「 2010年07月 」一覧

夏休み確保のために

仕事のほうは風向きが急に変わりつつあり、夏休みがフルで取れるかどうかが怪しい感じに。

当初は調整されるはずだった作業ボリュームが減りそうになく、かつ8月いっぱいまでに実装しないといけない項目が思ったより多い。

今さら人をたくさん追加したところで、担当しているモジュールを大人数でよってたかって改修してうまく行くとも思えず、さてどうしよう…といった感じ。

正直なところ、去年から夏休み、年末年始、GWとすべて休みが潰れているので、今年の夏休みくらいは休めると思っていたのだけどね…。

というか、今の時点で他のメンバーに「夏休みが無くなりそう」なんて言えないね…。作業ボリュームが減らないという展開になるって思って無くて、7月はそこまでタイトに作業していたわけではないから、8月に入っていきなり高稼働になります、休み潰してくださいって変な話だもの。


ListViewの横幅レイアウト指定で疑問

androidのListViewを学習していて、一瞬あれっと思ったこと。androidプログラミングの中ではとても初歩的な内容だけど…。

ふつうのリストなら、項目をタッチして選択状態にしたときには

device2

このように横幅いっぱいに反転して選択状態になるはずなのに、

device

上のように文字列のところだけが反転していた。

なんでだろうと思ったら、ListViewのレイアウトの指定が間違っていてListViewのlayout_widthが”wrap_content”になっていたというオチ。で、以下が正しいのだけど…

<ListView android:id="@+id/ListView01" android:layout_width="fill_parent" android:layout_height="wrap_content"></ListView>

ListViewの横幅がwrap_contentだとすると、なぜ

device3

上記の黄色い丸印のように、ListViewの項目区切り線は画面横幅いっぱいに描画されているんだろう?という疑問。

wrap_content指定ならListView自体の幅が狭くなって区切り線もそこまでしか描かれないのなら意味がわかるような…。それともレイアウト指定について私が何か勘違いをしててこの動作で正しいのかもしれないけど。

ちなみにListViewにAdapterから渡している項目用のTextViewは、layout_widthをwrap_contentにしてもfill_parentにしても変わらず。


あと、ListViewにOnClickListenerを設定しようとすると実行時に例外吐くのね。いや、単にOnItemClickListenerと指定を間違えただけだけど…。


入門! 論理学 - 野矢 茂樹著

論理学というと、集合論と同じく記号がいろいろ出てきて、いつも理解しづらくて挫折する。普段、ああいう”A∧B”のような書き方をすることが無いからだろう。

おそらく慣れてしまえば記号で表すほうがパッと理解できるようになるんだろうけど、どうにも敷居が高いと思っているところに、この本。

論理記号を使わずに論理学のさわりをできるだけ書いてみようというコンセプトで、今ちょうど3分の1くらいを読み終えたところだけど、これは私でも読み通せるかもしれないと初めて思った。

まぁそれでも第2章の否定の概念とか一度さらっと読むだけだと、あとで「あれっ」と思うくらいには、きちんと頭の中で整理しながら読み進める必要はあるけれど。

著者は大学向けの本を書いているような人だけど、文体はけっこう砕けていてところどころノリツッコミ的なものが出てきて面白い。

入門!論理学 (中公新書)
入門!論理学 (中公新書) 野矢 茂樹

中央公論新社 2006-09
売り上げランキング : 12686

おすすめ平均 star
star難しい
starわかったようでわからないもどかしさ
star奥深い

Amazonで詳しく見る by G-Tools


お腹を凹ますだけでウエスト周りが改善する、と謳う本

単に書店で見かけて立ち読みしただけだけど。

30秒間お腹をギュッと引っ込ませることを、折りにふれてやることでお腹まわりのたるみが改善するんだと。

まぁ腹筋が強くなれば、無節操に出っ張るお腹も多少は改善するんだろうけど、脂肪は簡単に取れないだろうから食事コントロールや運動はセットでやるのがベストなのは変わらないかも。体重が減るというよりかは、お腹周りの見た目が変わるというのがメインの効果かな。あと、やることは「お腹を凹ます」くらいだけど、1ヶ月以上の継続は必要。

ただ、お腹に力を入れると自然に姿勢が良くなるという効果はあるので、歩いている時や人前に出るときにはダイエットとは別の意味で意識しておくと良いと思う。人によっては姿勢が良くなることでの効果が大きい場合もあるかもね。

30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド
30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド 植森美緒 石井直方

高橋書店 2009-04-25
売り上げランキング : 600

おすすめ平均 star
star効果はまだ。でも見た目の効果はあり!
starこりゃー簡単、「へこますだけ」。道具も要らず、でも効果てきめん!
star良い

Amazonで詳しく見る by G-Tools


天神、博多でロディアのマウスパッド探し

Thinkpadで使っているマウスが、デスクの表面と相性が悪くて、何かマウスパッド的なものを敷かないと使いづらく、どうせならロディアがマウスパッド型のメモを出しているのでそれを使ってみるか、と探しに出掛けた。

こないだ東京に行ったときに、銀座伊東屋で見つけていたのだけど「福岡でも買えるだろう」と買わずに帰って来たのだが…。

ロフト、インキューブ、パルコのスミス、天神TSUTAYAをまわったが無し。どこも普通のロディアメモは各サイズ揃っているけどマウスパッドはマイナーなので置いてない。インキューブではだいぶ昔に見かけた気がするのだけど、売り場自体が少し小さくなっていた印象。丸善の3階が今は無き状態なので、他に置いてそうなところもなく、博多エリアへ。

博多エリアは文房具をまとまって扱っているショップがヨドバシの地下くらいか。駅ナカの文具屋もそれほど大きくは無いし、来年のハンズ開業待ち。ヨドバシの地下は、普通のロディアはサイズが一応揃ってる感じだが目当ての物は無し。

…実ショップで見つからなかったので仕方無く通販で買うことに。もともとは一度手に取ってから買おうかと思って探したのだけど。分度器ドットコムで、No.13のカバー付きと一緒に注文。店の所在地が兵庫県西宮市で西日本だから九州までの到着も早いだろうし、メール便可なので送料も安く上がるかな。

アドバンストマウスパッド【5mm方眼】 cf19410
アドバンストマウスパッド【5mm方眼】 cf19410
Rhodia/ロディア
売り上げランキング : 4201

おすすめ平均 star
starこれいいです。

Amazonで詳しく見る by G-Tools


androidとUI周りの学習

Galaxy Sも入手し、ようやく少し空いた時間ができたのでandroidのActivity周りを少し学習。仕事ではServiceをメインに担当しているのでandroidをそれなりにやっていてもUI周りの作り方はあまり知らないので。

まずは画面に置けるView、ListViewあたりからやってみるかと、

コードからわかるAndroidプログラミングのしくみ 開発で困ったときの解決アプローチ
コードからわかるAndroidプログラミングのしくみ 開発で困ったときの解決アプローチ フランク・アブルソン チャーリー・コリンズ ロビ・セン 安生 真

日経BP社 2010-01-14
売り上げランキング : 30778

おすすめ平均 star
star訳と構成が最悪
star訳が最悪

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちょうど近くにあったこの本を見ながらやっていたのだけど…。ちょっとこの本は入門には向かなさそうだ。サンプルコードも見づらく、解説も長い文章で書かれていて図も少ない。あの分量の本の中に、センサー系や、NDKなどの内容まで触れようとしているので一つ一つが薄くなってるような気がする。

ネットで検索したサンプルと、GoogleのAPIリファレンスを見ながら作業を進める。UI周りの作り方はView生成時のプロパティ設定やハンドラの設定、ListならAdapterの作成などお作法が多いので、数をこなして覚えていくしかなさそう。GUIで部品を画面に貼ったらすぐに動く、というほどもものでも無いから。

頑張って実装すればいろいろ凝ったUIも実現できそうな仕組みだなぁというのが分かった時点で今日は終了。結局、HandlerとListViewとArrayAdapterくらいしか試せなかったけど。

Galaxy Sを開発機として使うことで、毎回重いエミュレータを起動する必要が無いのは便利ね。


梅雨明け

今年は例年より少し早い感じだろうか?

3連休と同時の梅雨明けで、一気に夏モードというところ。梅雨終盤の豪雨で被害が出ている箇所もあるけれど。

自転車乗りにとっては、うっとうしい梅雨があけ乗れて嬉しい、のだが反面暑さとの戦いもあるのよね…。水分たくさん取らないといけなかったり、暑さで体力消耗したり。夏の街乗りはいかに汗をかかず、体力を使わずに目的地まで行くかを考える。

まぁ早い話がペダリングの力加減と、惰性をうまく使おうということなのだが。スピードを求めるあまりペダリングを頑張るとどうしても体温が上がって汗をかいたり、体力を使ってしまう。あくまで街乗りで、運動目的に乗るのでなければ楽な乗り方を考えたほうがいいかなと。


2種類の「怒られ慣れている人」

よく、怒られてたり注意されてもあまり落ち込まない人、立ち直りの早い人がいる。

ずっとめげていたりしない分、良いのだとは思うのだが、この「怒られ慣れている人」にも2種類いるように思う。

一つは、「怒られたことを自分の中で考えて、次からの言動に反映させる」人と、もう一つは「単に怒られた事実をスルーするだけで、何も自分へフィードバックしない人」。

後者がかなり厄介で、早い話が何を言っても聞いてない人ってことになるのだけど、こちらの思いとは裏腹に何を言っても仕事のやり方が変わらなかったり、やって欲しいことをやってくれなかったり、同じようなミスを何度もしたりするケースが多い。

まったく理不尽なことで怒られるなら、それは気にしなくていいかもしれないけど、こういう人にはどう接して良いか悩む。自分で「怒られるのは慣れてるから」と豪語したりする人もいるのだが、単に自分の悪い点に気づかずにスルーしてるだけだったり。

何か言われたとき、何か物事が起きたときに、「自分へのフィードバック」ができる人になったほうが自分と周りの人にとって良い方向に進むと思うんだけどな。


意思疎通

前から分かっていたことをギリギリまで言わずに、締め切りその日になって「今日中ね」と指示を出されたり、さらにその指示が意味する作業の範囲とかが全く分からないものとか、どうもいろんなところから振り回されることが多い。

まぁ一般的に言われるのは、曖昧な指示を受けたらきちんとやる内容を確認しろってことだけど、本人が捕まらないし、聞いても「前回と同じでいいから」とか「とりあえずざっくりで」とか言われる始末。そしてどうにかこうにか経緯を人に聞いたり、意図を汲み取ったりして仕事をするわけだが…。

誰でもそうなのだが、自分だけ分かっているような感じで相手に何か言っても相手にはほとんど何も伝わらない。相手のほうから、いろいろ根掘り聞き出さないと意思の疎通ができない場合だとものすごく非効率だし、意志が伝わらなかったりすることが多いように感じる。

指示を出すことが多い立場の人は、自分の指示の出し方で部下がどれだけ困っているか、振り回されていると感じているかを分かって欲しい。そして作業効率を落としていることも。


もう一種類の個人名刺

先日届いた前田企画印刷さんに依頼した名刺と別に、もう一種類名刺がある。

先月のABC2010に参加するとき用に、時間が無かったので急いで作ったもの。前田印刷さんでは納期が間に合いそうに無かったので、アイボス名刺というサイトで作成。

ここはブラウザ上に自分でパーツを配置してレイアウトを変更することができるので、ある程度自分でデザインが浮かんでいる人はここでも良いかも。印刷も鮮明で良いほうなんじゃないかな。

2010-07-08 01.57.05_2

とりあえず2種類の名刺があるので、気分に応じて使い分けようかな。


スポンサーリンク