「 2006年11月 」一覧

11月も終わり

前半は納期に向けてとんでもない稼働だったけど、後半は逆にスローペース。

仕事が落ち着くとそれはそれでいろいろ邪念が出てきてしまうのだけど、でもそろそろ次の作業を始めないと…。


作業アイテムを整理したら

出勤してプロジェクトの状況を確認しつつ、作業アイテムを整理したら、直近でやらないといけないことが意外と多いことが判明。ちょっとは残業せざるを得ないかも。

とりあえず自分が属しているチームを立ち上げるのが先。リーダもまだこのプロジェクトでの経験は浅いので、その人自体も立ち上げないと、この先うまく回りそうにないかも。少なくともこのプロジェクトのスピードに乗り遅れるかもしれないし。

かなり久しぶりに、横から口出しして動かす役割になろうかなぁ…。まぁ私のポジション的にどれだけ影響力が出せるかは分からないけど。また今回もスケジュールがタイトなので早め早めに動かないといけないのもあるし、その辺は突っついていこうか。…とりあえず、チームで直近でやらないといけないこととメンバの担当割りを早く決めないと。


呑みすぎ

遠方より来ていたプロジェクトメンバーの送別会。

そんなに呑んでいたつもりは無かったんだけど、どうも帰り際に気持ち悪い感じで帰ってからそのまま寝てしまった。そしてこんな変な時間に目が覚める…。

これ書いたらちゃんと寝直そう。


連休モード終了

代休入れての5連休も終わって、再び仕事モード。

昨日の打ち合わせで次の案件の作業ボリュームがほぼ決まるはずなので、まずはそれの確認から。


良書ではあるのだけど…「30日でできる! OS自作入門」

この間書店で気が向いて手にとって眺めてみて、ちょうどVESAのBIOS経由で解像度を切り替える部分を読んで「これは面白そう!」と即買いした本。

とりあえずコードを書いたりはせずに、内容だけをざっと通して読んでみた。

【良いところ】

  • フロッピーのブートから説明した本はそうそう無いので、ある意味貴重
  • BIOSの叩き方や、16ビットと32ビットプロテクトモードの切り替え、セグメント分けによる保護機能など、下回りの仕組みが解説されてるので下回りの動作に興味のある人には良い情報源
    • 私もintel CPUが具体的にこういった形でいろんな機能を用意しているとは知らなかった。Windowsのカーネルモードでのプログラム案件やっていた時期にこの本を読んでいれば、もう少し仕事の効率が上がったかも。カーネルとCPUに近い部分の動きの理解が深まったはずだし。
  • 順を追って、GUIやマルチタスクを持つ(簡易的にしろ)OSを作り上げていく順序立てがしっかりしていて読み飽きることも少なそう

【残念なところ】

  • 平易な言葉の言い回しがかえって鬱陶しい
    • プログラム初心者や中学生でも読めるようにした、とあるので仕方ないのだろうが、ある程度知識を持つ人には読んでいて回りくどい。ある程度の有識者向けの注釈が少し入っていたけど、もっと入れても良かったかも。
  • C言語部分のプログラムが読みづらい
    • 関数名や変数名とか、中身についても筆者のクセがかなり出ていたように思う。パッと見て何をやろうとしてるのかが掴みづらい。特に関数名…。
  • 筆者作成のツールを使わないと作れないようになっている
    • ネット上の汎用ツールでは使えない部分があったからやむなく自作、ということなんだろうけど…。ほんとにGNUや既存のツールだけでは作れないのだろうか?ほかのOS開発プロジェクト(monaOSとか)はどういうふうにしてるんだろう?
  • プログラムサイズにこだわり過ぎ?
    • バイナリサイズが小さい方がムダが無い、という筆者の主張はその通りだけど、ちょっと本文中でこだわり過ぎてる箇所もあるような。高速化についてはそういうやり方もあるか、と勉強になったけど。

全体としては間違いなく良書。今どきこれだけの情報をまとめた書籍は無いと思うから。

DOSやWin3.1の時代、また8ビットCPUなどでプログラムした経験のある人にはアセンブラやBIOSなどある種の「懐かしさ」も味わえると思うし、組み込み系やOSに近いレイヤでのプログラム(デバイスドライバなど)をしている人にとってもマルチタスクや保護機能などの部分は知っていて損は無い内容だと思う。

私の場合は特に、MSXでZ80アセンブラでFM音源ドライバや漢字表示ルーチンなど作ったり、仕事ではWindowsのデバイスドライバを作ったりとアセンブラやCPU、OSカーネルに近いところのプログラム経験があったせいで余計に興味を持って読めたところはあるかな。

30日でできる! OS自作入門
30日でできる! OS自作入門 川合 秀実

おすすめ平均
starsハッカーへの最短距離?
starsGUIより肝心なこと
starsまずは正誤表で修正
starsこんなに分かりやすく解説しながら説明してくれる本などそうそうありません。
stars内容は面白いが読みづらい

Amazonで詳しく見る by G-Tools


週末になると天気が悪いな

昨日の夜から頭痛がしていたのもあって、今日はほとんど布団の中。

この時期になると布団から抜けたく無くなるよなぁ…。午後からは雨も少し強めに降ってきてさすがに外出する気にもならず。

月曜日まで休みなので、最後の一日天気が良いとよかったんだけど予報はまたしても雨。昨日作ったスーツも取りに行っておきたいんだけどなぁ…。


いろいろ外出

朝からゴタゴタしていたので、昼過ぎに家を飛び出す。

しばらくは天神の本屋行ったり、携帯の新機種を眺めたりしていたのだけど横浜で買った菊花賞の的中馬券を持ったままなのを思い出し、小倉競馬場へ。

11700円の払い戻しのあと、ちょうど発想時刻が迫っていたジャパンカップダートを買う。オッズを全然見ないで買ってしまったので、シーキングザダイヤを買っていないという失態。1,3着は買っていたのに。結局この1レースだけ見て再び博多へ。

そういやこの間からスーツ作らなきゃと思っていたのを思い出し、まぁ仕事で着つぶすし高いブランドじゃなくてもいいだろうと、SUITMANへ。いろいろ見たあげく、黒の限りなく無地に近い、無難というか地味というか安全パイというかそういうのを選ぶ。ついでにシャツとネクタイも追加。

その後は久しぶりにキャナルシティへ。無印良品で来年のカレンダーとかを買ってあとはブラブラ。人は相変わらず多い。でも開業して12年だとは…ちょうど開業した年からバイトしていたことを考えるとずいぶんと昔の話になってしまった。

適当にブラブラして、店が閉まり始める時間になったのと歩きつかれたのでネットカフェでボーっとしながら雑誌読んだり。普段読まない雑誌も読むとそれなりに楽しいものだな。…ということでそろそろ家に帰ろう。


意味もなくイライラ

夕方からちょっと外出して、帰ってきたあたりから無性にイライラし始める。

ときどき、いろいろ考えているうちに気が狂いそうになることもあるし、生きてても辛いことばっかりやなぁと思うこともある。

まぁ、だいたいの原因はわかっているわけだけど、そう簡単に解決しない問題だから厄介なわけで。おそらくこの先ずっと引きずるだろうし、かといってこの先ずっと悩み続けるのかと思うとまた余計に憂鬱になる。

楽しく生きたいなぁ。


Windows Vistaをお試しインストール

MSDN会員サイトではこの間からダウンロードできるようになっていたのでVirtualPC 2007ベータにインストール。

本当はVolume Licenseユーザーなのでそれ用のイメージがダウンロードできるはずなんだけど、まだeOpenライセンスのサイトには英語版しか無いみたいなので、仕方なくMSDNから。

インストール中はほぼノータッチでいいのは良いところ。でも途中に出てくるEULAの日本語訳がなんとなく怪しげな感じ。あと新しい画面のインタフェースは見慣れないなぁ…。WindowsXPでもLunaではなく「クラシック」にして使ってきたせいもあるんだろうけど。

10分ほど使ってみたけど、けっきょく「クラシック」にしそうな予感。でもクラシックにすると、IE7とかVistaのサイドバーのデザインがかなり不自然になるね…。

windows_vista_classic


怪しいハガキが来たらまずググれ?

帰ってくると「しんわ信販」なるところからハガキが。

いちおう私はクレジットカードで普通に買い物する以外では、キャッシングやクレジット、借金なんてしたこと無いので、またどっかに名簿が漏れたか…と思っていた。

でもよく見るとCMとかで見る「しんわ」とロゴが違うような気がするし、「消費者の皆様への振り込みローンサービス事業を本年度より本格的に発足させる運びとなりました」と書いてある。会社は昔からあるのに何で本年度から開始?とか、気になるところがあったので他にこんなDMハガキが届いてる人はいるのかなぁとググってみた

すると、先頭に出てきた「このDMにご注意ください」に出ていたハガキがまさしくそれ。このサイトの写真に載っているのとはレイアウトとか住所とか電話番号が少し違うものの、書いてある内容は一緒。…単純な詐欺ですか。

しかし手が込んでるよね、こんな一見ちゃんと見えるハガキを作って全国に送るなんて。だまされはしないけど、気になったらググってみるのもこういう時に使えるのねぇ。

他にもテクノラティとかgooとかブログ系の検索エンジンなんかも使えるときがあるかも。ばらまきDMなら誰か他にも受け取って記事にしてるかもしれないし。


スポンサーリンク