検索キーワードから

アクセスログの集計を見ていて、最近検索キーワードで多いものをいくつか。

・”名古屋駅 コインロッカー”
旅行前に検索してるんだろうか、それとも旅行中・後に困って検索したのか気になる…。
万博とかで名古屋に行ったは良いけど、ホテルに行く夜まで荷物を預ける場所がない!ってのは今でも状況は変わってないでしょう。

たしか名古屋駅にはロッカーが何カ所かと、手荷物預かり所もあったはず。私がGWに言ったときは午前中にどれも一杯でロッカー待ちを30分くらいしないとダメだったですね。しかも、ほかにロッカーの空きを狙っている人がいるんで、待ってる間は殺伐そのもの。

万博とかのイベントが無ければ、ロッカーの数は駅の規模からしてふつうだと思うんだけど、なにせ万博な上に名古屋自体が注目のスポットになってるから、これからのお盆とかもまた大変でしょうねぇ。

・ほぼ日手帳
これも今年は9月くらいからほぼ日のサイトで企画が出てくるんじゃないでしょうか。去年は手帳ブームと相まって随分と売れたようなんで、今年も販売時期を逃さないようにしないと…

と言いつつ、今はあまり使っていなかったり。ロディアのメモが今のメインアイテムになってるんで。
でもたぶん今年も買ってしまいそうなほぼ日手帳。

・”企業 ブラックリスト”
実はこのワードがずっと多いんですよ。
どうもYahooで検索するとなぜか上位にヒットするらしく、よくアクセスがあります。

2chあたりで出回っているブラックリストなんてのを見てると、「じゃあどこの会社に行けばいいんだ?」ってほど色んな会社が網羅されてるように見えるんですよ。たぶん、名前が知れていてブラックリストに載っていない会社はかなり少ないかと。

大企業ほど病んでいる会社は多いってことなんかも知れないけど、かといって知名度があまり無い中堅どころに入っても良い会社かどうか分からんしね。就活なんてカースト制みたいなものですよ。なんだかんだで学校のランクで入れる会社のランクも自然と決まってくるでしょう。

まぁ、学校自体にハクが付いているのか、そういう学校に自然とすごい奴予備軍が集まるのかは知らないけど。

私のいる会社もIT業界ではブラックリストの、しかも上位にあったりして2chあたりでは社員含めてボロカスに言われていたりしますが、そりゃこんだけ急拡大した会社だもの社員だってピンキリです。当の社員である私ですら、毎年の採用数には辟易してるくらいだし。そういう中で優秀そうな人間だけ採用しようとしたらうちのような会社はあまり人が集まらないんじゃないですかね。

業界の上位企業?(IBM、NTTデータ?、NRI、ISIDとか)から優秀なはずの人は取られていくわけだろうし、うちの会社を直接志望する人はきっと多くないはずだし。原石をたくさん採用してみて、その内どれくらいが磨けば玉になるかって感じで。仮に磨いてみても石のままの人だって、使わざるを得ないわけだし。

で、ブラック企業なんか入りたくない!とばかりに必死に2ch見てみたりググったりしているのが、この検索キーワードってことなんだろうけど、IT業界なら仮にブラックと言われる会社に入っても早いうちに転職なり独立なりすれば人生のリカバリは十分できるでしょ。

あとは変な社風に染まって感覚をマヒさせないように。一歩引いたところから自分の会社を見て、ここは良い、ここはおかしいとか客観的に見ることができれば、会社にいては自分が成長できないと思う部分とかを社外に経験を求めて補完したりという事もできるし。自分に危機感を持てれば、ブラック企業の中でも腐っていくことはないかと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク