debian on coLinux

会社のマシンに入れていたcoLinuxのゲストOSをGentooからdebianに変更。

なんか会社のネットワークだとGentooのemerge syncでタイムアウトを起こしてしまうのでGentooがインストールできず。そこでdebianに変更してみたけれど、debianを使うのは初めて…。

いままで、Slackware、Vine、RedHat、Fedoraをかじって、ここ2年近くはGentooを使ってきたのだけど、なぜかdebianは「難しい」というイメージがあって敬遠していた。

ちょっとだけ使ってみたけど、apt-getとGentooのemergeが似ていることもあってそれなりに取っつく事はできたけど、設定ファイルの場所とかが違うからその辺の違いを覚えないといけないのね。そういえばまだPHP5はパッケージとして用意されていないいみたい。ちょっとがっかり。

ただ、Gentooみたいにソースからコンパイルしないからaptが速いってのはいいかもね。でもそれぞれの環境(例えばX Windowsなしとか)に最適化されたバイナリってどうやって作るんだろう…。コンパイルし直せる仕組みとかあるのかなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク