「 2010年10月 」一覧

部屋の掃除

雨で出かけられない休日なので、久しぶりに部屋の掃除などを。

相変わらず部屋の大部分を占めているのが書籍と雑誌。もう使わなさそうな技術書などは処分したりしているのだけど、それでもかなり多い。

あとはよく分からない小物系など、どこかでの貰い物だったり、そのときは使うだろうと思って買ったものだったり。

物を減らしていくには、買わない、今ある物は使い切る、使わない物は捨てる、しか無いんだよなぁ。買うという行為は簡単だけど、それを簡単に捨てたりするのは結構抵抗がある。

物が増えるような買い物はこの頃控えているので変に増えることは無いのであとは使えそうな物を使ったりして消費していくかな。


散髪

1ヶ月ぶり。

前回の切り方が良くなかったのか、横と後ろがやたらにボリュームが出てくるような髪の伸びかたをしてしまい、どうもアンバランスだったのもあって。

今回は後ろと横はいつもより多めに梳いてもらい、あとは普段どおり伸びた分だけ切る感じ。


flickr APIでJSON形式をJavascript以外から使うとき

FlickrのAPIを使って少し遊んでいるのだけど、JSON形式で結果を受け取ると、

[cc lang=”Javascript”]jsonFlickrApi({…});[/cc]

というのがついて来る。これはFlickr APIのドキュメントにもちゃんと書かれているのだけど、ちょっとだけハマった。

この形式はJavascript向けには最適化されているのだろうけど、JavaなどでJSONを扱う場合はこのままだとパースエラーになってしまう。なので、明示的にString.replace()とか使って削除してからJSONのデータを取り出さないといけない。

これFlickr APIでリクエスト投げるときにオプションで切り替えられたらいいのになぁ。


ドコモ版Galaxy S発売

docomo版Galaxy Sが発売になりましたね。

5万台以上の予約が入っているとかいうニュースも見ました。おそらく最近の携帯電話(フィーチャーフォン含む)の中では期待度はかなり高いんじゃないでしょうか。

でもちょっと驚いたのが、あっさりとrootを取られていること。今まで国際版で使えていたroot化ツールがそのまま動くようで。ドコモはこのあたり許容したのかなぁ。電子書籍サービスなども始めるようだけど、セキュアコンテンツの保護はまた別の仕組みでやってるのかな。

あと、ドコモ版はプチフリは無い印象なので、LagFix系は入れなくてもいいんじゃないのかなーとか思ったり。私はカスタムROM周りは素人なので、あえて入れる意味があるのかもしれないですけどね…。

国内版のAndroidスマートフォンは「日本人向け」に傾いているので、フィーチャーフォンの流れを汲む端末が欲しいか、シンプルな海外モデルベースの端末が欲しいか、ユーザーの指向がこれから見えてくるかも。


OMAP4搭載で$179の”Pandaboard”

Pandaboard

PandaBoard OMAP4 developer board on sale for $174 [Video] – SlashGear

オープンハードウェアには、動物の名前+”board”が付くのが慣例になったのだろう。

BeagleBoard、LeopardBoardときて、今度はPandaBoardらしい。

スペックをざっと見てみると、Cortex-A9のSMPコア、HDMI、Wifi、Bluetoothあたりが注目点かな。WifiとBluetoothが標準で載ってるのは良いかもなぁ。

ただこれもBeagleBoardなどと同様に普通の人が買っても楽しみ方が難しい。Androidをインストールして動いたところ止まりになりそう。もっとスキルのある人ならUSBで色々つなげて遊ぶとか、ハードウェアを拡張して、とかなるんだろうけど。

値段は$179なので、今の円高なら送料別で15000円前後で買える。BeagleBoardと同じく販売はDigiKeyがやってるので誰か買って見せてくれないかな…。


Androidのアイコンについての参考サイト

昨日の続きで、Android用アイコンで便利そうなサイトがいくつかあったのでメモ。

Icon Design Guidelines, Android 2.0 | Android Developers
Google公式のアイコン作成ガイドライン。よく読むとけっこう細かく指定があるみたいね…。

350+ Fresh And Elegant Free Icons For Android – Ntt.cc
様々なアイコン配布サイトを紹介しているブログ記事。

Android UI Icon | pixel-arms
こちらはシステムアイコンを一覧にしたもの。



儀式的なマイルストーンに縛られる

「バグゼロの日」

この日までに摘出されたバグを全て修正必要があるマイルストーン。

でも、当日になってもテスターはテストを続けているし、特にテスト完了というわけでもない中での「バグゼロの日」。

バグがゼロになれば手段は比較的問わず、軽微なバグは修正せずに「そのまま出荷」の判断で消化されることも。

また、「バグゼロの日」のその1日だけ管理数値上のバグが”0件”になっていれば良いらしい。どうも、どこかのウォーターフォール的な工程完了の条件に「バグ0件」があるようだ。プロジェクトのある瞬間だけ、形式的に件数が0となっていれば良いなんて、ほとんど儀式と化していてはいるのだが、それでも開発現場にはプレッシャーがかけられる。直せるものは徹夜・土日出勤してでも直せと。

よく分からないマイルストーンだけど、なんかそれが近いらしい。なので意味があってもなくても忙しくなりそうだ。


第16回博多灯明ウォッチング

第16回博多灯明ウォッチング

リバレインのところを通りかかったら、灯明が並んでいて、和太鼓の演奏をやっていた。

博多灯明ウォッチングというイベントらしい。

最初は御供所・冷泉ライトアップウォーク2010かと思ったけど、確かあれは11月だったよなぁと思って調べてみたら別のイベントだった。

昔は一緒に開催していたような。写真撮りに行ったことあるから…。

暗いところでの写真はちゃんとデジカメで撮らないと綺麗に写らないな。


SAMSUNG GALAXY BLOGGERS NIGHT IN FUKUOKAレポート(その2)

さて、前回のエントリ、”SAMSUNG GALAXY BLOGGERS NIGHT IN FUKUOKAに行ってきた – きままな日記帳“は少し駆け足すぎたのでもう少しだけ掘り下げます。

まずはGalaxy S

・TV Outなし
・インカメラなし
・プチフリなし

デフォルトでプチフリなしが大きいでしょうか。

これは国際版を持っている人だけが影響すると言えばそうなんですが…。日本品質を目指すならプチフリはdocomoとしても許容できないでしょうし、おそらくきちんと対策をしたのでしょう。仮にこういうプチフリがこれが国内メーカー端末なら「直さない限り出荷しない」とかキャリアから言われるレベルだと思います。

その代わりと言っては、TV Outとインカメラが国際版から無くなっています。「docomoとサムスンの協議の結果で機能を外した」とのことです。

TV出力機能は、シャープ製のIS05のようにHDMI端子をわざわざ付ける端末も出てくる予定の中であえて国際版に付いていたのを外したのが気になります。コスト面なのか、ユーザーニーズの問題なのか…。

インカメラも、自分撮りのニーズはありそうですけどね。なぜ外したのかは分かりませんがちょっと勿体ない感じもします。

動作のサクサク感は、国内メーカーのAndroid端末には無い感じです。国内メーカー製は独自プロセスが大量に常駐していたり、視覚効果をゴテゴテ入れたりしてるのでそれで遅く感じるのかもしれません。Galaxyは余計な動作が無い感覚でシンプルな気がします。見栄えと操作感のバランスが大事ですね。

DSCF1678
左がdocomo版、右が私所有の国際版。

2010-10-22 20.43.33
裏側。国際版とはロゴなどが違います。

そしてGalaxy Tab

・プチフリなし
・WSVGA(1024×600)
・7インチ
・Wifiモデルの発売予定なし
・バッテリー交換不可(未確認)
・日本語フォントが残念
・良くも悪くも「大きなGalaxy S」

Galaxy Sに比べて、こちらはTV出力があるようです。少なくとも設定メニューにはありました。また質疑応答でも映像出力系のアクセサリーの販売を検討中とのコメントもあったので、iPadのようにプロジェクターに繋いでプレゼン、ということもできるはずです。

触った人の中では、Wifiモデルが欲しい…という声が多かったですね。デバイスごとに回線契約をやるとコストもかかるので、モバイルWifiルータでまとめて使いたいという希望もあるでしょう。ただ国内モデルはdocomoが絡んでいる以上、回線契約なしでの販売は「ない」とのこと。まぁそうですよね。

あとバッテリー交換は不可のようです。4000mAのバッテリーを搭載しているようですが、たしかに裏ブタが空くような機構も無さそうでしたし、SIMとSDのスロットは本体横についていたので交換はユーザー個人では無理(修理扱い?)のようです。

持った感触は男性の手なら片手で掴めます。片手で操作は無理ですが。あと、Galaxy Sと違ってHOMEキーがハードウェアボタンではなくてタッチ式です。重さは普通に持つには気になりません。ただ、寝っ転がって上向きに持つと少し辛いかも。

動作はキビキビしていました。解像度が大きい分、処理落ちするのでは無いかと思ったのですがスクロールや描画も問題ありません。大画面のSuper AMOLED液晶なので、キレイさはありますね。

細かい点では、アプリランチャーのページ繰りが終端でループするようになってました。Galaxy Sで同じかどうかは確認してませんが、地味に便利かも。国際版Galaxy Sでは載っていないので少し欲しい機能でした。

フォントについてはdroidfontっぽい標準のものにポップ系のフォントがいくつかついてきます。フォントについては「マーケットで探す」というボタンがあったので、もしかすると日本語フォントもマーケットで入手できるようになるかもしれません。ただデフォルトフォントに関しては、KDDIのようにモリサワを使うなどのアドバンテージが欲しかった所です。

他のタブレットデバイスもそうですが、現状のAndroidでは広い解像度でもUIは変わりません。Galaxy Tabも見方によっては「Galaxy Sが大きくなっただけ」とも言えます。Androidも今後のバージョンでタブレットに合うUIなども入ってくるようですが、もう少し大画面向けのUIが欲しいのも事実です。Galaxy TabがFroyo以降でもバージョンアップ対応してくれれば、長く使えるデバイスになりそうですが、どこまで対応してくれるのでしょうね…。

7インチというサイズもカバンの中に入れたりしてもかさばらないですが、例えば簡易プレゼンなんかで2人以上で画面を見る場合には少し小ささを感じます。ビジネスや業務用途では10インチくらいのほうが適している場面も多いのではと思います。7インチは片手で持てて良いですが動画を見たり、Webを見るにはちょっと小さいかも…と思うことも出てきそうです。

2010-10-22 20.38.45
片手で操作はさすがに無理。ただ片手で掴んでホールドすることはできます。

DSCF1679
同時タッチの認識は5カ所まで。

2010-10-22 20.46.55
Galaxy Tab、Galaxy S、そしてiPadとの大きさ比較。Galaxy TabはiPadのちょうど半分の大きさ。おまけとして、画面が点灯してないデバイスは、DELLのSteakです。

2010-10-22 18.47.36
Galaxy Tabの裏側。ツヤあり。docomoとSamsungのロゴが並んでます。色はホワイトだけのようです。もし黒なら指紋が大変でしょうね…。

2010-10-22 18.50.35
Google Mapのスクロールもスムーズ。

2010-10-22 18.44.42
カーネルバージョン、ビルド番号など。通常版でも”root”って出るんでしたっけ…?

2010-10-22 18.42.45
7インチのビューファインダー。カメラの画素数は300万画素とそれほど高くはないですが、とりあえず撮影はできます。

2010-10-22 18.42.02
ランチャーメニュー。ドコモマーケットのアプリもすでにインストール済み。

DSCF1667
Galaxy Tabの画面サイズなら横画面でメール見るにはいいかもしれません。

2010-10-23 02.09.13
イベントでもらったノベルティ。

2010-10-23 02.09.37
じゃんけん大会での賞品の一つ、ミヤビックスのGalaxy S用液晶保護シート。じゃんけん大会で負けてしょんぼりしていたら優しい方に頂きました。国際版でもたぶん使えるはず…。


スポンサーリンク