モールスキンを使い始めて一週間

仕事用のノートとしてモールスキンのラージサイズを使い始めてほぼ一週間。

気づいたことは、

  1. 厚みがあるので、最初のうちは見開き左側のページが斜めになって書きにくい
  2. ペンにもよると思うけどインクを吸いやすいので裏移りする
  3. 大学ノートとかの糸綴じに比べてきれいに開くので中心近くに書くときも書きにくくならない

一番気になっているのが、インクの裏移り。ロディアを使っていたころからのゲルインキのペンなんだけど、けっこう裏移りする。ロディアの時は裏面は使わないから分からなかったけど、意外とインクが出やすいのか紙がインクを吸いやすいのか。

そう考えると、モールスキンに万年筆の組み合わせをしている人が多いみたいだけど、万年筆ってけっこうインク出るよね。私なんかが書くと文字つぶれちゃうんですよ。まぁもともと字を小さめに書く人だからってのもあるだろうけど、ふつうに万年筆を買っても私には会わないかも。

ペンもちょっとこだわってみたいけど、今まで買ったやつは自分には合わないのが多かったからなぁ。まずは安いもので紙に合いそうなのから探してみるしかないかな。

↓貼ってから気づいたけど、Amazonだと値段高いね…。ふつうの文具屋なら2000円ちょっとくらいで買えるはず。

8883701135 Moleskine Large Squared Notebook


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク