「 2008年08月 」一覧

組込みプレス Vol.12

今回の号はけっこう良い特集が揃っている感じがする。3つの特集が個人的にどれも「当たり」だった。

【ここだけは押さえておきたい組込みCプログラミングの必須知識】

プログラミング未経験で入社してくるウチの新人や若手が読むにはちょうどよい内容とボリューム。CPUの動きからスタックなど組み込みならではのところをきっちり押さえてある。

書籍を一冊渡して読んでみろと言ってもなかなか敬遠されるが、雑誌のこれくらいのボリュームの記事なら文字を読むのが苦手な人でもなんとか読んでくれるんじゃないだろうか。

【MPEGとインターネット通信まるわかりストリーミング技術の”コア”】

これもMEPG2のフォーマットについてコンパクトにまとまっていて良い記事。画像・映像・音声処理の分野はまだまだ開拓できそうなので、こういう知識を知っておくのも重要。

【GPS機能も簡単に使いこなせる!Google Androidアプリ開発入門!】

実際に国内で対応端末がでるかどうかはわからないし、Android自体も本当にヒットするか未知数だけれど、例えば携帯電話のソフトウェアプラットフォームの一つの形としてのロールモデルにはなるんじゃないかと思う。

国内メーカーでは昔からの内製のプラットフォームを使っているがために、新しい入力・出力デバイスや機能追加に耐えられなくなってきているケースがある。それが世界に対してのブレークスルーを生み出せない、「ガラパゴス化」の要因の一つなんじゃないか、と。

PDC時代や3Gが始まったころの機種のソースコードに大量の技術者を動員してワンセグやGPS、フルブラウザやタッチパネルなどの新しい機能を年2~3回の機種発売に向けて無理やり追加している、という状態だと聞いている。そういうものが例えばiPhoneのUIに勝つとも思えないし、色々やっても「劣化コピー」と言われてしまう質にしかならない、ということなんだろう。

どこかでいったんリセットして作り直す、くらいの英断をしないと本当に競争力のある端末を作り出すことはできないんじゃないだろうか。当然、コストも時間もかかるから二の足を踏むのだろうけど。

ちょっと脱線してしまったが、今号の組込みプレスは買っても良いと思う。平鍋さんのマインドマップの記事もあるし。ちょっと値段が高いけどね…。

組込みプレス Vol.12
組込みプレス Vol.12 組込みプレス編集部

技術評論社 2008-08-08
売り上げランキング : 7908

Amazonで詳しく見る by G-Tools


MT4.21にアップグレード

MT4.1より再構築のパフォーマンスが上がっているとのことなので、早速アップグレード。

大きなトラブルもなくアップグレードは完了。テンプレートのみ手動で移行した以外はほぼ自動で。なんとなく管理画面も速くなった気もするし、実際に構築も速くなった気もする。


CateyeのHL-EL520には新しいエネループなら入れられる模様

前々から、EL520にはエネループが物理的に入らないというのを書いてきたけど、このサイトにあるように、(R)マークの付いた新しい(と言っても2007年以降製造分)エネループなら使えるようだ。

私が持っているエネループはほとんど、出た当時に買った古いバージョンのもの。その中で1セットだけ後から買ったと思われる(R)マークの付いたものがあった。

それをEL520に入れてみると…。まだ少しフタを閉めるときに固い感じはあるけどちゃんと入って点灯した。EL520とエネループの個体差によっては入らない場合もあるかもしれないけど、とりあえず私の場合の成功体験ということで。

とりあえずこれで電池残量を気にしないで、少し点灯が暗くなってきたら寝ている間に充電しておけば良くなったので電池を使い捨てないでいい。

メーカーは充電式電池での使用は保証外と言っているようなので、あくまで自己責任で。

キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520 HL-EL520
キャットアイ(CAT EYE) LEDライト HL-EL520 HL-EL520
キャットアイ(CAT EYE)
売り上げランキング : 12

おすすめ平均 star
starまあまあ
star2連装、エネループで言うことなし
starエネループも使えるし、明るいです。

Amazonで詳しく見る by G-Tools


AVIDのVブレーキに使えるシュー

数ヶ月前から、フロントのブレーキを使うとなんとなくリムが擦れているような音がしている。

おそらく、ブレーキシューに石とか金属片が入ってしまっているんだろうと思うんだけど、さてAVID純正のVブレーキシューというのを見たことがない。

ショップで見たことあるのはシマノばかり。

このへんの情報を見てみると、とりあえず使えるらしいけど大丈夫かなぁ。どうせならシューもカートリッジ式に変えたいところだし。


オープンソースの音声認識エンジン”Julius”

社内のとあるところから聞いた。こんなのがあるんだな。

http://julius.sourceforge.jp/

本格的に認識させようとしたら辞書の精度上げたりとかしないといけなさそうで、ちょっと知識が無いとハードルが高そうだけど、標準で配布されてる辞書でもそれなりの認識をしてくれるのかな?

ぜんぜん試してないけど、ちょっと面白そうではある。


週間天気予報があてにならない

週のはじめの予報では「今週はずっと晴れの日が続きます」とかなっていたのに、今度は「来週までぐずついた天気になるでしょう」だって…。

そんなに天気が急変したってことなのかなぁ。数年前まではこんなに真逆のハズレ方はあんまりしなかったような気がする。晴れが曇りになるくらいはいくらでもあるけど。

けっきょく今日出ている週間予報もどこまで信じて良いのかわからんね。


エンジニアの二極化?

他人のブログを読んでいてよく思うのが、「こんな頻繁に勉強会とかイベントに参加する時間があるよな」ということ。

IT系のイベントってほとんど平日だし、勉強会だって平日の夕方からが多い感じだしねぇ。そんなに残業の無い仕事やってるんでしょうね、こういうエンジニアの方達って。それでも収入もちゃんとあるんだろうし。

二極化してるのかな…デスマ地獄で自分の時間すら取れず、スキルアップできない底辺のエンジニアと、時間が確保できて勉強したり人脈広げるイベントに行けたりして、高みを目指せるエンジニアと。

ピラミッドの上のほうにいる人たちどうしのネットワークはどんどんできるんだろうけど、たぶんピラミッドの下側80%くらいはひたすら仕事に追われて毎日潰れていってる人なんじゃないのかなぁ。


身勝手

毎日忙しくて自分の時間が取れないときは、勉強したり本を読んだりして毎日のようにブログに書ける人が羨ましいと思い、かといって時間に余裕のあるときは結局なんにもしないという私。

今はまったく時間がない。リア充で「時間が足りない!」ってことならともかく、単に時間的な制約がきつくて作業量の多い仕事に追い回されてるだけ。ちょっと不毛なところもあるかも。

ただ仕事的には今取り組んでいる問題を解決しないと、私も周りも決して落ち着きはしないので、やるしかないんだけどね。


自転車で車道を走る怖さ

マリノアシティへの往復は、なるべく車道を走るようにしてみた。

歩道のような細かい段差が無いのはいいのだけど、狭い道でなおかつ交通量が多いところはちょっと神経を使う。

路肩を走っていると、意外と路肩の状態が悪い道が多かった。アスファルトが剥げてガタガタになっていたり、側溝とのあいだに微妙な段差があったり。

車道も自動車の幅ギリギリにしか車線幅がないので、自転車が車道を走ると、車は微妙に車線をまたいで追い越さないといけない。でも隣の車線にも車がいる場合は追い抜けるようになるまで自転車に付いて行かざるを得ないわけで、この辺が自転車乗りが感じる微妙な「邪魔」というシグナル。

あと信号待ちも原付のように車の間で待っていると何となく違和感を感じるし、走っていてバスが絡んでくるともっと面倒。バスは追い抜いてくれずにずっと付いてくるケースが多いし…。

二輪車が通れるだけ左車線の幅が広ければいいのにな。車も変に追い越さないで済むんだけど、特に福岡は道が狭めな上に交通量が多いところが多いので、走る道も考えないといけないかも。

本当は、自転車乗りがきちんとみんなで車道を走るようにすれば、車側の意識も変わるかな…?もちろん自転車側にもいろいろ気をつけることがらはあるし、上に書いたように道路のインフラ自体で共存しづらい部分もあるんだけど。


サドルを柔らかめのに交換

買ったときに付いていたサドルは少し固めで*1、30分以上続けて乗っているとお尻が痛くなる。

普段は通勤で1回に15分程度しか乗らないけど、段差の衝撃とかがけっこう気になっていたのでマリノアシティのスポーツデポに行ってサドルを探してきた。

セラロイヤルのちょっと高いのとかもあったけど、けっきょくVELOの柔らかそうな安いのを選んでみた。帰宅してから交換したので明日の出勤で乗り心地がわかるかな…。

シートポストもサス有りのやつなんだけどね…。なんかタイヤの空気圧が高いとか関係あるのかな。あと乗車ポジションとか。

  • *1: スポーツ車だから当然なんだろうけど

スポンサーリンク