産業界、原油高騰で燃料転換・メタンガスや廃食油活用

いずれにしても悪いことではないでしょう。


産業界、原油高騰で燃料転換・メタンガスや廃食油活用
(via NIKKEI NET)

 産業界が原油高騰に対応して割安な代替燃料を相次いで活用している。運輸会社が軽油の代わりに使用済みのてんぷら油など廃食油を使い始めたほか、工場のボイラー燃料を重油からメタンガスなどに切り替える企業も出てきた。重油、軽油の価格はこの1年で2―6割高くなった。二酸化炭素(CO2)削減など環境対策として計画した大企業も経費節約に効果が大きいとみて導入を急ぐ。

きっかけはどうであれ、これで少しでも代替エネルギーへのスイッチが進めばいいんじゃないかな。

原油だってあと数十年しか採掘できないんじゃないかなんて昔から言っているし(新しい油田の探索とか採掘技術の進歩である程度は長持ちするだろうけど)、地球環境を考えれば少しでも地球に優しいモノを使ったほうがいいだろうし。

これからBRICsとか急速に発展してきている国でもエネルギー消費量が増えていくと、今まで以上に原油の需要は高まるだろうし、地球の汚染は進むだろうし。

問題はアメリカなんだろうな、大規模なエネルギー消費国なのに京都議定書とかには加わっていない。自国の経済が優先で地球環境は二の次三の次って姿勢だから…。世界最大の国のエゴとも取れる行動はかなり頂けないな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク