「 2008年10月 」一覧

健康診断で初バリウム

姪浜にある検診センターに朝から行ってきた。

今年から30代なので検診内容に胃部レントゲンが追加になる、ということはバリウムを飲まなければならないわけで、周りの人から「味がない」「飲みにくい」と聞かされていたのでどんな物なのかとちょっと気になりつつ検診へ。

検診の順序でいきなり最初が胸部と胃のレントゲンってことで、発泡剤を飲む。飲んだ瞬間に空気が半分くらい出て行ってしまった気もしたけど、まぁ何も言われなかったので良いだろう。

そして問題のバリウム。量は250ccくらいだろうか…一口飲んで、ほんとに味がない。しかもドロッとしてるので昨日から何も飲んでない喉には飲みづらい。一口飲んだあと、10秒ほど落ち着いてから残りを一気に飲む。

特にゲップを必死にガマンすることもあまり無く、台の上で回ったりなんなりで終了。

他の検診項目も去年までと変わらないのでサックリと終わらせ、全行程で1時間くらいで終わったかな…。

ただその後が大変で、もともとお腹の調子が悪かったところにバリウム飲んで、さらに下剤を飲んだのでトイレに5回ほど行く羽目に。

天神や博多周辺をブラブラしていたのだけど、なんか微妙にお腹が気持ち悪いし、気分も優れなかったね。検診行って疲れて来ましたって感じで。

とりあえず初バリウムは終わったので来年からはもう少し慣れることができるかな。でも進んでやりたい検査じゃないね。



準備していても失敗するときは失敗する

よく設計されたライブラリ群があろうと、詳細なドキュメントがあろうと、それを使う側に読解力やスキルが無ければ誤った使い方をされてしまう。

…まぁどう設計しようと、ドキュメントを書こうと、「誰にでも100%分かる・使える」は無いわけで…。そこを相手チームとコミュニケーションを取りながら補間していくということになるのだけども。

ただドキュメントを見ずになんとなく、の勘でAPIを使う人たちもいたりして、でバグを出しまくった揚げ句に「助けてください」と。その辺りまでフォローしきれないなぁと思ったり。

こちらが作ったドキュメントが分かりやすかったかどうか、という問題はあるのだけど、それにしても仕事としてのコーディングでやることにしてはちょっとあり得ないんじゃないのかなぁ。

…と今回のトラブル支援をしながらボンヤリと思った。


遠くの火事は必ず燃え移ってくる

トラブルプロジェクトの支援に乗り出すと、だんだんと深みにはまっていく。

トラブルの状況も収束する気配もあまりなく、支援に入ったメンバーはどんどん労働力を吸い取られていくばかり。

最初は片足だけ突っ込んで支援していた私も、どうやら深みに入ってきたようだ。果たしてこのままプロジェクト終了までいけるかどうかだな…。


auの”Run&Walk”アプリが使いづらくなった

auのサービスで、”Run&Walk”っていうウォーキング、ランニング、自転車での運動記録をしてくれるのがある。この間そのアプリがバージョンアップしたというので入れ替えて見たんだけど…

なんか、微妙に使いづらくなってた。

前のバージョンと比べて動作が変わったように思えるところは…

  • 計測スタートしてからすぐに端末を閉じてしまうと、計測が始まらないことがある
    • 計測スタートの「完了」を待たないのも悪いんだろうけど、気がつかずに移動してしまって、けっきょく計測されてないことがあった。
  • 運動終わって計測終了すると、勝手にモバイルサイトに飛ばされてアプリは終了してしまう
    • ブラウザが起動し、移動した軌跡が地図に表示されるページに飛ぶ。いつも通勤で決まったコースなので見る必要ないし、見たいときはPCからサイトに行く。あとアプリが終了するので、次に計測したいときはアプリを起動し直さないとダメっぽい。

画面は数字が大きくなって見やすくなったりして良いのだけど、全般的なユーザーシーケンスを変えるのってどうなんだろうなぁ。今まで慣れてた人にはちょっと…って気がする。


買った本

福岡に戻ってきてから、ヨドバシのあおい書店で買い物。

今日は大人しく雑誌2冊。

「考える技術」の教科書 2008年 12月号 [雑誌]
「考える技術」の教科書 2008年 12月号 [雑誌]
ダイヤモンド社 2008-10-17
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starイノベーション!を起こすには

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Think!に引き続いて、こういう頭脳・論理物を読んでみようかと。

正直なところ、ここまで高度な問題分析技法など使わなくても、日々の仕事はできる。ただ、それでいいのか?っていつも自問する。

目の前の設計とかバグ潰しの作業をする毎日だけじゃなくて、もう少し高い次元で物を考えたり見たりする意識って大事だと思う。年齢とともに思考が硬直化していくだろうから、こういうのを吸収するには今しかないんだろうなっていう焦りもあるんだけど…。

WEB+DB PRESS Vol.47
WEB+DB PRESS Vol.47 WEB+DB PRESS編集部

技術評論社 2008-10-24
売り上げランキング : 134

Amazonで詳しく見る by G-Tools

久しぶりに買った。

memcachedってどんなものなのか興味があったので。実際に使うことがあるかは分からないけど。あとObjective-Cの記事も興味あり。


横浜・週末ログ

会社イベントから帰宅。

昨日は昼から18時ごろまでパシフィコ横浜。面白い話しもいくつか聞けたけど、早朝からの移動だったのでグッタリ。

宿泊先は川崎駅前のホテル。駅から「徒歩0分」と書いてあったのに、会社の人と二人で15分くらい迷ってしまった。

迷ったのは川崎駅西口のショッピングセンターに入ってしまったからだけど、駅に隣接してロフトやらホームセンターやらなんかたくさんショップが入ってたな。川崎は5年以上来ていないけど、駅周辺は昔の地味で何も無さそうなイメージと全く変わっていたね。

ホテルの部屋が3階だったんだけど、窓からちょうど駅前と近くのビルを結ぶ通路が見えてカーテン開けると外から中が丸見え、という部屋だったのが残念。

会社の人と4人で京急川崎駅ちかくの居酒屋で夕飯&呑み。座敷じゃなくて店も混んでてちょっと落ち着かなかったけど、珍しいメンバーで呑めて楽しかった。

ホテルに22時半くらいに戻ってしばらく休んだあと、一人でブラブラ。都内まで出る時間あるかなぁと思って東海道線に乗ってみたけど、やっぱり23時過ぎるしと思って品川で降り、また京急で戻ってきたり。

ホテルでテレビ見たり(NHKのさだまさしのゆるい番組とか)、持ってきたPSPで遊んでいたりとかして、2時半くらいに寝た。

日曜日は8時くらいに起きたものの、疲れが残っていてゴロゴロしつつ10時くらいにチェックアウト。羽田には11時過ぎまでに行かないといけないので、どこか寄り道する暇もなく京急でそのまま羽田へ。

飛行機が出るまで1時間くらい待ったのち、福岡へ。

飛行機の中でもほとんど寝ていた。福岡は意外にも雨上がりで寒かったね。あとはいつもの休日のように書店とか寄って帰宅したところ。

社内イベントも楽しいんだけど、密度が濃すぎて疲れます。一日であれもこれもやろうとするからだろうけど。あと地方から当日移動なので体力的に辛いかな…。でも来年も行くんだろうな、きっと。


横浜へ

今から横浜へ出発。

朝早い便なので、きょう一日眠くて仕方ないかもしれないけど。

とりあえず年に一度の社員が集まるイベントなので参加してきますよ。天気も回復しそうなので、体力があれば夜はどこか出歩こうかな。


開発した人が出てきて話すということ

Touch-DS.jp – 社長が訊く『ニンテンドーDSi』

メーカー自身がこうやって開発者を出して話をさせるっていいですね。

よくニュースサイトや雑誌の「取材」という形でこういった製品開発について取り上げている記事もあるけど、メーカーによっては広報とか企画とか担当役員とか、本当の意味で「開発」してない所の人がインタビュー受けてる場合も多い。

そういう場合に限って「基板設計が大変でした」とか言っている。

でもそれは「伝聞」であって広報とか企画の人がほんとに悩んだわけではないよね、と。ほんとに現場で悩んだ人が出て喋れば深みもあるだろうに…と思うことがよくある。私も技術者だからってのもあるんだろうけど、世間一般の人はそこまでこだわらないのかも。

特に物づくりのハードウェア屋さんとか、まぁソフトもそうだけど、もっと「作った人」に光が当たると良いな。物づくりって地味で敬遠されがちだし。


今週末は東京へ

年に一度の会社行事で。

帰りは日曜の昼の飛行機なので、自由時間はほとんど無いけどねぇ…。週末の関東は雨っぽいのもちょっと残念。

ちょうど夏休み過ぎからずっと忙しくて息が詰まった感じだったので気分転換にはなるかな。福岡戻ってくるとまた仕事モードだけど。


スポンサーリンク