2018年8月21日

仕事で思うところがあり、久しぶりにJenkinsの環境を構築。

2,3年前と比べてUIが少しわかりやすくなったような気もするけれど、設定の面倒さは変わらず。

設定の自由度が高い分仕方ないのだろうけど、最初にビルドタスクが通るようにしたりテストとかのタスクがきちんと動くように持っていくまでが手間がかかる。

実行時のパーミッションが違うとか、SCMからチェックアウトしたままの状態ではビルドが通らない(Makefileとか設定ファイルの変更が必要)から、チェックアウト後に修正済み設定ファイルを上書きするとか、別プロジェクでビルドしたファイルが後工程で必要になるとかいろいろ。

オンプレで使えるCIツールはJenkinsの一人勝ち?なのは変わってないのかな。
いまの時代は外部のCIサービスを使えってことなのだろうけど、当然我々のようなSI仕事の場合はセキュリティポリシー云々で外のサービスは原則使えないので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク