「 2007年11月 」一覧

久しぶりにオブジェクト指向

ずっとピュアなC言語をやってきていたので、最近触っているC++やC#でクラス構成をどうしようか悩んだり、オーバーロードを使ってメソッドをすっきりさせたりというところで頭を使っている。

4年くらい前にはかなりJavaをやっていた時期もあるけど、もうブランクが開きすぎてクラス設計とかデザインパターンとか忘却の彼方。あんまり一つのことをずっとやっているのも良くないのかもね…


予防接種

インフルエンザの予防接種を会社で受ける。今年から費用が会社持ちになったので。

集団で予防注射なんて小学生だか中学生だかぶりだな。

社会人になってからインフルエンザにはかかったことがないから、おそらく今年も大丈夫じゃないかとは思ったんだけど、まぁ歳も歳なので保険のため。


クロスバイク

ショップ側で組み立てが終わったらしい。

あとは発送なんだけど、最短納期の日曜日の午前中は都合が悪いので日曜日の午後もしくはその次の土曜の夕方が希望なのを伝えた。

FELTのQX90はリアの形状が特殊らしく、専用のスタンド以外はつけられないようだと…。しかも純正スタンドの納期は2月!それまではスタンド無しになりそう。街乗りで不便じゃないかな…


ウォンの買い建てで失敗

一ヶ月くらい前にFXでウォンを買ったのだけど、今や1ウォン以上下がってしまいどうしたものかと思案中。

円はドルに対してもウォンに対しても高い状態だし、買った水準までこの先戻すかどうかかなり怪しい。でも損切りするとかなり辛い。FXで売り建てはなかなか持とうという気持ちにならないから損をするのかな…


大人になりきれない私

ベア速 母が他界した。私は愛されていなかった。とか、親を亡くしましたというのをブログなどで見かけると、自分もいずれはそういうシチュエーションが来るんだなって思ってしまう。

うちの場合は親類もほとんど少なく、母親は不自由はないが体が弱いのであちこち精力的に出かけたりということもできない。それが原因かどうかわからないけど、イライラしていることが多いしヒステリックを起こすこともしばしば。

そういう家に住んでいる私は、正直言って会社から家に帰るのが苦痛に思うときもある。ただ、自分が顔を見せて会話することで少しはそれが和らぐのならとも思うし、嫌なことはあるけど、母親が憎いというところまでの感情はまだ抱いていないので歳をとった親の相手をしないとな…と自分に言い聞かせながら毎日を過ごしている。

私には兄弟もいないし、両親の老後を相談できるような相手もいない。だからもし介護が必要になったら…とか突然倒れたら…とかふっと不安に思うことも正直増えてきた。自分一人しかいないから、どうしても不安が先に来てしまうのかも。

そういう中で、ネット上で見かける「他の家庭での親のこと」に何かしら目が行くようになった。他の人は色んなシチュエーションの中でどう考えて対処しているんだろうって。読んでて思うのがみんな大人だな、ということ。

自分自身を考えると、10年前と精神的に変わってないような気がする。何だかんだで甘えているところが多いからなのかもね。もう私も30歳になったのでいいかげん大人にならないといけないんだけど…


レバレッジ勉強法

けっきょくのところは「勉強する」というモチベーションを維持できるかということだろう。

書籍の中では、モチベーションではなく、ノルマ化することで勉強する理由という余計な事を考えない、というニュアンスの事が書いてあるが、ノルマ化してもそれを守るのも破るのも自分自身。

やはり自分に対して強力な「動機付け」をしないとダメだ、ということだろう。

勉強法自体は、それほど目新しいものは無かったように思う。

この本のメインテーマは動機付けのほうかな。自分が本当に身につけたいスキルは何か、それを身につけることで将来どうリターンを得たいかをイメージ化して動機につなげていくことが大事。逆になんとなく勉強しておいたほうがいいかなぁというレベルでは良くないということか。

レバレッジ勉強法
レバレッジ勉強法 本田直之

大和書房 2007-09-25
売り上げランキング : 692

おすすめ平均 star
star他の著書と内容が重複してるところが多いかな
star勉強なんかやる気がなかった、そんな人向けの本
star教訓本

Amazonで詳しく見る by G-Tools


TOEIC申し込み

今の英語のスキルを見てみる目的で、来年の1月13日が試験日。

多少は対策勉強をする予定だけど、初めての受験なので試験内容に慣れるためがメインになるかも。


3連休

特にこれと言って予定なし。

寒くなってきたので外出するのがおっくうになってきたのはちょっとダメかもね。その分読書でも頑張ろうかな…


C++/CLIとアンマネージとの連携が面倒すぎる

.NET FrameworkからWin32APIを叩くのが面倒すぎる。

いちおうC++/CLIを使ってネイティブAPIをラップするクラスを作っているのだけど、まともにマネージ型との型変換を考えると面倒で…。String型からchar*の配列にするのもすんなりできないっぽい*1し、ネイティブのGUID型とマネージのGuid型とやりとりする仕組みもないし、バイナリデータを扱うのでネイティブのbyte配列をどう扱えばいいかというのもあるし…

.NET Framework上だけで全ての事が済めば苦労しないんだろうけど、実際はネイティブのAPIでしかできないこともまだまだあるし、既存のC/C++のコードを読んだりするシチュエーションはあるからなぁ。

たしかにC#とかからマーシャリングの定義をいちいち書くのに比べればC++/CLIのほうが柔軟性はあるんだろうけど…。最近、このへんの相互変換でハマりまくっているので愚痴。まぁ私のスキルも全然足りてないんだけれど。

  • *1: pin_ptr使えばいいのかな…

いまさらながらStrutsをかじってみようかと

本当に今さら感というか時代遅れというか、Strutsを少しだけかじってみようかと。しかもバージョン1系。

なぜかというと、チーム内でGroupSessionというフリーのグループウェアツールを使っているのだけどそのプラグインを作るために必要なのです。要はGroupSessionがStruts1.xベースのツールだから。

ちょうどStrutsのようなJavaのWebフレームワークが広まり始めるかどうかというときに、仕事でJavaから離れてしまってはや数年。なのでStrutsやらRailsやらフレームワーク系が盛り上がっているときにぜんぜん仕事で触れてないのを復習しようかと。すでにその頃は組み込みっぽいほうをやっていたし。

できればあまり学習時間をかけずにグループウェアの拡張ができるようになれればいいんだけどね…


スポンサーリンク