「 2005年05月 」一覧

仕事はたくさんあるけれど

全く気乗りのしない仕事がたくさん。

まぁちょっと前までやっていた仕事の追加作業なんだけど。ちょっと変更入れると途端に暴れ出すプログラム。自分のスキルの無さが一番の原因だって言うのは痛いほど思い知らされているけれど、デバイスドライバってやっぱり曲者ですよ。

「SISのチップセット、WinXPのSPなし」でしか発生しないバグなんてのもあるし、ほんと、Win98~XPでかつ各社マシンのどれでも動くように作るのは綱渡りみたいな感じだもの。WindowsはバージョンやSPで挙動が変わったりするし…。だから機能追加とかで変更すると既存の処理に影響が出たり…。

今週は既存機能と新機能が両方きちんと動くように調整するので明け暮れる。明日も。


天気がいい週末だけど…

体調がどうも良くない(特にお腹)ので、家でおとなしく。

夜食べたものが早朝に下ってきたりで、寝不足気味だし。

ちょっと発熱したりとか、今週はおかしかったな…。
季節の変わり目だからかもしれないけれど、風邪特有のだるさとかが無いので不思議。


近ごろのJRの電車運転

気のせいかも知れないけれど、件のJR西日本の事故以来、JR九州での電車の運転も変わったような気がする。

例えば、駅に到着するときにホームに進入する速度が昔より遅めになっているとか。

オーバーランを恐れているんだろうか…。この時期だからちょっとでもオーバーランするとニュースになってしまうから、神経質になっているんでしょうか。

個人的には2~3m位のオーバーランなら、いちいち責める気はありません。特にそれで乗客に被害が無ければ、ですけど。いまのご時世だとマスコミが鬼の首を取ったように「○○駅でオーバーラン、2m」なんて報道するんでしょうけどね。

マスコミも知ってか知らずかそうやって運転士を追い込んでいる気が…。


1チップMSX、ケータイ用MSXアプリ発売へ――MSX WORLD 2005

ITmediaの記事より。

MSXと言えば私をコンピュータの道に進ませるきっかけとなったマシンです。
中学2年くらい頃、いまから14~5年前に買ってもらったPanasonic製のFS-A1STで、市販ゲームを買ってもらえなかったので、もっぱらMSX-FANに掲載されていたプログラムコードを打ち込んでは遊んでいました。

その後、MSX-BASICに手を出したあと、BASICの処理の遅さに耐えかねてZ80のアセンブラに手を出してしまってからはVDP制御したり、FM音源ドライバを作ったり、漢字フォント表示ルーチンを作ったりと随分深く使い込んだと思います。

そんなMSXがここ2~3年、公式エミュレータやMSXマガジンの復刊で目に触れることが増えてきました。ノスタルジーはあったりしますけど、もう昔のように遊び倒す暇が無くなってしまってるんで、あまり話題を追っかけてはいないですが。

で、今回は1チップのMSXが登場したようです。MSX1相当で19,800円なんだそうですが、ちょっと値段が高いですかね…。せめてMSX2対応なら良かったんでしょうけど。いちおう、将来的にMSX2へアップグレードできるようになる予定のようですが、また別に料金がかかるんでしょうね…。

ちょっとノスタルジーに浸るには価格がネックだなぁ。まぁ開発コストと何台売れるかわからない製品だからこういう価格設定になってしまうんでしょうけど。

1万円以下でMSX2かMSX2+程度のスペックが出るなら、オモチャとしては絶好のアイテムになるだろうから、将来に期待です。


いろいろ解約

自分はけっこうルーズなところがあって、もう使わなくなった有料サービスなんかを解約するのを先延ばしにしてしまうことが多いんですが、クレジットカードの請求書や銀行の通帳を見て、年に1、2回くらい「あ、これ解約しよう」と思い立つことがあるんです。

で、ちょうど今それを思い立ったところなので、いろいろ解約の手続きを。

5年入っていたけどほとんど使わなかったニフティとか、ラジオ日経のストリームサービス(競馬中継)とか、日経BP社の年間購読の雑誌とか。

あとはウィルコムのPHSの回線も1つ解約したいけど、解約がサービスセンターへの電話でしか受け付けてないのってちょっと面倒。あした電話しよう。


NHKマイルカップ結果

1着…ラインクラフト
2着…デアリングハート
3着…アイルラヴァゲイン

桜花賞の1,3着コンビがワンツーフィニッシュですね。
しかし桜花賞コンビは強かった…

デアリングハートを買っていなかったので私は惨敗。

比較的固かったレースですけど、けっこういい配当になっていますね。


amazonのカスタマレビュー

本とかCDとかを買うときにamazonのカスタマレビューを参考にすることがあるんですけど、
たまにその商品を読んだり聴いたりしていない人がレビューを書いていたりして、しかも勝手に気に入らないから星1つとか2つとかにしているのってどうかと思うんですよ。そのせいでおすすめの平均値が下がったように見えるし。

いちおうそれぞれのレビューに対して「参考になった」ボタンがついてはいるけれど、これに答えたところで的はずれなレビューが消えるわけでは無さそうだし。

憶測でレビューなんかしないで欲しいなぁ…。


ふじいあきら

マジシャンのふじいあきらって24歳までプログラマだったんですねぇ。

徹子の部屋のサイトにあるプロフィールによると

子供の頃からマジシャンに憧れていたふじいさんだったが、高校時代にコンピュータに夢中になりプログラマーとして会社に就職。しかしMr.マリックのマジックをテレビで見た時マジック熱に火がつき、サラリーマンを辞めてマジシャンになる事を決意した。

高校からコンピュータをやっていたってことはおそらく8bitマシンの頃からでしょうから、けっこうなスキルをお持ちなんじゃないかと思われます。まぁ、しがないプログラマ生活の将来に嫌気でも差したんでしょうかね…。

こういう身の振り方ができる人ってのはある意味いいですね。



NHKマイルカップ

私の買い目

3連複ボックスで

 2…ペールギュント
 3…セイウンニムカウ
 4…アイルラヴァゲイン
 5…コパノフウジン
 11…マイネルハーティー
 12…ラインクラフト
 18…インプレッション

7頭で35点買い。

本命はやっぱりラインクラフトかマイネルハーティーではないかと。
あとは穴馬も併せて組み合わせてみました。


スポンサーリンク