「 2007年03月 」一覧

ガス漏れ修理中…

昨日の夜中にガス漏れ警報機が作動。

とりあえず器具の元栓を閉めてマイコンメーターをリセットしてみたけど、針がちょっと動いてるし、そしてマイコンメーターがガスを遮断してしまう。

とりあえず昼に西部ガスに来てもらったら、台所のシンクの裏にある配管が腐食してたらしくそこからガスが漏れてたとのこと。マンションの大家さんにも来てもらって、ガス屋さんにとりあえず処置をしてもらっている最中。

シンクを一回外してなにやら大がかりなことをやっている最中。

ガス漏れを見つけるためにこんなスプレー(ギュッポフレックス)があるんだ…。家庭では石けん水を、とは聞くけどやっぱり専用のがあるんやね。こういう専門の人くらいしか使わない道具とかすごく興味引く(笑)


W51Hに機種変更

auのを機種変してきました。W51Hのレッド。

これでようやくW21Sの電池切れの鬱陶しさから解放されるな。

W51Hは、WVGAの画面は広くてキレイなんだけど、フォントがQVGAのフォントをそのまま拡大して使ってるらしく、ジャギーが目立つのと、メニュー項目のフォントサイズは変えられないんだね…。ただ、WVGAの割には画面描画も早いし処理がもたつくことも無いような気がするのは良くできてると思う。

PCサイトビューアはあまり使ってない。とりあえずはEZWeb中心になるかも。

ちなみに機種変の料金はポイント3000円分使って9420円。1万5千円くらいを予想してたので思ったより安くあがりだったかな。



pythonでRSSを扱うための”Universal Feed Parser”

PythonでRSSを取得して扱うにはどうしたらいいのか、ググっていたら簡単にできてしまうモジュールがあった。

Python使いな人には常識なのかもしれないが、”Universal Feed Parser“というもの。

import feedparser

d = feedparser.parse(“http://findup.dyndns.org/mt/index.xml”)

print d.feed.title

print d.entries[0].title

こんなコードで、RSSのタイトルと最新記事のタイトルが取れてしまう。簡単。


C言語とPythonは相性が良い?

とあるソフトのプラグインで、RSSを取得してするようなのを簡単に作ろうと考えた。

ただ、プラグインはC++が前提なので、RSSを処理しようとするとおそらく

  • HTTPサーバとの通信部分(Socket?HTTPプロトコルを簡単に喋れる?)
  • 受け取ったRSSの処理(C++で使えるXMLパーサってMS純正のがある?)

という部分があまり簡単にできそうに無かった(.NETのライブラリとか使えるんだろうか?.NETはほとんど知らないし)ので、実際に通信したりRSSを処理したりするのはそういうのに強いPerlあたりでできないかなぁと考えた。プラグインのC++部分はあくまでPerlのラッパーというイメージで。

ちょっと調べてみると、簡単そうだったのがPerlではなくPythonとC言語の組み合わせ。ここのサイトを見ていても、C言語へのPythonスクリプト埋め込みがそんなにややこしくはなさそうだった。

そう考えると、Pythonという手も考えた方がいいかなと思うようになってしまい、軽くPythonの概要を調査中。まずはPythonでコアとなる部分を作ってから、C++でプラグインとしてのラッパーを作る方向で実現できないか調べてみるつもり。

Perlもまだ自由に使えないのにPythonに浮気するのも何だけど…。こういう動機でもないとなかなか囓らないのでね。


もう3月

ついこのあいだが正月だと思ってたんだけど…もう3月ですか。

今年もこんな感じであっという間に過ぎていってしまうんだろうか、とか色んなことを考えてしまうけど、まだ仕事が立て込んでいない今のうちにいろいろやっておかないと。

また年度が変わると仕事の内容も変わるかもしれないし、それで去年みたく稼働の高い毎日を過ごす羽目になる可能性高いし。

まずは今月中に引っ越し先を決めてしまうかな。実際の引っ越しは4月以降だろうけど、部屋だけでも押さえて休日に少しづつ新生活を構築しようか。


スポンサーリンク