福岡2区補選

どうも山崎氏が当確らしい。

私は民主党の候補に今日は投票して来たけれど、民主党は支持していない。あくまで「アンチ自民」の対抗軸として考えると民主しかないからだ。そもそもあまり今回の選挙には興味が無かったというのもあるけれど…。

ここ数年、投票率が低くなってきているけど投票率が低くなってくると組織票を動員できた候補が有利になる。つまり「族議員」のような人が議員になってしまい、どこかの組織に便宜を図るのが議員在任中のお仕事になってしまう。

かといって、新人が当選したとしてその人の議員になってからの仕事ぶりなんてのはパッタリと聞こえてこない。せいぜい本会議の採決のときにその党の持つ票が一つ多いか少ないかくらいのイメージしかない。もちろん、委員会活動や勉強会などをやっているのだろうが、そういう姿はマスコミも報道しないし、おそらくそんなのは後援会にでも入らない限りは見えてこないんだろう。

なんだか、ベテランにしろ新人にしろ議員というものは、一般有権者にとっては「自分たちには直接関係ない人たち」だから政治への興味も薄れるんじゃないかと思う。よっぽど後援会なりに入って「どこどこに道路を作って欲しい」とか「補助金が下りるようにしてくれ」とか陳情するような立場でない限りは。

だから今回の補選でも、マスコミは比較的盛り上がっていたようだけど実際の選挙民はそれほど関心がなくなっていたんじゃないだろうか。そもそも補選の発端である「学歴詐称」問題などで議員は「政党にかかわらず信用できない」ってのが本音なんだと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク