京都へ高速バスの旅

福岡にいるときは時々やってた高速バスの旅。

刈谷に来てからはすっかりやる暇も無かったけれど、ふと思いついたのでやってみることに。

そもそも名古屋からどの方面の便があって所要時間と料金なのかというのを全くリサーチしてなく、ざっくりと調べてみると名古屋~京都なら2500円で2時間半くらいで行けるというので乗ってみた。

高速バスだと
・電車とは違った車窓を楽しめる(下道、高速とも)
・必ず座れる
・値段が安い
この辺がメリットかな。

自分で車借りて出かけると運転するから疲れるし、眠くなっても途中で寝られないし往復あるし車返却する時間を気にしなきゃってのもある。
その代わり、バスは当然ながら電車とかに比べて時間はかかるので4時間も5時間も乗るのは逆に疲れるかも。

さて、日帰りを考えるなら、
・片道3時間くらいまで
・帰りは電車、新幹線など別の手段があること(バスより速く帰れること)
あたりを考慮に入れる。

往復ともバスだと時間がかかりすぎるし滞在時間が短くなってしまうので、だいたいいつもは行き帰りのどちらかは電車・新幹線にすることが多い。

とりあえず京都なら、何度も行って知ってる土地だし帰りは新幹線で30分強で時間が遅くなってもなんとか戻れるし、手始めにはいいだろう。

名古屋駅の新幹線口から乗り、名神高速道路に入る一宮市あたりまではずっと下道。ちょうど夕方だったのもあって混み気味。

名神に入ってからしばらく、岐阜と滋賀に入った辺りで吹雪。名古屋市内は晴れてたのに…。そのせいで50キロ制限+渋滞…。

途中、名神多賀SAで10分休憩。

DSCN1245

DSCN1243

多賀SAって割と新しめで大きいSAだった。10分だったのでトイレ行っただけだったけど、他の乗客の人はお土産とか名産品を買ってきてたりしてたので、せっかくだから自分もそうすれば良かった、と後悔。

大津ICあたりまで雪規制だったので京都には30分遅れでの到着。

DSCN1246

京都市内も雪模様。

DSCN1247

京都タワーは改修工事中のためライトアップも無く、展望室には工事用の囲いが。

DSCN1250

京都駅にはいつ来ても思うけれど、この空間の使い方がなんか好きなのよね…贅沢というかなんというか。

京都に着いたのが20時くらいだったので、ふと「このままどっか一泊して次の日少し観光してから帰ってもいいかな…」と思ったりしたけど、お泊まりの準備は何もしてないし、観光するならやっぱり自転車(brompton)は持ってきておきたいのでまたの機会に。ちょっと行き当たりばったり過ぎたか。

帰りは新幹線で。30分くらいなので自由席券で立ったまま名古屋へ。

高速バスの便を調べてみると、飛騨高山なら京都と同じく2時間半くらいでいけるようだ。ただしJRで行っても同じく2時間半なので往復5時間だと早めに出発しないと観光する暇がなさそうだ。気が向いたらチャレンジしてみよう…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク