「 2004年08月 」一覧

お盆休み

今日で世間のお盆休みも最後かな。Uターンラッシュもピークのようだし。
さすがにこの1週間くらいは街が静かだった。

自分の休みも今日で終わり。また明日から何かと忙しい日々が始まる。
けっきょく休み中は家から出ずにオリンピック見たり、ゴロゴロ寝ていたり。今年の夏もこれで終わった…。

あした8月16日は京都五山の送り火。ここへの検索キーワードでもここしばらく見かけます。

私は三条大橋と四条大橋のあたりからしか見たことはないけれど、四条大橋あたりなら比較的よく見えます。そのぶん、人出もかなり多いけど、市の中心部に近いし移動もけっこう楽ですね。

四条大橋から見る大文字はこんな感じ↓。「大」の下側にはコンビニなどがあるけれど、このときばかりは照明を消してくれます。


PHP4と5の違い

PHP5.0がちょっと前にリリースされていて、「PHP4と比べてけっこう変わっている」というのはよく見かけるけれど、具体的にどこが変わったのか、きちんと解説しているサイトや雑誌って全くと言っていいほど見かけないんですが…。

とりあえずMYCOM PCのサイトに記事があったけれど、なんとなく表面をさらっと流したような感じだし、変更点ってこれくらいなんだろうか?やっぱり、本家サイトにいかないといけないんだろうか。

英語の資料はあまり抵抗はないけど、大量のドキュメントの意味を理解するほどの英語力が無いからな…

PHPはこれから仕事でも使うことはないだろう言語なんだけど(春の組織分割でWebアプリとは縁のない部署になった)、PerlやJavaと比べてDBとの親和性とか開発効率は気になるところ。


オリンピックでの応援

TVでオリンピックの柔道の試合を見ていた。

もちろん日本からも現地にたくさんの応援団が行っているようだが、ちょっと気になったのがその応援スタイル。国旗を振ったり、横断幕を掲げたりするのは別に普通だと思うけれど、昔の応援団スタイル(学ランっぽい格好)で、両手に日の丸扇子を持って、ホイッスルをビービー吹き鳴らすのはどうかと思う。

たしかにある意味「日本的な」スタイルではあるんだろうけど、海外でやるのは…。ほかの国から奇異の目で見られるんじゃないだろうか。しかも、TV中継の音声にホイッスルの音が被さっているし。応援に「音もの」は止めるべきで、声援でいいじゃないかと思うのだけど。

海外で応援団という集団だと、少々周りから浮いていても恥ずかしくなくなる「集団心理」が働いたときの日本人はちょっと奇異に移りやすい。


短い夏休み

世の中はお盆。人が多くていちばん旅行に向いていない時期。

夏休みをとりあえず金〜日曜まで取ることに。というかこれが今の精一杯。
たぶん仕事が落ち着くのは10月以降だろうな…。今月末に一次納品なので今月は忙しい。
来月は納品後のバグ対応や追加開発に追われそうだし。

…と考えると、今年も残りの夏休みの休暇をどこで消化できるんだろう?

うちの会社はみんな私みたいに休みが取れない…なんてことはなく、逆に休みがちゃんと取れない人は私を入れても数えるほどしかいなかったような気がする。あー、なんで毎年こうなるんだろう。

下手に社内の便利屋さんみたいになってしまってるんだろうか。とりあえず奴にやらせておけば黙ってやってくれる…というような。都合の良い社員なのかもしれない。

やってる本人はというと、仕事は忙しいけど評価されるとか、やりがいがあるとか、そういうのも無いし。毎日遅くまで残業して、週末は死んだようになってて、また一週間が始まる…って生活。単なる便利屋に成り下がっているとしたら、もっと自分を大切にしないといけないね。


海峡花火大会

関門海峡花火大会の日だったようだ。

たしか去年はネットで中継してたはず…と思って探してみると、中継をしてきていたKISという団体が7月で活動中止したので、今年は中継は無かったらしい。ちょっと残念だ。

去年もこのブログに花火大会の記事を書いていたせいか、googleで”海峡花火大会”,”中継”とかのキーワードでのアクセスがここ数日チラホラと見かけたので、門司と下関という場所の割にはけっこう人出は多いんでしょう。
今日の昼間のラジオでも「九州自動車道のめかりPAは満車のため閉鎖されています」と言っていたし。確かにあの場所は花火見物の一等地かもしれないな…早い時間から場所取りするのも分かる気がする。

生まれ故郷の下関にはもう何年も行っていないけれど、たまには昔住んでいたところに行ってみるのもいいかも。

…という記事を、オリンピックの開会式を見ながら書いている。って…もう朝だし。


性格診断

タイプ別性格診断をやってみた。

二者択一だと答えづらい質問もあるけれど、回答してみた。
私の結果は、「INFJ型」。

“お喋りはくだらないと思っているので、コミュニケーションが足りなくなり、職場でも家庭でも人間関係にマイナスの影響を与えてしまう。”
“ INFJ型本人は、協調を求める気持ちは強いのに、どうすべきか口に出さないので、この協調という目標はとりわけ達成しにくい。”

この辺はかなり当たっているとおもう。そのとおり。

ついでにこのサイト、結果表示の画面で右クリックすると、性格ごとの「適職」が表示される。
私の場合は、”聖職者、教師(国語、美術、演劇)、メディア関係の専門家”らしい…。ただ芸術的センスは昔からゼロだから、国語の教師あたりか…。悪くはないかも。


インドでIT研修 NEC、ソフト開発系新入社員対象

アサヒコムより。

NECは今年度から、ソフト開発部門に配属された新入社員をソフトウエア大国・インドに派遣して研修させる制度をスタートさせた。実践的なIT(情報技術)を学ばせる狙いだ。日本のITメーカーによるインドでの研修の試みは珍しいという。

 研修期間は1カ月。今夏、37人を2班に分けて派遣している。現地のIT会社に教育プログラムを委託し、インド人の講師が英語でプログラミング技術などを講義。現地のIT企業を訪問したり、ソフト開発の現場を視察したりする。

インドに行って研修ですか。しかも英語で。

インドに行ったからといって優れた技術者になれるかは別問題だが、世界的にもレベルが高い(といわれている)インドで得るものは何かあるんじゃないかな…。


PrimoPDFでPDFファイル作成

PDFファイルは便利だと思う。

紙に印刷するのは、かさばったり、紙の束の中にすぐに埋もれてしまうことが多いから、私はあまり好きではない。特にWebページを保存しておきたい場合(何かの申し込み完了画面とかは「印刷して保存しておいてください」と良く書いてある)、会社では紙に出さずにPDFにすることがほとんど。

PDFの作成には、PDFの本家AdobeのAcrobatがあって会社で使っているが、個人で買おうと思うとけっこう値段が高いので、そこまで頻繁に使わない自分にとっては手が出しにくい。

PDFファイルの内部フォーマットは公開されているので、Adobe以外にもPDF作成のツールを作ることは可能だ。そこで、Acrobat以外のPDF作成ツールを探してみると、PrimoPDFというフリーのツールがあった。これは、Adobe Acrobatと同様に仮想プリンタとしてインストールされるので、任意のアプリケーションから印刷操作をするだけでPDFを生成してくれる。

試しに、手元のいろいろなドキュメント(Webページ、Wordドキュメントなど)をPDF変換してみたが、特に出力がおかしな部分もなく、充分実用に耐える。Adobe Acrobatほど高機能では無く、純粋にPDF出力に特化したもの(追加機能を含んだ有償バージョンもある)で、海外のソフトであるが日本語も問題なく扱えるし、ちょっとPDF作成環境が欲しい場合はオススメのソフトだと思う。

ついでに、AcrobatReaderの起動を高速化する、”Adobe Reader SpeedUp“を併用するともっとPDF環境が便利に。


RedHatでaptを使う

Debian GNU Linuxに昔から採用されているパッケージ管理システムのaptであるが、RedHatやFedora向けに移植されている。

RedHatのrpmと違うのは、パッケージを自動的にダウンロードしてくれる点と、依存関係にあるパッケージもダウンロード・インストールしてくれること。

aptのパッケージ自体はrpmで配布されている。このサイトからそれぞれ対応するバージョンのrpmをダウンロードする。自宅のサーバはRedHat8.0なので、

rpm -ivh apt-0.5.5cnc6-fr0.rh80.1.i386.rpm

とやるとインストール完了。

次に、aptで管理するパッケージ情報を初期化する。

apt-get update

実際に何かパッケージをインストールしたい場合は、

apt-get [パッケージ名]

インストール可能なパッケージ名を検索する場合は

apt-cache search [パッケージ名の一部]

これを使うことで、PHPやPostgreSQLなどのパッケージも(ある程度インストール条件は固定されるけれど)インストールが簡単になる。


サーバメンテもろもろ

自宅サーバのメンテナンスを一気にやった。ここ1年近くいろいろいじりたくても気が向かなかったりして延び延びになっていた所を集中的に。

・このブログのバックエンドをBerkleyDBからPostgreSQLに。
・PostgreSQLをインストールしたついでに管理ツールphpPgAdminをインストール
・PerlでUnicode→SJIS、EUC変換を行うために、Jcode.pmをインストール
・アクセスログ集計の自作PerlスクリプトをUnicode対応に。

Postgresに変えると、このブログのリビルドも速くなるかと思ったけど、なんだか前と変わらない…。MySQLにしたほうが良かったかも。

Postgesの管理用に入れたphpPgAdmin。ブラウザからPostgeSQLに対してDBの作成からほとんど全てのオペレーションができる(はず)ツール。かなり便利。

MovableTypeのデータ移行はけっこうめんどくさい。記事そのものはインポート・エクスポート機能で良いけれど、ブログの設定(画面テンプレートとかCSSとか)は引き継がれなくて初期のものに戻るので、これは事前に手で別の場所に取っておかなくてはいけない。

それぞれの手順はどこかでまとめておきたいな…


スポンサーリンク