「 2010年01月 」一覧

日本Androidの会 福岡支部 勉強会 “beagleboard+android”(の写真のみ)

参加レポはまた別途書きます。今日は少し疲れたので写真だけ先に。

最近BeagleBoardを注文した人はことごとく品切れ?によるキャンセルがかかって入手できなかったので、私が所有していたのを今回は提供。

他にも、Gainer互換機(Pepper)を持ち込んだ方なども。

eclairが動作するイメージを EclaironBeagleBoard - android-development-environment - BeagleBoard に eclair をのせる - Project Hosting on Google Code のサイトを参考に作っておいたものを動かしたところ。

最後は天神Wifiなどとも絡めつつ、新しいデバイスやサービスについてブレスト。思ったよりたくさんのアイデアが。


コードからわかるAndroidプログラミングのしくみ

しばらく新刊が出てなかったような気がするAndroid本の新刊。

紀伊国屋の在庫検索によると、福岡でも店頭に並んでるようだけど...見に行く暇が無いな...。

コードからわかるAndroidプログラミングのしくみ 開発で困ったときの解決アプローチ
コードからわかるAndroidプログラミングのしくみ 開発で困ったときの解決アプローチ 安生 真

日経BP社 2010-01-14
売り上げランキング : 1072

Amazonで詳しく見る by G-Tools


積雪

この冬初めて?の積雪。

とにかく通勤が行きも帰りも寒くて辛かった...。さすがの寒さに自転車じゃなくてバスを使ったけど。今夜もまた同じくらい冷え込んでるのでまた積もるかもね。

出勤するときにマンションの下に雪だるまが。きっと同じマンションの子供たちが作ったんだろうな。確かに福岡みたいな滅多に積雪しないところでは、いつもと違う感じがしてすごく楽しかったもんなぁ。


午後出勤

残業時間の調整のため今日は午前半休。

ちょうど福岡でも積雪で、朝から出勤してたらバス待ちとかで寒い思いをしてたかもね...。

とりあえずこれから当面はときどき午後出社を挟んでいくつもり。その分できた時間も布団の中で過ごしてるのでもうちょっと有意義に使いたいけど。


思考の整理学(外山滋比古)

丸善で東大生協だかで売れているというPOPを見て買ったクチだけれど、この本が1983年に書かれた物だと考えると今でも書かれていることが大体通用するのはなぜだろうと。

特に最初に出てくる「グライダー型人間」と「飛行機型人間」の例えは、その時代から今まで学校教育のやり方が全く変わっていない(なので問題点も変わってない)ということだし、物事をよく考える、寝かすというのも、今で言えば脊髄反射的な反応をしないということだ。

確かにこの本が今の時代に新刊として出ていたら、ここまで注目もされなかったかもしれないけれど、ある意味本質を突いた事柄が読みやすい文章で書かれているので古典として読んでみるのも良いと思う。

思考の整理学 (ちくま文庫)
思考の整理学 (ちくま文庫)
おすすめ平均
stars無題
stars世代を超えて愛読すべきれた名著です
stars問題意識の高い人には有効な提言がちりばめられている
stars自分で思考することは 度しがたく 難しい
stars大切なことはメモしない

Amazonで詳しく見る by G-Tools


新卒入社で終身雇用を望む人って本当に存在するの?

2009年度新入社員の会社生活|調査報告書|学校法人産業能率大学

また、終身雇用制度を望む回答や管理職志向が過去最高を記録し、入社にあたっての意気込みも「コツコツ働きたい」という声が多く、"会社依存"の意識がある印象を受けます。

あんまりそうとは思わないけどね...。

単に就職が大変だったから、「短期的には」転職を考えていないってだけの話しだと思うけど。一生同じ会社でいいって思ってるのとは「終身雇用」の意味合いが違うんじゃないかな。転職しようにも状況が悪いからできずに、不満を抱えて仕事を続けるって感じになりそう。

うちの会社に入って来た新人たちもまぁ会社がアレな状況だったり、仕事がそんなに楽じゃないプロジェクトに配属されたせいか、かなり辛そうにしているしあの状況で終身なんてとても考えてないだろうしなぁ。

会社や仕事がアレなのは私らも悪いのだけど。

会社や仕事が合わないで、裏で不満をぶちまけたり、モチベーション低く仕事するくらいなら、若いうちなら転職したりしても良いと思うけど。面倒見たりしている上役から見てもお互い不幸だと思うし。

会社や上役も本人と話して、お互いがより良い方向で摺り合わせられるとか、辛くても自分が現場を変えてみたいからこの会社に残って頑張ってみるとかいう気概が無い限りは、モチベーション下がるだけで良いことないはず。

たぶん、引用元のこの調査も「現時点で」ってだけでもし労働環境が改善したら、こういう人たちはこぞって転職していくと思うけどね。


電池交換完了

腕時計の電池交換に出していたのを天神コアの岩田時計店で引き取り。

防水テスト、ベルトの掃除サービス込みで3150円。ついでにストップウォッチの秒針が58秒の場所で止まってしまう不具合も直してくれてるみたいだ。

私のはWengerのコマンドクロノで特に高級というわけでもないのだけど、もう5,6年くらい使ってるんじゃないのかな。針の視認性が良いので気に入ってる。

  (by findup)


こんなイベントがあってたのか

キャラバン福岡 | セキュリティ&プログラミングキャンプキャラバン2009

こんなのあってたのかぁ。全然知らなかった。

昨日は仕事してたしな。マイルストーンリリース前でドタバタしていたし。でも夕方から出勤だったから途中まででも参加できたかもしれなかったんやね。

忙しすぎるせいか情報収集のアンテナの感度が落ちてるな...。


Unicodeの森

ときどき、文字コードをとても意識しないといけない場面に遭遇する。

他からの入力がUCS2で、でも相手にはUTF-8で渡さないといけない、とか。

たまにしかUnicodeの細かいところを意識してないとすぐに混乱する。

UCS2、UCS4、UTF-8、UTF-16、Unicode、サロゲートペア...

どれがどれにあたるんだっけ、という具合。

さらに処理系、使ってるプログラム言語によっての扱い方の違いとかが入ってくると、さらに混乱。

とりあえず、昨日分かったのは「Javaのchar型はUTF-16なんだけど、サロゲートペアを考慮すると1文字32ビット表記ということもあるのでchar 2つで表記される場合もある」と。

いろいろ調べて勉強になった。サロゲートペアって用語だけは知っていたけど具体的にどういうことなのか、必要に迫られて調べてようやく理解できた。

Charactor.toChars()でU+10000以降のコードをサロゲートペアで返してくれるということも。

まぁ、知ってる人からは常識じゃんって話しですよねぇ...。


ミーティング祭り

午前中から出勤して、試験チームから起票されてバグ票の整理やちょっとした解析など。

その間に打ち合わせを入れつつ、とやっているとあっと言う間に夜に。

夜は夜で今後の方針についての打ち合わせなど、今週は本当にミーティングが多かった。日中の各種ミーティングが終わってから、ようやく自分の仕事ができるという感じで、どうしても残業するしかなかったのが悔やまれる。

3連休は土曜と月曜日にそれぞれ状況確認で軽く出勤するくらいに済ませたいところ。でも状況から言ってそうもいかないだろうけどねぇ。


スポンサーリンク