいと思うと出費がかさむ。食事を気分転換にしてたので、あまりケチることはしなかったせいもあるのだけど。休日や時間があるときは魚を食べに回転寿司とかも行ってたし、おやつや間食も含めたら相当買って食べてるなぁ…。

次は生活用品。ドンキや100均を使うようにはしていたけど、長期出張であれこれと。栄養サプリメントとか常備薬もそれなりに。

あとは、休日にあちこち巡ってブラブラしてたのでその交通費か。関東の電車は距離にしては運賃は安いけどこまめに乗り換えたりするし、横浜から都内往復とか何度もやってたので。Suicaにも何度もチャージした記憶があるから…。

あとはホテルの部屋で微妙な時間を潰すために、ネット上のサービスにお金使ってたりしてたからとか。

Amazonでの買い物と、BROMPTONを買った分のカードの引き落としを含めずに赤字だったのだから、かなりの散財。これからさらにカードの引き落としが来る…。

まぁ仕事が辛かったし、せっかくの長期出張で少しでも楽しめる時は楽しみたいってのもあったし、自分の場合は独り身で財布は自分自身で握ってるのでどうにでもなるのだけど、家庭持ってる人とかは大変だったかもなぁ。あの状況で禁欲的な生活してたらしんどいと思う。

ちょっと散財した額にショックを受けながら、あんまり好き勝手に生活すると怖いことになるなというのが分かった。でも抑えるべきポイントは大体分かっているのでもし次に似たような状況があればそこを抑えるようにすれば大分違ってくるかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク