福岡一時滞在

福岡に戻ってきました。

今週末だけ。

5月いっぱいで刈谷引き揚げはならず、6月も当面は刈谷で仕事です。状況からすると6月いっぱい、もしかすると7月に入るくらいまで居ることになりそう。

冬から春になり、梅雨、初夏の頃まで引っ張るとはね…。2月くらいから「今月で」「今月で」って言われ続けているのだけど、作っているものの品質が安定せずマスタースケジュールがどんどん延びているのに引きずられて作業のキリが付かず、福岡に帰れない状況。

今回、福岡に戻ったのは刈谷の荷物の大部分を福岡に送り返したため。なんだかんだで刈谷生活も1年近くなって、荷物も増えたし、刈谷生活も仕事の状況さえ整えば終わりになるはずなので、必要最低限の荷物以外は福岡に送って身軽にすることにした。

段ボール箱にして7個分。

もう残りの日々は積極的に自炊するのもやめたので料理道具や、いろいろ買って増えてきた書籍類、PC周り、冬物衣類などなど。6月も仕事がタイトになりそうで、生活を楽しんでる余裕が無いだろうとバッサリと荷物をまとめた。

おかげで刈谷の部屋は、去年の7月に初めて来たときくらいにすっきり。自転車とPCと着替えと少しの食べ物。

刈谷生活で食事をしていて、なんだか福岡の味が欲しいなぁ…とずっと思っていて、思い出したのが辛子高菜。ご飯にもラーメンにも合う良い物があったじゃないか。もっと早く気づいてれば。

IMG_20130601_124753

当然ながら刈谷のスーパーでは売って無く、高菜漬けを買って自分で作ってもいいのだけどちょっと面倒だったので福岡で買って行くことに。土産物として買うと500円、でも近くのスーパーで買うと100円弱。

…いやはや、これだけスケジュールが延び延びになるとみんなのモチベーションが無くなってるのが目に見える。1ヶ月だけヘルプで、と言われて福岡から駆り出された若手がもう5ヶ月近く滞在してたり、毎日朝から晩まで働いても終わりが見えそうで見えない、このマイルストーンを迎えたら、と思ってもそれが延期されたり、次のマイルストーンが急きょ出現したり、いつが本当の最終マイルストーンなのかが分からない。

そうこうしているうちに平行して次機種の開発もスタートしているのだけど、前機種の品質安定に人的リソースの大部分を投入しているので、次機種の開発がすでに遅延している。前機種の開発をボロボロになってなんとか終わらせたとしても、待っているのはスケジュール遅延した状態の次機種開発プロジェクト。またデスマ、という状態。

まぁ…モチベーションも上がらないのは致し方ない気がする。そもそも現時点で心身の調子を崩してしまったり、耐えかねて退職という選択を取る人もチラホラいるようだし、今回のデスマは組織としてもダメージは小さくないと思う。

会社としては抱えてる社員の食い扶持を維持するために多少デスマでも人をアサインするのがベターということなんだろうけど、今までけっこういろんなデスマを乗り越えてきたメンバーが今回は参ってしまってる感じがして、なんだかいろいろやばい感じがしなくもない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク