「 2009年05月 」一覧

Anrdoidのエミュレータ起動中にSDをマウント・アンマウントする

エミュレータ起動時にSDカードイメージを指定する例はたくさん見かけたけど、起動後に動的にやるのはあまり見かけなかったのでメモ。

SDからファイルを読むようなアプリで突然SDを抜かれたり、差されたりしたときの挙動を確認したいときに。

  • (1)emuratorコマンドでエミュレータを起動する(SDイメージ有りのAVDを使う)
  • (2)”adb shell”コマンドでエミュレータに接続
  • (3)”sdutil unmount /sdcard” でSDが抜かれる
  • (4)”sdutil mount /sdcard”でSDが差される

新人歓迎会

昨日は新人の歓迎会。と、来月から長期出張する人の壮行会。

私にしては珍しく2次会まで行ったりして、楽しんできました。

今年配属の二人は、しっかりしていて意識も高そうなので、芽を潰さないようにしながら成長させたいなぁと思う。

うちのような会社は、まだまだ第一志望として来てくれるほどの会社では無いし、地方勤務というハンデもあるし、ともすると人によってはモチベーションが下がりがちな環境なのかもしれないけど、こちらとしては社内でも関東に負けない技術力と実行力はあると思っているのでそのあたりを新人含めた若手にも分かって欲しいかなぁとは思う。


x86で動くAndroidのLiveCD”live-android”

live-android – Google Code

Android本家フォーラムを眺めていたときに見つけたもの。

LiveCD形式のためPCにインストールしなくてもAndroidを動かしてみることができる。

VirtualBoxでブートさせてみたところ、時々Androidのエラーが表示されるけれどキーボードでフォーカスを移動することで操作できる。一部起動しないアプリがあった(メーラーとか)。

キー操作は以下。

  • カーソルキー:フォーカス移動
  • Enterキー:決定
  • ESCキー:一つ前の画面に戻る

使い方を読むと、コンソール画面にも切り替えられるようなので、多少の解析やカスタマイズもできるかもしれない。

まだバージョンが0.1なので、今後ポインティングデバイス対応とか入ると面白いことになるかも。

Android live-cd


USBメモリ安いな

上海問屋でUSBメモリを注文したけれど、安くなったなぁ。

4GBが1000円しないとか。

DVDドライブが壊れてるマシンがあって、USBメモリからいろいろブートさせたい目的があるので4GBと8GBのUSBメモリを。


読了・「宇宙論入門」

正直なところ、ちょっと難しかった。

新書のボリュームに色んな話しを詰めすぎてるような感じで、駆け足的に進んでいくのでじっくり読むか、自分なりに整理しながら読んでいかないと学説や登場する学者の多さなどで頭が少し混乱する。

よくありがちな「分かっている人が書いた本は分かっている人向けな内容になる」という感じに似てる。ある程度知識がある人が読んだほうがより面白く読めるかな。

でも、宇宙の未来についての章はとても面白かった。10^100年後(!)の宇宙はどうなっているのかというのを現在のいくつかある説を元に仮定しているのは、今まで見聞きしたことのないところで、純粋に「へー、そうなのか」と発見があった。それは収穫。

宇宙論入門―誕生から未来へ (岩波新書)
宇宙論入門―誕生から未来へ (岩波新書) 佐藤 勝彦

岩波書店 2008-11
売り上げランキング : 14533

おすすめ平均 star
star宇宙論、という名の哲学書
star最新宇宙論を新書で
star難しかった

Amazonで詳しく見る by G-Tools


64bit版Javaはスワップすると異常に遅くなる?

Androidのビルドがメモリ不足でスワップしすぎで終わらず – きままな日記帳

と、64bit版UbuntuでAndroidのソースビルドが終わらない件、32bit版Ubuntuをインストールしなおして試したみたらあっさりとビルドが終わった。

64bit版の時は、javaプロセスがメモリを90%以上掴んだままずっとスワップしてて終わらなかったので、64bit版javaが物理メモリを食い潰したときのスワップで異常に遅くなるんだろうと結論。メモリが十分にあったら64bitでも快適に動いたかもしれないし、そこは分からないけど。

DDR1のメモリを1GB×2枚にしようかと値段を見たら、DDR2の2倍くらいの値段なのね…。さすがに古いマシンをそこまでして延命するつもりもないし、32bit版Ubuntuで普通にビルドできるようになったので、とりあえず現状の環境で行くつもり。


新人来たる

2ヶ月近い東京での研修を終えて、新人が配属されてきた。

私のチームには男女各1人ずつ。

教育や生活面でのサポートは若手がやるので私が出る幕はあまり無いと思うけど、実のところ見た感じ新人自体にはあまり心配はしていない。どちらかと言えば、先導する若手のほうがきちんと指導しないといけないポイントを指導できるかというほうが気になる。

なので、トレーナー役の若手に対するフォローを重点的にやっていくつもり。


散髪

前回が4月はじめだったので約1ヶ月半ぶり。

そろそろ梅雨で湿気の多い日を考えて少し短め、とも思ったけど梳いてしまえばそれなりに短く見えるので切ったのは1センチ分くらい。


買った本(聞かせてよ、ファインマンさん:僕らは星のかけら 原子をつくった魔法の炉を探して)

ここのところ科学物の本を読むことが多くなったな。

聞かせてよ、ファインマンさん (岩波現代文庫)
聞かせてよ、ファインマンさん (岩波現代文庫) Richard P. Feynman 大貫 昌子 江沢 洋

岩波書店 2009-04-16
売り上げランキング : 52853

おすすめ平均 star
star自然科学者のアフォリズム
star科学的思考とは何か。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ファインマンシリーズを買うのは始めて。以前からファインマンの本は評価が高いのは知っていたのでこれを気に読んでみることにする。

僕らは星のかけら 原子をつくった魔法の炉を探して (SB文庫)
僕らは星のかけら 原子をつくった魔法の炉を探して (SB文庫) 糸川 洋

おすすめ平均
stars原子物理学の歴史とその変遷と恒星の始まりから終わり
stars感動
stars物理学科の学生に読んでほしい。
stars今年出会った最高の文庫本!!
stars科学者として求めれる資質とは何か、がよく分かる科学者列伝!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

宇宙物。こちらも「宇宙創成」つながりで、どこかでオススメされていたのを見たので。


Androidのビルドがメモリ不足でスワップしすぎで終わらず

Androidのソースビルド用に少し古いAthlon64マシンを引っ張り出してきたのだけど、メモリが1GBしか無いからかどうもスワップが発生しすぎてビルドが全く進まなくなってる。

Core2Duoマシン上のVirtualBoxもメモリの割り当ては1GBだけど、ビルドが終わらないほど処理が滞ることは無いんだよなぁ。

一晩放置すれば終わってるのかもしれないけど、ディスクを一晩ガリガリ言わせるのもね。

それにAthlon64はX2ではないのでシングルコアだし、メモリもDDR1だしハードディスクもPATAだし…。Ubuntu64ビット版が問題なのか?よく分からん。ただ物理メモリはビルド中完全に食いつぶされてるようなのでメモリが問題ではあるんだろうけど。

いっそのことPhenomに載せ替えるかな…。とりあえずintel系より安く揃えられそうだし。


スポンサーリンク