「 2010年09月 」一覧

愛社されている企業、愛社されていない企業

愛社されている企業、愛社されていない企業 主要133社ランキング|年収、給料、評判、企業クチコミ情報キャリコネ

ワーストの会社に見覚えのある社名が…さもありなん。

給与や労働時間がそれほど良くなくても、仕事内容にやりがいが持てたり今後の自分のステップアップになりそうな職場なら満足度は高そう。

逆に社員を駒扱いにし、自転車操業的に目の前の条件の悪い仕事をひたすら取ってやっていくような会社は、総じて給与も高くないし頑張っても報われないし自分のステップアップにもなりにくい。

まぁその会社の中でも部門や職種によってまたさらに違ったりするんだろうけど、会社の仕事で自分が成長しないと思ったら辞めるか、社外に活路を見出した方が良い。

おそらくSIerはこれからどんどん厳しいことになっていくはずで、大量採用して人月単価で稼いでいた手法が使えなくなってきているし、その頃に採用した人員が余っているし、さらに技術を持っているわけでもないので新しいことにも取り組めない。その上、単価競争に巻き込まれて給料が増えずに、無理な案件受注でのデスマーチが待つ。SIerだけで見れば市場の適正規模にあってないのかもね…。正確には「仕事のちゃんとできる人材」は足りてないけど「箸にも棒にもかからない」人は余ってる感じだろうか。


実家ストレス

twitterを眺めていて、”実家ストレス”って言葉があるんだなぁ、と。

実家に住んでいてストレスを感じる人、実家に帰ってきたときにストレスを感じる人などパターンはあるようだけど、同じような境遇の人が多いな。

毎日のようにヒステリックを起こす母親と同居するのもかなり精神的に参ってきた…。その原因は父親なんだがこっちも曲者で。家族的にはほとんど崩壊していて、あとは経済的事情とかそんな感じで同居してるようなもの。

私が出ることで、私は精神的にはマシになるかもだけど、実家がよけい荒れそうだしな。いろいろ考えるけど難しい。


休日出勤

この3連休、土曜と月曜は出勤。夕方から深夜にかけて仕事して、ある程度目的は達成できたと思う。

チームによっては3連休フルに仕事していたところもあるし、何か死んだような社内の空気だった。

開発サイクルの中では、いつもの事と言えばそうなのだけど毎回の無理な予算とスケジュールで作業をやることになると気分も萎える。仕様が決まらないのも相手側からAPIが提供されないのも、品質の悪いコードが出てくるのも、いつも誰かがそれの尻ぬぐいをしないといけないしね…。

製品が世に出る時は華々しいかもしれないけど、現場は出荷を喜ぶような雰囲気では無いし。


イオンモール福岡ルクルに行ってみた

西鉄の天神駅でリニューアルオープンという広告が至るところにあったので、行ってみた。一人で。

こういう郊外型の巨大複合ショッピングモールというものに、テレビなどでは見たことあるけど実際に足を運んだことはなかったので、社会見学も兼ねて天神からバスに揺られて。

行ってみると確かに車が多い。バスで来る人は割合からするとほんの少しかな。

3連休の真ん中だからか、人はすごく多かった。子供連れ、恋人同士が客層のメインかな…。

ショップはほとんどが女性向けファッションで個人的にはあまり見るところもなく。ただ確かにここにくればだいたいの買い物とちょっとした娯楽には困らないかもなぁとは思った。博多・天神まで出るには距離がある地区の人ならこういう所にちょっと車を出して来るという気持ちも分からないでは無いかも。あと中高生で近くに住んでたら学校帰りとか休日とか足繁く行ってそう。

あと売り場として家電や電気製品が弱そうだったけど、おそらく近くにヤマダ電機とかあの手の量販店があるのだろう。

どの商業施設もそうだけど、女性向けファッションしかお金を落としてくれる売り物がないんだろうか…売り場構成を見てると。海外だとどうなんだろう、あんなに各世代の女性が次々に新しい服やアクセサリーを買っていく文化があるんだろうかね。

満杯の駐車場を見ながら、家族ができるとこういうところに来るようになるんかなぁ…と思ったり。


IS01のメール不具合と開発現場

au初のAndroid端末「IS01」が販売停止 メール不具合で – ITmedia News

auの公式アナウンス

スマートブック「IS01」のメール送信不具合について | 2010年 | KDDI株式会社

によれば、アドレス帳や送信元のメールアドレスにカンマが含まれていた場合に、正しい宛先にメールが送られないらしい。

「,」の前の文字列、及び、「,」の後の文字列が「電話帳」の「名前」に登録されていない場合、その文字列に “@ezweb.ne.jp” のドメインを付与し、メールが送信されます。

おそらくこの勝手にezwebのドメインを付けて送る、という親切機能が今回アダになっているように見える。

まぁ、なんでCSVでも無いのに内部のデータ形式でカンマの有無によって処理が変わってしまうのだろう…という謎はあるのだけど。詳細は元々のメールアプリの作りを見てみないと分からないけど。

メール機能の停止、端末の販売停止に対して批判があるようだけど、意図しない相手にメールが送信される可能性がある以上、メール機能の停止はキャリアとしては正しい判断だと思う。買ったユーザーの中には今回の不具合発生を知らないままのユーザーがいるだろうし、メールの誤送信によって損害賠償請求を起こされる可能性があることを考えると止めるしかないと思う…。

開発者の視点で見ると…

なんでこんなバグが見過ごされたのか、携帯電話開発は人海戦術でテスターが日夜叩いているはずなのにね…。たしかにメーカーのテスターチームが存在するので、開発側はどうしても「作ってちょっと動かしてリリース」というやり方になりがちではある。

だいたいは最初から破綻しているスケジュールと人員で追加機能対応をやらされて、レビューや単体結合テストをろくにやらないままリリースし、実際のテストはテスター任せという現場がけっこう多いはず。テスターも仕様書から起こしたテスト、ある程度のパターン網羅とランダムテストは実施するものの、今回のような「カンマ入り」まではやってなかったのだろうね。

色々と開発現場の限界が見え隠れするような、そんな事案な気もする。下請けに対する予算はどんどん削られる一方で作業は増えるばかりだから。


買った本(Android Hacks,ASCII.technologies)

久しぶりに書店に行った。

荷物をあまり持てなかったし、読む時間もしばらくは取れそうにないのでとりあえずこの2冊。

Android Hacks ―プロが教えるテクニック & ツール
Android Hacks ―プロが教えるテクニック & ツール 株式会社ブリリアントサービス

おすすめ平均
starsAndroidの開発者は必読の一冊
stars本格的な開発に必須

Amazonで詳しく見る by G-Tools

目次を見て、知ってるHacksも多いなぁと思って躊躇ったのだけどいくつかは知らなかったことが書いてあったので購入。

ASCII.technologies (アスキードットテクノロジーズ) 2010年 10月号 [雑誌]
ASCII.technologies (アスキードットテクノロジーズ) 2010年 10月号 [雑誌]
おすすめ平均
stars木本雅彦氏の連載小説の第2回目。その他の記事もいいです

Amazonで詳しく見る by G-Tools

先端技術をけっこう詳細に書いてある数少ない雑誌。

特集をみて、久しぶりに自分の中のネットワーク系の知識もアップデートしておきたかったのと、USB3.0も興味あるし、まだ読んでいないけど読むのが楽しみ。


持ちバグ0件日

持ちバグをたくさん抱えたまま連休に突入することになってしまった。

幸いなのは、直し方も検討がつかないのが少なく、少し時間さえあれば片付きそうなものがほとんどだということ。

連休の間に新たにバグが起票されなければ、ほぼ押さえ込めそうな感じではある。

製品開発の終盤恒例の、休出してバグを潰して「持ちバグ0件日」のマイルストーンを迎えないといけないのは辛い。平行してテスターによるテストも続いているので、修正とバグ発見とのせめぎ合いになる。

Androidのクセとも相まってUI担当のメンバーはかなり苦労している模様。乗り切れるかな…。


バグ改修における考慮漏れ

プロジェクトのスケジュールが前倒しになった上に、メンバーが少し予定外の作業に取られていて不具合の改修が滞ってしまっている。

私が解析や改修のフォローを入れてはいるのだけど、それも多プロジェクトのレビューやメール対応や不具合解析や雑用が盛りだくさんで、同時進行で作業すると一杯一杯になってしまう。

どちらのプロジェクトも今月末が重要なマイルストーンなので、作業日程をどちらか後回し…という手も使えず。

目一杯残業するのと、休日出勤で片付けていくしか無いんだろうかね…。

今出ているバグのほとんどは、コーディング時やバグ対応をしたときの周辺考慮漏れ。動作パターンの洗い出しが漏れている、バグ改修したときの類似ルートの修正が漏れている、組み合わせで試験するとバグが見つかると言った感じ。メンバーが自分で設計して作った処理であっても考慮が漏れるとなると、なかなかどうしていいものやら。バグ対応だと、その発生パターンにしか目が行かない感じなんだろうな…。

修正したいメソッドの呼出元は何カ所あって、それはどういう処理なのかそれぞれの処理ルートから検証して、本当にそのコードを修正して影響が無いのかを考えたりって、ちょっとgrepしたりEclipseならメソッド呼出検索なんてすぐできるしなぁ。


無茶振りを死んでもやるのが良い下請け?

今度の土曜日と来週の祝日は出勤になりそうだ。

客先から出勤要請が出ていて、要はスケジュールを前倒ししたいから休み無く仕事しろという話のようだ。

ふつうは無茶な話だとなるのだが、そうは言っても、今後の仕事を減らされては困る、とうちの会社もそれを受け入れて「みんなで頑張って乗り切りましょう」みたいな話になっている。

大口のお得意様だし、最終的に良い物を作りあげたいという気持ちはあるのだけど…。無茶振りを会社挙げてやってくれる下請けが(メーカーにとっての)良い下請け、っていう構図を地でいっている現場じゃないかと思う。何年にも渡っていくつものバージョンを作っても、次回のハードルが上がるばかりの楽になることのないプロジェクト。

これが数年前のうちの会社だと休日出勤分とかサビ残で全部やってたんだろうなぁ。


通院(1ヶ月目)

怪我からほぼ1ヶ月目の通院。

今日もレントゲンを撮り、経過を観察。ヒビの入った箇所は順調に骨が固まって来ていて、もう肘をある程度動かしても骨への悪影響は無いだろうとのこと。

今日からは肘の曲げ伸ばしは負荷をある程度かけて行ってよく、特に曲げ伸ばしは意識して十分伸ばす、曲げるようにしなさいと。骨が完全に固まる前に、怪我の前と同じ肘の可動域を確保する必要があるため、らしい。

あまり力を入れない状態での肘の可動域はほとんど怪我前と同じくらいに戻って来ていて、少し肘が張る感じが残っているのでそこが落ち着けばかなり良い感じにはなりそう。

ただ、両手で顔を洗うような動きをすると肘に負担がかかるのか、ズキッとした痛みがまだ走る。肘を曲げた状態で腕に力が入るとまだ痛む動作がある。これが治るのかどうかだな…。今のところ痛みをはっきり感じるケースはこの動作くらいではあるのだが。

まだ手を突くような動作(床に手をついて立ち上がるとか、転倒してとっさに、とか)は肘に負担がかかりすぎて症状が悪化するので控えるように言われているので、この辺りと肘の痛みが関係あるのかもしれない。

次回の通院は2週間後、最後にもう一度レントゲンを撮って骨の状態を確認して一連の処置は終了、の予定。その時まで痛みが残らなければいいけど。

この一ヶ月、1週間経つごとに痛みが減り、曲がらなかった肘が少しずつ曲がるようになり、腕に力が入ってくるようになり、と回復の感触をはっきりと感じてきた。特に曲がらなかった肘がほぼ元のように曲がるようになったのは嬉しいし、先週まで痛みが走った動作が大丈夫になっていたりと変化を感じる。

とりあえずあと2週間は無茶をせず、肘の回復に努めたい。


スポンサーリンク