Bromptonのペダルが破損

旅行中、Bromptonの右ペダルが壊れてしまった。

半月くらい前から、踏み込む時に異音や少し引っかかる感じがしていてベアリングが不調になってきたかな…とはぼんやり思っていた。ただ異音も常に起きているわけでは無かったので特に焦ってなく普通に乗っていたのだけど、この東京旅行で1日30kmくらい乗ったりしたからか、一気に壊れてしまったようだ。

その壊れ方がけっこう驚くのだけども…。

ペダルの金属部分が突然破断してしまった。ペダリングしていて突然、グニャッという感触があったと思ったらこのような状態に。普通にペダリングしていただけなのに金属のところがこうも千切れたようになるのは…。

IMG_1056

そしてよく見ると、ベアリング部のカバー(?)が外れてベアリングの玉が外に飛び出していてペダルのシャフトのところがかなりぐらついている。

IMG_1058

だましだましペダリングすればもう少し乗れなくも無かったが、Bromptonはまだまだ旅行中に乗りたかったし今直しておかないと後が面倒になるのでペダルを交換するしかない。

皇居のところでこのようになってしまったので、スマホで近くのサイクルショップを探す。このBromptonを買ったLOROグループのお店が日本橋にあったのだけど、お盆休みで開いてない。さらに探すと有楽町にワイズロードがあったのでそこまで行ってみた。

入った感じ、完成車ばかりでパーツの品揃えは期待薄かと思っていたけれどペダルは思ったより品数が。そのうちフォールディング用はMKS(三ヶ島製作所)のものが3種類くらい。取り外しできるEzyシリーズと、折りたたみ式のFD-7。いろいろ迷ったがとりあえず応急処置として一番値段の安かったFD-7を選んだ。あとは同じくMKSのペダルレンチも一緒に買って作業できそうなところ…で日比谷公園へ。

今回、壊れたのが右ペダルで本当に良かった。Bromptonの2011年モデルまでは左のペダルを外すにはペダルレンチでは無く24mmのレンチが必要でサイクルショップにはおそらく工具は売っていない。右ペダルなら普通にペダルレンチで外せるので交換も楽なのだ。まぁ東急ハンズなどに行けば値段に目をつぶれば工具は手に入るだろうけど…。

ものの5分くらいでペダル交換は完了。

IMG_1059

今回はペダルレンチで外せる右ペダルだけの交換。左ペダルは工具のある福岡に帰ってからにする予定だ。

本当は右ペダルは折りたたむ必要が無いのでFD-7で無くてもいいのだけど、いずれ左も交換するし…今までの純正ペダルよりかは重量が増えるけれど背に腹は代えられない。左ペダルも折りたたみ部分のプラスチック部品が踏み込むときに、きしむような音を出すことがあって気になっていたので、いずれはペダル交換するつもりでいたので。

ネットを見ているとBromptonのペダルはあまり耐久性が高くないようで、同じように壊れたり異音がしたりするようになった人が他にもいる。しかも1年とかしか乗って無くてもそうなることがあるようだ。私の場合は毎日乗るようになったのは刈谷に持ってきてからだし、距離にしても1000km走ったかどうかくらい。

それで壊れてしまうのはパーツのクオリティが良くないんだろう。Bromptonはかなりいい値段がするのだけどパーツのクオリティはそれほど良くない。ほとんどは、あの折りたたみの仕組みにお金を払っている感じなのだよね…。

とりあえず、ペダルが直って普通に乗れるようになったので良しとしよう。福岡に帰ったら左ペダルも交換して安心してペダリングできる状態にしておかなければ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク