「 2008年09月 」一覧

シートポストのサスペンション部分が壊れる

家に帰り着いて、階段を持って上がろうとサドルを持ったら、サス付きのシートポストのサスのところがすっぽりと抜けてしまった。

しかもその時に割れたワッシャーかスペーサーのようなものがポロッと落ちていった。

どうも、サス部分とシートポストを繋いでいたネジのような部分がいつの間にか緩んでしまっていたのが原因のようで、とりあえずそのネジを締めてみるとサドルが抜けることは無くなった。

ただスペーサーが取れてしまったせいか、サスの部分が少しガタガタするようになってしまったのでこのまま乗り続けていいかどうか不安ではある。

サス付きのシートポストも物色しないといけないかなぁ…。サイクルベースあさひの通販サイトにはあんまり種類がないようだけど。


たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]

ヨドバシのあおい書店に行ったらすでに並んでいた。

iPhoneの開発をしようと思って、旧版を何も知らずに買ったらLeopardで手順が変わっていて結局戸惑ってしまい放置状態になっていたのだ。

さて手にとってパラパラ眺めてみる、旧版とそれほど構成は変わってない感じ。

どっちにしてもLeopardで開発するなら買ったほうがいいだろうな…と思ってこのまま買って帰ろうかとも思ったのだけど、今日買って帰っても平日は仕事で読む暇ないし、他にもRubyとか勉強したいことがあるし、すぐには必要ないかと思って買わずに帰ってきた。

そのうちAmazonでObjective-Cの本と一緒に注文しておこうかな。

たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]
たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版] 木下 誠

ビー・エヌ・エヌ新社 2008-08-30
売り上げランキング : 131

Amazonで詳しく見る by G-Tools


自転車生活、アサヒカメラ

今日買ってきたのは雑誌2冊。

自転車生活 16 (エイムック 1594)
自転車生活 16 (エイムック 1594)
エイ出版社 2008-08-26
売り上げランキング : 2287

Amazonで詳しく見る by G-Tools

自転車雑誌というと、まだまだ「ロードバイクでレースに出よう!」系の雑誌が多くて、私みたいな移動手段+ちょっと遠出しつつブラブラ、という乗り方向けの雑誌というのはそれほど多くは無い。

この自転車生活というムックは出たらほぼ買っている。パラパラとめくって読めるし、紀行っぽい記事もあってそれなりに楽しめる。いつかは輪行してみたいけどね…。でもクロスバイク運ぶのも大変なので、その時はDAHONとかの折りたたみ自転車を買ってるだろうな。まだまだ先の話になると思うけど。

アサヒカメラ 2008年 09月号 [雑誌]
アサヒカメラ 2008年 09月号 [雑誌]
朝日新聞社出版局 2008-08-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

カメラ雑誌はその時々でいちばん興味を引いたのを買うのだけど、アサヒカメラは買った記憶が無いくらい普段買わない雑誌だ。今月はどのカメラ雑誌もニコンのD700の特集ばっかりで食傷気味。

プロなら知らないけど、一般のデジイチユーザーでそんなにポンポンと新機種に乗り換えられるような人って多くないと思う…。まぁネットを見てると古いのはさっさとオークションに出して買い換える人もいるみたいだけど…。

なのであんまり新製品にばっかり誌面を割かれても読む気が無くなるというか、確かにスペックや紹介記事を見て、へぇと思うこともあるけどどの雑誌も同じタイミングで特集されてもね…。なので、撮り方や他の情報についてもけっこうボリュームのあったアサヒカメラを買ってきたというわけ。旅写真の特集が気になったというのもあって。


志賀島…は無理だった

雨が降りそうな空模様を尻目に、自転車で天神へ。

カホ無線で工具を物色し、パーツクリップやアーレンキーを買ったり。31日に子連れでカホ無線に来ている親子を見ると、夏休みの宿題間に合ってないのかなぁとか思ったり。

薬局で少し買い物したあと、微妙に時間が余っていた。書店に行く用事もあるのだけど、自転車で移動することを考えると一番最後に回るのがベスト、そうすると遅くまで開いているヨドバシのあおい書店に行けばいいので、それまでどこをブラブラしようかと考える。

先週は西のほう、マリノアシティまで行ったので今度は東、海の中道か志賀島の入り口あたりまでいけないだろうかと、ぼんやりと出発。

吉塚のあたりから3号線沿いを少し走り、箱崎埠頭を通って名島へ。ここから人工島(アイランドシティ)に入る。人工島は高層マンションと普通のマンションが多少あるだけで、まだ街とは言いづらい感じ。ほとんどは造成中で、道路も通れない箇所もあった。

人工島から海の中道大橋を渡る。風が強くてなかなか進むことができない。雁ノ巣から先はひたすら走る、が歩道の状態が悪くちょっと怖い思いをした。

日が落ちた直後で車道はまだ通行量が多く、直線道路で車もスピードを出しているので歩道を行ったのだけど、香椎線の線路沿いの歩道が草が茂ってるわ、幅は狭いわ、道がガタガタしてるわ…。しばらく行くと道幅も広くなってマシになったけど、雁ノ巣からしばらくは線路側の道は行かないほうが良いかもしれない。

さて、海の中道は電車で行ったことがあるだけで、実のところどれくらい行けば着くのか距離感が無かった。なのでひたすら進むのだけど、けっこう遠い。しかも日も落ちて暗くなり、街灯の少ない場所を走っているので小さいライトだけではなんとなく心細い。

雁ノ巣から20分くらい行くと、西戸崎の看板が。この時すでに19時前。今日はここから先は無理なので西戸崎で折り返すことにする。

西戸崎に着くと、渡船場があるのに気づいた。行って見るとちょうど船が出てしまったところで、次の便は約1時間待ち…自転車も料金を払えば積めるようだし、博多埠頭まで一気に戻れるチャンスだったのになぁ。

仕方がないので来た道を戻っていく。辺りは完全に暗くなっていたので、道路のコンディションに気をつけながら行く。

帰りは香椎浜から香椎かもめ大橋を通って箱崎埠頭へ入っていったのだけど、日曜日の夜のせいか、埠頭は不気味なほど暗く、静か。トラックもほとんど通っていないし道も広いからいいんだけど、ちょっとこれはこれで危ない感じ。

箱崎の九大あたりから3号線に戻り、そこから博多駅までひたすら進み、ヨドバシに着いたところで一休み。

志賀島まで行こうと思ったのはかなり無謀だったようだ。島自体も一周するとかなりアップダウンが激しいらしいので、ふつうの装備にクロスバイクじゃ一周するのも辛いかもね…。

今度行くときは、行きか帰りを市営渡船を使って行って見よう。往復だとかなり体力使ってしまう…。


スポンサーリンク