「 2003年12月 」一覧

吉野家、牛丼中止も

2つ前に「吉野家の経済学」の本について書いたばかりだが、その吉野家がBSE問題で営業方針を転換の記事

吉野家ディー・アンド・シーは30日、2月中旬にも牛丼の販売を一時中止する見通しを明らかにした。米国のBSE(牛海綿状脳症、狂牛病)発生に伴う牛肉の禁輸措置が長引けば、在庫分が払底するため。一部店舗の営業時間短縮や牛肉を使わない新メニューの販売を柱とした営業体制の見直し策も正式に発表した。

「吉野家の経済学」の中に、まさに今回のことを想定した下りがある。
「吉野家にとって最大のリスクは米国でBSEが発生してしまうこと」と。

そして、「吉野家の味を保つには米国産、もしくは国産牛肉しか使用できないが、国産を使用すると現行の280円は維持できない」とか、「仮に発生した場合は牛丼以外のメニューの提供を検討している」など、すでにBSEに対しての対策はある程度想定していたようだ。

個人的には、特盛がしばらく食べられないのが残念かも…


キーボードの話

PCのキーボードには昔からちょっとこだわっている。

最初はIBMの5576-A01(その当時に買ったAptivaというIBMブランドのについていた)。それが壊れてからは安いノーブランドのをしばらく使っていたのだが、就職して会社からあてがわれたマシンにたまたまついていたのが、キーボードマニアから名器と言われているらしいCOMPAQのRT235BTWJP

この打ち心地が気に入って、秋葉原のジャンクショップでこのキーボードだけを2〜3本買いだめしたほど。ここ何年かは自宅、会社でもこのキーボードで落ち着いていたのだが、去年くらいから話題になってきた東プレのRealforce106が気になりだした。

といっても、値段で躊躇していた(RT235BTWJPなんてジャンクで1980円とか980で買えたし)が、あるときにぷらっとホームのセールで全キー30gバージョンが出ていたので衝動買い。

確かに、これはタイピングするのが嬉しくなるような感触。自宅に置いているので時間的にそれほど触ることもないのも手伝っているのかもしれないけど…。でも「指を置いているだけでいつの間にか文字が入力されてしまう」ほどのキーの軽さは噂どおり。

それで今度は会社用に普通ののRealforce106(45gと30gの混合版)を、と目論み中。ちょうど会社近くのショップに売ってはいるのだけど、またもや値段を見て躊躇…。

realforce106.png


吉野家の経済学

最近まで通勤途中に呼んでいた本。

吉野家の裏側を吉野家社長が対談形式で語っている。

緻密なマニュアル、10円の価格の違いでの顧客心理、原材料に対するこだわりなどふだん客として牛丼を食べているときにはとても気づかない内容がこれでもかというほど出てくる。

この本を読むと、次に吉野家に行ったときに店内をいろいろ観察してしまうのは間違いないだろう。

対談形式で、文体も内容も全く難しくないので暇なときに気軽に読める本。

吉野家の経済学

玉砕

プロマネ試験失敗。
秋の情報処理試験の合否発表だったがみごとに玉砕。

たぶん、午後2の論文がダメだったのだろう。プロマネの試験で、チームリーダー程度の経験談をいくら書いてもダメなんだろうね。

来年再挑戦だな…。


体調不良

お腹をひどく壊し、昼ごろまで自宅で様子見をしていたが、ちょっと無理そうだったので会社を休む。腹痛が無いのに、腹具合だけが悪いというのも初めてなので、それはそれで気持ち悪い。

で、予定だった客先とのレビューも次の日に延ばしてもらう。この立て込んでいるときにこうなるとは。


世の中は…

もう12月も半分が過ぎてクリスマスへ一直線といった感じ。
あちこちでイルミネーションが見られるわけだが、

DSC00131.png

これは色がきれい。青色が好きなので、そのときが一番きれいだと思うんだけど、撮ったときは緑。


GRAN TURISMO 4 “Prologue”


GRAN TURISMO 4 “Prologue”

買いました。

今までの3作も持っているが、今回のは最近の車種が出ていてゲームにも入り込みやすい。コースの映像が綺麗になったように感じるし、本編出ても間違いなく買いそう。

あと、FitとかCVT変速ってこんな走り方するんだ…ってのも初めて知った。回転数が上がりっぱなしなのには感覚的に慣れないところ。


スポンサーリンク