「 2010年07月 」一覧

WordPressへ移行するための環境を作ってみた

最近の再構築時のエラーに嫌気がさしてきたのでWordPressに本格的に乗り換えるべく調査も兼ねて実験用の環境を構築してみた。

WordPressは3.0日本語版を使い、まずはVirtualbox上のUbuntuで、MTからの記事のインポートを試す。MTからのインポートはパーマネントリンクの引き継ぎのためにかなり苦労するようだけど、

MovableTypeからWordPressに固定リンク込みで完璧に移行する方法 – ネットスクランダー

この記事を参考にして、MTからデータを吐き出してWPに食わせてみた。

すると、インポートされないエントリが大多数。インポートできたエントリであっても「タイトルなし」になったりと上手く行かず。

しばらく色々と調べて見た結果、吐き出したXMLがvalidでは無かったり、文字列中に不正な制御文字が入っているケースがあったりとパッと見た感じでは分からないエラーがあったようで、それをすべて修正してWPに食わせてみるとインポートはできた。

インポートについては、ほぼ問題をクリアしたので実際にレンタルサーバ上に環境を作ってみた。テーマやプラグインを色々インストールして、MTのこのブログと似たものにしてみようかと頑張った結果が、

http://www.swingingblue.net/wordpress/

↑コレ。

実験用なのでいきなり消すかも知れないし、エントリも更新しないかもしれないのでまだ(仮)というステータスだけど。

レンサバがCoreserverで、PHPがセーフモードで動作するという特殊環境のせいでかなり苦労することに…。ファイルやディレクトリのパーミッションを緩める必要があったりしてちょっとセキュリティ的にどうなのと思わなくもない。この辺りはググると先人のブログがヒットするのでそれを参考にさせて頂いた。

あとは負荷の高い時にどれだけレスポンスが出るかだけどそれはやってみないとわからないかもね。もう少しプラグインや使い勝手を実験してみて問題無さそうであれば、このMT側のURLをリダイレクトするようにして切り替えてもいいかも。


荷物続々 BROOKSの裾止めなど

昨日に引き続いてAmazonより荷物。

千葉の倉庫から一つだけ発送されたギガビット対応のHUB。

もう一つ佐川が持ってきたのは、自転車に乗るときのズボンの裾止め。BROOKS TROUSER STRAPという革製のもの。ちょうど今まで使っていたオーストリッチのゴムが伸びきって来ていたのと、スーツで乗ることが多いので見た目にも合うかなと思って。

今は天気が悪くてもうしばらくは自転車に乗れそうに無いけど…。


グラフィックカードとLANカード新調

1年前に購入したマザーボード付属のLANポート、買って一週間で1つが壊れ、そして先週もう一つがケーブルを挿しても全く認識しなくなった。

あと時を同じくして3~4年くらい使っているグラフィックカードも不安定になって、PC起動時の認識がおかしかったりというのもあって、両方新しく買い換えることにした。

LANカードはPCIの安いもの、グラフィックカードは玄人志向のATI HD5770のカード。

自宅は以前からデュアルモニタにしていたのだけど、今までは片方はRGB出力で繋いでいたのが、ようやく両方ともDVIで繋がるようになった。HDMIとかDisplayPortはモニタが対応していないので無縁だけど。

特に3Dのゲームをすることもないので、あまり速くなったとかそういうのも分からず。


Galaxy Sを注文したのだが…。英国のSIMロック品かも?

英国のCloveという業者からGalaxy Sをオーダーしたのだが、こんなメールが。

Dear xxxxxxxx

We apologise for contacting you regarding your recent Clove Technology order. It has however recently come to our attention that some of the Samsung Galaxy S i9000 we have shipped are locked to the Orange UK network.

Your purchase has been identified as one of the possible orders which may have incorrectly received an Orange UK locked version of the Samsung Galaxy S i9000.

Due to this we ask that when you receive your order you contact us with the IMEI number (which is stated on the box), so that we can verify if it is one of the incorrect Orange UK locked versions.

In the event that you have received one of the Orange UK locked versions of the Samsung Galaxy S i9000 we will provide a returns form so that this device can be returned to us.

We ask that you don’t open the box containing the device and that you return it in a sealed condition. If however it has already been opened please enclose all documentation and accessories within the original box.

If you have any questions please contact us and we will be happy to assist.

意訳すると

  • 発送したGalaxy Sの中に、英国のOrange NetworkのSIMロックがかかってるものが含まれている
  • まずはSIMロック品かどうか確認するので、到着したら箱を開けずにIMEIをCloveへ送れ
  • もしSIMロック品なら返送。箱をすでに開けてしまってる場合はアクセサリーなどを全て元に戻すこと

…ということらしい。

荷物自体は今、大阪で通関待ち。届いても開けられないのね…。

あと仮に返送とかなると英語でやりとりとか海外へ荷物発送とか面倒なことが一気に増えそうな予感。


Android Bazaar and Conference 2010 Springに行ってきた

すでにニュースサイトにも記事が上がっているけど。

当日は受付から驚き。

会場に行ったら長蛇の列で、こんなに集まるのか!と。受付を済ませてA会場に入ると、視界のあちこちにDesire、Xperia、HT-03AなどのAndroid端末が目に入ってくる。

街中を歩いていてもiPhoneばかりが目に入るけど、ここでは一生分のAndroid端末を見たんじゃないかというくらいの数、ちなみに私はiPhoneだったけど。

【丸山先生の基調講演】

Androidの伸びと可能性についてのお話。携帯電話の普及の伸びとインターネット接続環境との伸び率が違う、というグラフは興味深かった。携帯電話は普及していてもネットに繋がっているのかは別の話ということ。

トラフィック増は避けられないが、ネットを流れるデータはどんとんリッチになっていく。それはすなわち様々なパラダイムシフトのきっかけになるだろうとのこと。

【Googleの基調講演】

Froyoについての紹介。講演の中で時期バージョンをGingerBreadと言っていたけど、この名称は正式に決まったんだっけ…。

CTS通過済みのGoogleが正規に認めているデバイスは、一日あたり16万台販売されている。一日で、か…。海外はローエンドからハイエンドまで選択肢が広いというのもあるのだろうが、確実にAndroidデバイスは広まっている。

【バザール会場】

Alexは電子ペーパーの表示が綺麗で、アプリから制御できるというのがとても面白そう。

シャープのIS01、Lynx、開発機のJN-DK1などのデバイスが触れるコーナーには人だかり。シャープの企画、開発担当者が直接質問に答えてくれるのもあって注目度は高かったな。

あとはちょうど注目を集めていたAndroidミニ四駆とか…

droid人形だったり…

セッションの間の休憩時間はいつもこれくらいの人だかり。

【ドコモさんの講演】

スマートとは何か?という掴みから、いまのドコモの施策を自己批判するような内容が多く、現場の感触が、さまざまなしがらみでドコモとしての方針に反映されない現状が垣間見えた。

【KDDIさんの講演】

auのスマートフォン戦略について、反省をしつつこれからのロードマップを。

Androidが出てきてしばらくはキャリアの中でも様子見というか、何か可能性を感じて一気に立ち上げということは無く一人で調査を開始したなどスロースタートだったようだ。

そういうauがIS01を出すと言うことで、「事前のフィーバックが良くて発注量を倍にした」というフレーズが飛び出す。

【シャープさんの講演】

個人的にはベストセッション。

IS01はLinuxザウルスを開発していた人が関わっているということ、そしてAndroidのようなオープンソースに対する捉え方もザウルス時代に培われていたということ。

普段、商品発売時にニュースサイトに載る「開発者インタビュー」は企画や広報担当が出てくることが多くて、本当に現場で開発していた人が自分の言葉で話すことは珍しいのではないか。

話を聞いている感じだと、シャープは結構本気で、Androidをやりそうな気がする。おそらくAndroidの文化とフィーチャーフォンの文化とをどう混ぜていくかが一つ注目すべきポイントかも。

【地方LT】

なぜか西日本の支部ばかりのLT。

どの支部も面白そうなことをやっていて、活動も活発みたい。地方は交通の壁があるなぁ…と思いつつ、どうやったら地方支部の活動がスムーズにかつある程度の盛り上がりを持って進められるかと考えたり。

【LT】

カーレースのロガーのデバッグで実際にレースで走ってみたりってのが面白かった。まだ未完成のようだけど、センサーと結びつけるのはAndroidは比較的得意なはずなので、こういう過酷な条件で動くデバイスがあってもいいかも。

【懇親会】

福岡支部長のしかじろうさんに付いて行く形で、運営スタッフの皆さんの懇親会にお邪魔してました。

よく名前を見かける方とも挨拶できたり、各支部の話に耳を傾けたり。ただ誰が誰なのかよく分からず私もネットでは顔を出してないので分からず、お話しできなかった人も…。

学生部の皆さんが裏方で頑張ってました。若い力っていいなぁ。

【感想】

はっきりと言葉では言い表せないけど、収穫の多いイベントで参加して良かった。

セッションも私が聞いていない裏番組もかなり盛り上がったようだし、これだけのイベントを企画、運営したスタッフの方々には感謝の一言。

Androidの裾野は、エンジニアやデザイナー系の人を中心に広まっている感じ。コンシューマ向けにはまだまだこれからかなという印象。ただデバイスがたくさん出てきてそれぞれUIなどをコンシューマ向けに作れば、それなりの台数は売れそうな予感。

あと、個人的にはtwitterでフォローしている方と何名か会って話ができたのが収穫。人が多くてけっきょく分からずじまいだった方も多いのだけど…。またこれは次の機会とかにリベンジしたい。


スポンサーリンク