「 2010年01月 」一覧

読んだ本…「プロジェクトファシリテーション」

久しぶりに一気に読んだ本。

古川電工の人事、労務管理業務の刷新プロジェクトを、古川電工の人と、コンサルの人の両方からの視点で文字に起こしている。

全社を巻き込んだプロジェクトが一通り成功に終わるまでを書いてあるのだが、話の流れ自体は少しサラッと書かれているように見えるせいか、プロジェクトXのようなのめり込むようなドラマ性は無い。

実際に現場で起きたことを記録していったというのもあるのだろうけど、もう少しプロジェクトの苦労したところや葛藤、深い描写があるともっと感情移入できたかもしれない。

個人的な見所は、コンサルがプロジェクトの各場面で使ったファシリテーションの手法が分かりやすく書かれていること。プロジェクトの「見える化」のために使った表現手法や、会議のファシリテーションの手法が実際にどういう場面でどう使われたのか、実例の中に出てくるのでこちらのほうはイメージしやすい。

プロジェクトの進捗管理で各チームやアイテムの進み具合をGreen/Yellow/Redの色で表現したり、システム稼働判定のチェックリストでも同じく色で状況を表したりしているのは、あ、そういう方法もあるよね、と思った。

ソフト開発ならxUnitでテストを通したときに全てがGreenになるのと同じイメージ。進捗資料でもアイテムが多かったりする場合は、単に数値で表記するより一目で分かるので使えそう。

あとは各ステークホルダーに事前に情報を渡したり顔を付き合わせて理解を得たり、という社内的なリスク回避のための方法など、小さいプロジェクトを持っている人でもヒントになりそうなネタが多い。

プロジェクトの立ち上げる機会があったら、それに併せてこの本の同じフェーズのところを見ながら、どうやって勧めていくのがベターなのか考えながらプロジェクトを進めていくのも楽しいかも知れない。

プロジェクトファシリテーション
プロジェクトファシリテーション
おすすめ平均
stars日本版、実名入り「GOAL」、これだけうまくいったプロジェクトだけに、参考になる個所は多数
starsもはやビジネス書ではない
stars感動に震えたビジネスノンフィクション
stars生の声が面白い
stars自分が関わったプロジェクトを思い出し涙が出てきた

Amazonで詳しく見る by G-Tools


Androidの各バージョンごとのAPI差分がわかる “Android API Differences Report”

Androidの公式developerサイトは今まで何度も見ていたつもりだけど、各API Level間での差分を一覧にしているページがあったというのに最近気づいた。

例えば、1.6から2.0(API Level 4から5)でのAPI差分は以下のとおり。

API Differences between 4 and 5

また、2.0と最新2.1との差分は以下のとおり。WallPaper関連のクラスが増えてるのがわかる。

API Differences between 6 and 7


SANYO eneloop スティックブースターが良い感じ

エネループのスリムなUSB充電器がデザインも値段もお手頃で良い感じ。

iPhoneだと未充電の状態から70%くらいまでは充電できるみたい。

あまりヘビーには使わないけど、気がついたら残り50%を切っていて不安って人はこれを一本持っとくと1日中、外でiPhone使っていても持つんじゃないかな。

SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS
SANYO NEW eneloop スティックブースター USB出力専用ブースターセット(単3形2個セット) KBC-D1AS
三洋電機 2010-01-21
売り上げランキング : 12

おすすめ平均 star
star作りは良い

Amazonで詳しく見る by G-Tools

もっとヘビーにいろいろ使う人は、高容量のにすれば良いか。私のiPhoneの使い方を考えると上ので良いかな...。

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用リチウムイオン電池使用) KBC-L3AS
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用リチウムイオン電池使用) KBC-L3AS
三洋電機
売り上げランキング : 578

おすすめ平均 star
stari-Phone専用にしています
starBlackBerryも充電できました。しかし・・・
starUSB充電だったのか...

Amazonで詳しく見る by G-Tools


春の情報処理試験どうしようかな…

仕事でバタバタしていたら、春の情報処理試験の申し込みが始まっていた。

去年の秋は、多忙なのが分かっていたので申し込まずにパスしたんだけど、今回はどうしようかな。職業柄、エンベデッドを取っておくべきと思って2回挑戦して失敗しているので、3回目の挑戦にするか、別のカテゴリを受験するか、それとも今回も受験しないか。

春試験ではエンベデッド、セキュリティ、プロマネ、システム監査が未取得なんだけど、セキュリティとプロマネは過去受験して失敗しているし、私にとっては専門の分野ではないのでそれなりに勉強しないと合格しないだろう。

あと、去年から会社の合格一時金制度が業績悪化で停止になっているので、仮に合格してもインセンティブが無く、モチベーションが下がる。

いや、本当は自分のスキルアップのために受験するものだから、お金が出ないからどうこうってのは正しくないんだけど、仕事が詰まっている合間を縫って勉強して、試験日も貴重な休日を丸一日潰すことを考えると気持ちだけでモチベーションが維持できない感じがして。

ということで、まだ春試験はどうするか思案中。


FM TOWNS IIのカタログ

棚を整理していたら、古いパソコンのカタログがたくさん出てきたので、暇を見て載せていくつもり。スキャナを持っていないので写真で。

さて、FM TOWNS IIです。カタログには1991年11月とあります。

縦型のCD-ROMドライブが印象的な感じですねぇ...。電気屋の店頭でよく触ってました。PC-9801のN-88 BASIC画面ばかりの店頭デモ機と違って、音声やら画像やら、ウインドウシステムやらがデモで動いていたのでたしかに当時の「マルチメディアマシン」というイメージが強いかも。

そんなマルチメディアマシンもi386だったのね。

残念ながら、個人的にはFM TOWNSは店頭で触る以外に触れたことは無いのだけど、業務用途のFMRと並んで特徴的なマシンだったような気がする。

IMGP2256 (by findup)

IMGP2258 (by findup)

IMGP2259 (by findup)

IMGP2260 (by findup)

IMGP2261 (by findup)

IMGP2262 (by findup)

IMGP2263 (by findup)


勉強会に求めるものは人それぞれ

すっかり定着したIT系勉強会に期待することって人それぞれなんですよね。

誰か有名な人や凄い人を毎回講師にして何かを教えてもらう形が良いと思う人もいれば、みんなでよく分かっていないものをあーでもないこーでもないといいつつ議論や理解していくのが良いっていう人もいるだろうし。

勉強するレベルも入門レベルだったり、何かを突き詰めて行くようなハイレベルなものだったりするわけで...。

凄い人に会って刺激が欲しいとか、何かテクニックを教えて欲しいという人は、そういう機会の時に参加すればいいし、みんなで勉強したい人はそういう輪講形式とかの勉強会に参加すればいいわけだし。

何か自分の思う勉強会と違うからといって批判する必要は無いと思うし、コミュなんて合う合わないあるし、自分が気に入らなければ自分で立ち上げたり、独学で勉強してもらっても構わないんだしね。

私の場合は、この業界に入って以来ずっと社外の人と接触する機会が無かったので、自分でも入れそうな勉強会を通じてようやく最近になって色んな人とお話できるようになった感じ。私にとって勉強会は、他の色んなことやってる人に会うためかな...。


コクヨのベーシックプログラム用紙、ほか

戸棚をあさっていたらこんな物が出てきた。

フローチャート用紙、ベーシックプログラム用紙、ディスプレイレイアウト用紙。

20年くらい前に買ったものじゃなかろうか、パソコン買いたてでプログラムに励んでいた頃だ。実際、これも当時珍しいから買ったんだと思うなぁ。この用紙にプログラムを手で書いてから実際にパソコンに入力なんてことはほとんどしなかった気がするし。

でもまぁ昔はこういう用紙が売られてましたってことで。

  (by findup)

  (by findup)

  (by findup)


期待のiPhone用国産Twitterアプリ「TweetMe」

こないだのAndroid勉強会で、@TakaFlightさんに見せて頂いたiPhone用Twitterアプリが便利そうで期待大。

コンセプトは「少ない操作で色んな操作を」という感じかな...。音声による入力や左右指フリックによるタイムライン切り替えなど、個人的にツボだった機能がいろいろ。

もうすぐリリースしますよ、というお話だったのでさっきサイトを覗きに行ったら、公開されているではないですか。

iPhone向けTwitterアプリ「TweetMe」ダウンロード開始!|FLIGHT iPhoneアプリ開発者BLOG

...ちょっと最初にガイドとマニュアルは読んだほうが良いかも。機能が多いのでまずはどんな機能があるか把握してからがよさそう。アイコンだけだとパッと見で何の機能か分からないものもあるので。しかしこれハッシュタグの管理もできるのか...。

今まではTwitterrific Proを常用していたけど、一気に常用アプリの座を奪いそうな勢いだな、これは。

AppStoreは→http://itunes.apple.com/jp/app/tweetme/id348598813?mt=8

  (by findup)


スーツのパンツが自転車で?破れる

帰宅して何気なくスーツのパンツを見たら穴が空いていた。

どうも自転車でサドルがあたるところのようだ。今まで特に気づかなかったのだけど、今日たまたまサドルの座り方が悪かったのか、以前から破れそうになっていたのか...。

うちの会社は内勤でも基本はスーツ、ビジネスカジュアルが決まりなので、ほとんどの人はスーツなのだけど、スーツってパンツが傷むと上着は傷んでなくても着られなくなってしまうのが難点。高い洋服なのにね。

多少の破れなら、お直ししてくれるところで直してもらう手もあるけど、破れた場所によっては直した跡が意外と目立ってしまうこともあるしなぁ。

かといって、若い人向けのスーツで2パンツで売っているのはあまり見かけない。やっぱり2パンツというのは中年向けってイメージなんだろうか。

とりあえず替えのスーツで当面は凌ぐけど、春物が出るのに合わせてもう一着作ってたほうがいいのかなぁ。あと自転車乗るときは変に負担のかかる乗り方はしないようにしないと。


日本androidの会 福岡支部 勉強会 “beagleboard+android+ブレスト” 参加レポ

  • 1/16(土) 13:00~18:30
  • 株式会社Fusicさん(支部長しかじろうさんの会社)の会議室

集まったメンバー

20名くらい。何気に幅広くて濃い

  • 本を出してる人(今度はGoの本を書くらしい?)
  • ITmediaなどに記事を書いてる人
  • 半導体設計をやってる人
  • 某メーカーに長年勤めて人脈豊富な人
  • gainer(Pepper)を持ち込んでいた人

組み込み系比率が高かった。参加者の半分は超えていたような...。

beagleboardメインの会だったので自然と興味ある人が集まったらこうなったという感じだろうか。

  (by findup)

beagleboardにandroidを

ubuntuを使ってSDカードのパーティション切りをするところと、androidソースのmakeを始めるところまではみんなで色んなサイトを参考にしながら。

ただ、androidソースのビルドを始めると数時間かかるので、いちおうmakeは続けつつもeclairのイメージを格納済みのSDから起動させることに。

ubootのコマンドラインをメモしていなくて、調べたりした後ようやく起動。

  (by findup)

このイメージはこの間私が自宅で試したときにこちらを参考に作ったものだったので、

  • 音が出ない(ALSAが無効)
  • USB-LANアダプタ(その場で貸して頂いたApple製)が動かない(デバイスは認識するけどドライバが無い)
  • USBマウスがトラックボールとして認識?(マウスカーソルが出ない)←マウスカーソルはパッチを当てないと出ません(コメント頂きました)

という、非常にシンプルな環境。そのため起動してからはキーボードで操作してみるところまで。

それでも、いろいろ試行錯誤したり弄ったりしているうちに時間は押し、続いてブレーンストーミングへ。

ブレーンストーミング

天神・大名WiFi化計画というのがあって、すでに天神・大名のかなりの場所でfonを使ったWifiが使え、今年は天神地下街などでも使えるように準備中のプロジェクトと、

  • 天神Wifiのインフラを使って何かしたい
  • 天神・大名の街をもっと楽しい場所にしたい
  • それにも使えそうな新しいサービス、デバイスができないだろうか
  • デバイスはandroidを絡めて何か作りたい(ご当地デバイスになるかも)

というようなポイントで、新しいデバイスやサービスのアイデアを出そう!というもの。

私は以下のようなアイデアを出してみた。

  • 街を回遊している人(仕掛け人、GPS付きデバイスを持ってる)を捕まえると何か特典がある
  • 街の他の地区の場所などをリアルタイムで中継していく据え置き型のデバイス(他のところで面白いことやってるのを見つけてもらい、人の流れを生み出す)

参加者が多かったからか、たくさんのアイデアが。

  (by findup)

みんなが良いね、と思ったいくつかのアイデアについて今後もう少し掘り下げていくことに。

懇親会

会場近くの居酒屋さくらというお店で。

料理もおいしく(牛すじ煮込みが特に)、値段も安くて良いお店。

感想

beagleboard

  • beagleboardのイメージについては、キーボードでの操作以上の事ができずに少し皆さんをガッカリさせてしまったかも。予想以上に皆さんの食い付きが強くて、皆さんの期待と実際の動きがマッチしてなかったような。

  • ただ、皆さんの興味が強かったので私があれこれ口を出して進めていくのは面白みが無いなと思ってあえて黙ったところもあります、ごめんなさい。試行錯誤しているほうが皆さんも色々触ったり意見を言ったり参加しやすいし楽しいかと思ったので...。適度にハマってどうにもならなくなったら飽きないうちに次のステップへ、くらいがちょうど良いかと。

  • でも出来合いのイメージを使うことになるなら、もう少しきちんと調べて仕込んで置いたほうが良かったかなぁ。自分でやったときはeclairが動くならやってみよう!ってだけの目的だったので。ネットワークと音が使えるandroidイメージを用意してネットに繋ぐか動画再生くらいまでデモできてればまた違った展開になったかも。

  • beagleboard+androidのネタは、ネット上で色んな方がやっているけどそれぞれ微妙なところで手順などが違っていたり、作ったイメージによって動くデバイス、動かないデバイスがあったりするので、参考にするサイトを決めたらあまり他のサイトとゴッチャににならないように手順を進めたほうがトラブルが少ないと思う。この辺りは後でフォローの情報を流すかも。

ブレスト

  • ブレストは個人的には、目覚まし時計のアイデアと、自転車に付けるサイコンっぽいデバイス(自転車乗りなので)、他いくつかのアイデアが良かった。もう少し時間を取って、2巡目のアイデア出しができればもう少し練った物が出てきたかも。

懇親会

  • 色んな分野に強い人の話が聞けて新鮮。自分の立っている基盤や知識がまだまだ弱いなぁと実感。あとうちの会社は規模が大きいだけで技術やスキルの面では全然知名度無いな(実際無いし)というのも実感。

最後に

  • また今回も大変楽しい時間を過ごせました。今回がハードウェア寄りだったので次はandroidアプリ開発メインのネタが良かったりするのかな...?いずれにしても、色んな人とお会いできるのでできるだけ参加していきたい。

  • 今回、組み込み系の人もけっこう機会さえあれば集まるんだというのが分かったので、福岡組み込みクラスタっぽいものもできそうな感じ。いろいろ雑談したり情報交換したり、熱い思いをぶつけたり、こだわりを語ったりとかできれば良いなぁ。

他の方の参加レポ(随時追加)


スポンサーリンク