列車脱線事故

結果として大惨事になってしまっているが、テレビを見ていると事故原因について稚拙な憶測合戦を各局が繰り広げていて、なんだかニュースを見るのが馬鹿らしくなってくる。

運転士の経歴が11ヶ月で新人運転士がダメだったんじゃないかとか、ATSが古い型だからどうとか、JRのダイヤが過密すぎるんじゃないかとか、いかにも知った風な言い方で色んなことを喋っている。だったらベテランの運転士だったらいいのか、車両をとにかく丈夫にすれば良いのか?たぶんそんな単純な話ではないだろう。事故原因はとりあえず専門家に任せれば良いと思う。

そんな事より、事故現場で血まみれのままの乗客に無理やりインタビューしたり、病院で肉親を必死で捜す人をドキュメンタリー気取りで追っかけ回したり、現場の邪魔になっているんじゃないかと思う取材活動を自制するべきではないだろうか。「報道の使命」と「人命」のどちらを重要視しているんだろう…。

どうせ取材するなら、事故現場で瀕死の人から財布を盗むなど、非道な輩がいたと言うから、そういう人間を徹底的に追いかけて糾弾したほうがいいんじゃないかとすら思うんだけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク