「 2011年04月 」一覧

買った本(Inkscape、デジキャパ)

この頃はとても忙しいので、新しく本を買うつもりはなかったんだけど…。

Inkscapeマスターテクニック 【無料グラフィックソフト「インクスケープ」を極める】 (100%ムックシリーズ)
Inkscapeマスターテクニック 【無料グラフィックソフト「インクスケープ」を極める】 (100%ムックシリーズ)
晋遊舎 2011-03-28
売り上げランキング : 4600

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Inkscapeの本ってあまりないのよね…。

デジキャパ ! 2011年 04月号 [雑誌]
デジキャパ ! 2011年 04月号 [雑誌]
学研マーケティング 2011-03-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

季節も良くなってきたので、久しぶりに写真の趣味でも。


決定者不在のプロジェクト

今日も出勤。

これほどよくわからないプロジェクトも初めてかもしれない。

自分たちがどこからどういう契約で受注しているのか、それがよく分からなくなるくらいの相手先の多さと力関係の分からなさ。

誰が仕様の決定権を持っているのか、誰が一番強いのかもよくわからないし…。

毎日各所へいろんな資料を提出するために割り込み作業が頻発して仕事にならないし、それでもスケジュールはマイルストーンに向かってるしねぇ。

それぞれの立場が自分の「作りたい仕様」を持ち出すのはいいけど、誰か責任ある人がまとめて欲しいのだが。

けっきょくしわ寄せは開発企業に来るのよね。うちの初動が少し悪かったのもあるかもしれないが…。


ステークホルダーの多いプロジェクト

とりあえずコアメンバーで今週中に基本設計までなんとか終わらせることに。

かなり頑張らないといけないのでどうなることか…。

今回のプロジェクトはステークホルダーがとても多く、また関係も複雑で外部からの指示系統も複数あるような状態。レビュー依頼や電話会議、質問票が飛び交っていてカオス。

発注元の親玉が超強力な会社なので誰もスケジュールに無理があるとは言えず、とにかく作業しているけどアウトプットの質はそれほど高く無いし、単にマイルストーンに追われてるだけでどの関係企業もちゃんと進捗してるところは無いんじゃ無いだろうか。

相変わらず即日対応とか、今すぐネタを出せとかそんな話が一日ひとつは発生するし、私とほか数名が頑張ったところでどうにもならないんじゃないかと思い始めている。

受領している仕様書も位置づけの分からないものもけっこうあるし、本当にどれをインプットの資料として見て良いのかも…。


割り込み

プロジェクトは未だに混乱中。

外野からの即日対応の割り込み作業がいろいろ入るし、目的のよく分からない打ち合わせとかで一日が終わってしまう。

だいたいの整理しなければならないこと、作っておくべき資料の方向性はできてきたけど、他の割り込みであまり進んでない。これは危険な流れだね。


買った本(クーリエジャポン、要求を仕様化する技術、ASCII .technologies)

久しぶりに天神へ出掛けて、ジュンク堂でゆっくり買い物。

ASCII.technologies (アスキードットテクノロジーズ) 2011年 05月号 [雑誌] ASCII.technologies (アスキードットテクノロジーズ) 2011年 05月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス 2011-03-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

表紙に載っている、ストレージもIPv6も、IBMのスパコンの話もどれも面白そうだったので。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 05月号 [雑誌] COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 05月号 [雑誌]

講談社 2011-03-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

このところ買い出したクーリエジャポン。最新号は急きょ震災特集に差し替えたらしい。

[改訂第2版] [入門+実践]要求を仕様化する技術・表現する技術 -仕様が書けていますか? [改訂第2版] [入門+実践]要求を仕様化する技術・表現する技術 -仕様が書けていますか?
清水 吉男

技術評論社 2010-05-01
売り上げランキング : 64947

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今やっている作業が上流工程なので。

今までの仕事は、受託である程度仕様が降りてきていたのを実装検討、詳細設計して作ればなんとかなるものが多かった。仕様がはっきりしてないものでも、客先との質問票などでなんとかなるレベルだったのだけど、今回の仕事は要求定義書を読んで要件整理をする必要があり、未経験では無いけれど正直なところあまり慣れていない。

この際なので、自分の今の作業とリンクさせていろいろ勉強するのが近道だろうということでこの本を。

著者は派生開発手法のXDDPを提唱している人。このブログにも以前、久しぶりにXDDPと派生開発について考えてみた - きままな日記帳という形で書いてた。

要求定義、要件定義、アーキテクチャ設計、機能設計などの作業をちょっと自分の頭の中で整理したい。


ドタバタ

横浜出張のときから仕事はけっこうドタバタしてて、帰りは遅いしグッタリしてすぐに寝てしまうしで、ここ数日更新が止まっておりました。

できるだけ、いつものペースに戻したいけど…。


新年度

新年度。

自分の周りの組織は多少のメンバの異動がある程度で特に昇任なども無く。

課としての中長期目標のようなものがあるけれど、今はそれより先に目の前のプロジェクトの作業がいろいろ切羽詰まってるので作業していかないと。

プロジェクトチームの体制が整って無く、指示系統も複数あるし作業の段取りも整理できていないところもあるし、早くどうにかしないと危ないと思う。プロジェクトチームを回せてない。

今年度もずっと忙しくなりそうだ。


スポンサーリンク