MINI EZ-USB

仕事のからみもあって、EZ-USB(オプティマイズ製)のキットを作成。

EZ-USBの足の多いチップとか、チップ抵抗とかを半田づけ。半田づけなんて何年ぶりだか…。小さい部品とICの間隔の狭い部分の半田づけに格闘すること1時間弱。ようやく完成。あとは半田ブリッジができていないかチェックし、USBケーブルを差し込んでみると、ちゃんとデバイスとして認識してくれた。

とりあえずここまでは良いのだが、仕事で使うにはこのEZ-USBチップ向けの簡単なファームウェアを書いてやらないといけない。しかもEZ-USBはRAMしか載ってないので、作ったファームを保存するにはEEPROM(とか)を用意する必要がある。

さて、EEPROMを入手するには…。福岡にあるパーツ屋に行ってもいいが、簡単確実に入手するために通販、しかもこの分野では王道とも言える秋月電子を使う。EEPROM、ICソケット、ユニバーサル基板などを注文したので、はやければ3日くらいで届くだろう。

ソフトウェアの仕事をやってて、こんなハードをいじることになるとは思わなかったが…。

ezusb2.jpg キットの完成後
ezusb1.jpg ごま粒のようなチップ抵抗。これの半田づけは難しい…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク