「 2011年11月 」一覧

買った本(jQuery、Rails入門本)

少しは時間ができるかと思ってjQUeryとRailsの入門書を買ってみたのだけど、公私ともども状況が悪化してグッタリな毎日。

Web周りもやっぱり一通り触って、軽くモノを作れるようになっておきたいのです。AndroidやっていてもWebと組み合わせたいと思うときもあるし、自分用のWebアプリ作りたいこともあるし。でも元の知識がほとんどないのでサクッと作ってってのができないのがもどかしい。

とりあえずこの2冊は同じ著者のものだけど、Amazonで評価も高かったしいちおう中身を書店で軽く見て買ってみた。とりあえず軽くかじっておきたいのが目的なので入門レベルから。

10日でおぼえる jQuery入門教室
山田 祥寛
翔泳社
売り上げランキング: 22728
Ruby on Rails 3 アプリケーションプログラミング
山田 祥寛
技術評論社
売り上げランキング: 4282

Androidアプリでも作りたい物はあるのだけど、手が動かないね…。ゲームしたりWeb眺めてたり現実逃避の行動に流れがち。


BenQ GL2450HMを買ってようやくHD生活へ

初めての16:9モニタを、安い割に評判の良さそうなBenQのGL2450HMを選んでみた。24インチ、Amazonで16,400円。

今まで4:3モニタしか使ったことが無く、さらに自室のテレビは未だにブラウン管ということもあってこれがHDデビュー。

今までプレステ3もブラウン管テレビに繋いでたので、このモニタにHDMIで繋いでようやく本来のPS3画質を知ったわ…。今さらながらGT5やっぱ綺麗だ、と思ったし。TorneやPCに付けている地デジチューナもようやく本領発揮している感じ。

PCモニタとしては、ちょっと明るすぎる感じなので調整して輝度を落とさないと目に厳しいかな、というくらいで、それ以外は今のところ不満点はほとんど無い。筐体横の各種切り替え、メニューボタンの押し具合が固めで音もそれなりにするのが気になるけど、全体的に値段を考えれば上出来ではなかろうか。Thinkpadの外部モニタとしてVGA入力でも自動調整すれば思ったより滲みも少ないし、VGA、DVI、HDMIとも特に大きな問題は無い。

WindowsをフルHDの解像度で使うと「ウインドウの最大化」をすることが少なくなるね。4:3の1280×1024だとブラウザも開発用のIDEもテキストエディタも最大化して使うことがほとんどだったけど、HDサイズだと最大化するとかえって慣れないので、他のウインドウを横に出しておく、というようにWindowsデスクトップの使い方も少し変えたほうがいいのかなぁ…と。

ということで自宅のデスクトップの風景が変わった。左がDELLの19インチ、右がGL2450HM。
2011-11-27 03.15.49

今まで右側にはNANAOのL565という17インチの液晶、かれこれ10年近く使ってきたのが鎮座していた。買った当時は9万円くらいしたような…まだCRT全盛で液晶が出始めたころだったからかなぁ。L565は今でもちゃんと使えているのだけど、HD/HDMI化に伴って引退してもらうことにした。処分はせず、どこかで一時的に使うかもしれないので保管。

BenQ 24型LCDワイドモニター GL2450HM BenQ 24型LCDワイドモニター GL2450HM

ベンキュージャパン 2011-10-14
売り上げランキング : 165

Amazonで詳しく見る by G-Tools


REGZA Phoneの不具合原因からいろいろ想像

ドコモ、「REGZA Phone T-01D」の通話・通信できない不具合の原因を発表 – ITmedia +D モバイル

バッテリー残量が5%以下に著しく低下した際、または初回電源投入時に通信できなくなる場合があるという。

あくまで想像であまり当たってる感じはしないけど、REGZA Phoneに限らず国産Android端末ならありそうなことを思い浮かべてみた。

初回電源投入時

端末初回起動時は、端末内の各アプリやモジュールが「初回起動時だけ」行う初期設定を走らせることが多い。

例えばアプリが自分で使うデータベースを初期化・生成したり、設定ファイルを作ったり初期データを作ったりなど。これらの各アプリ・モジュールの処理が初回起動時の起動直後に一気に走り出すので、端末は高負荷となり想定より初期化処理にかかる時間が長くなったりする。

そうすると、モノによっては異常と判断して初期化処理を中断してしまったり、ANR(Application Not Responding:応答なし)が発生して「強制終了」ボタンを押されたりして想定外のところで処理が中断されるケースが出てくる可能性がある。こうなると重要な初回起動時処理が正常に完了していない状態になるので、アプリやモジュールが異常動作したり、落ちたりするようになる。

リカバリ処理をきちんと実装していない物は、電源を入れ直しても中途半端な状態のままで起動してしまうので復旧することができない…。工場出荷時状態に戻すかショップ交換になったりする。

「初回起動時」しか動かないロジックにどこまで完璧なリカバリ処理を実装するか、となるとなかなか日の目を見ないところで、実装されなかったり、弱かったりする。

初回電源投入はショップ店員がやるから問題が出る(変なタイミングで電池抜かれるとか)ことは少ないだろうとか、一見データベースファイルなどが生成されているようにプログラム上から検知されるのだけど、データやファイルが壊れていて特定のアクセスをするとその時に落ちる、など「異常」のパターンが色々あってそれをチェックするのは意外と面倒だったりする。個人的にも、とても確率が低いながら設定ファイルが正常に作成・更新されないという市場不具合に当たったことがあり、調査したりなんだりやったな…。

初回電源投入は開発時でも良く行う(端末焼き換えして初回、は普通にやる)のでテストできないわけではなく、考えるとよほど確率の低いケースで不具合がでることはあると思うけど、このREGZA Phoneのように高確率で発生するとなると初期設定だけの問題では無いのかもしれない。

バッテリー残量が5%以下に低下した際

バッテリー残量が低下すると、動作を止めたり、起動しないようにする処理が入っているアプリやモジュールがある。「電池残量が少ないので充電してから起動してください」みたいに言われるアプリとか。プリインアプリには多いのではなかろうか。

これは突然の電池切れ(電源断)による予期しないタイミングでの終了を避けるためが多く、アプリによって5%だったり10%だったり20%だったりとリミット(閾値)が違ったりする。

「処理中の電池残量低下」でリミットを超えると、処理を止めて自分を終了したりするわけだけど、その時の終了のさせ方が悪かったりすると、上に書いた初回電源投入時のように中途半端な状態が残ったままになり二度と正常動作しなくなることがある。電源を入れなおしても現象が改善しない場合はだいたいこの「中途半端で終わってしまって次回起動時にリカバリできない」パターン。

そうでなければ、充電して電源を入れ直せば復帰するものも多いはず…。

あとは何もユーザーにメッセージを出さないまま、電池残量が少なくなったので起動を止めてしまう場合だと、ユーザーから見ると「よく分からないけど動かない、故障?」と思われる可能性はあるかも。

現場は

ともかく原因が分かって良かったね、というのと同時に、ドコモから相当きついクレームがメーカーに入ってるだろうことは想像に難くなく、中の人は眠れない日々だったんじゃないかと。販売停止レベルの不具合だと、ドコモにメーカー担当(偉い人も?)がずっと詰めててリアルタイムで状況報告上げないといけないとか、メーカーの現場(と下請け)もおそらく寝ずに調査と修正してるとかはありそう。

携帯開発やっていると、キャリアの人がバグを見つけるとメーカーに対してすぐに報告書と再発防止策、なぜテストで見つからなかったか、どんなテストをしたのか詳細に書いて提出しろ、みたいな話になりがちなので大きい不具合が起きた日には…。

個人的にもこういうケースは人ごとでは無かったりするので、気をつけないと。


UR入居

前の土曜日、Android Make Daysの日の午前中に鍵を受け取って入居した。

まぁといっても部屋には何も運び入れてないので何も無いのだが。

近くのスーパーやホームセンターで掃除道具といくつか生活雑貨を買ったのみ。家電も無いし、椅子も机も何もない。これから暇を見つけて。ガスだけは立ち会いが無いと開けられないのだけど、平日は会社の都合があるし週末も予定が立てづらいのでガスだけはまだ開けられていない。

急に寒くなってきたので、椅子・机と暖房器具は早めに揃えたいなぁというところ。まずは最低限の書斎になるように物を揃えたいけど、予算とかどういう色とかデザインので揃えるかノープラン。カーテンとかも布なのに高いな、とかネットでいろいろ目星を付けてる最中。

まずは生活というより書斎、セカンドルームとして機能するように整えるのが先だな…。


Android Make Days in 明星和楽に行ってきた

いやー、凄かった。

AndroidとMakeというテーマで福岡でイベントをやって、あれだけの人が来るってのが凄いし、スタッフの動き、会場の熱気を見ていて「あ、これ九州版ABCみたいだな」とも。

もちろん、ABCとは規模は違うけれどやってることはほぼ変わらない。講演あり、展示あり、LT、ハンズオンありのてんこ盛り。

開会/基調講演 日本Androidの会会長 丸山不二夫氏

2011-11-12 13.14.06
丸山先生の講演。いつものようにクラウドやApple、Amazonの話題など大きな範囲からの話題から始まってAndroidは後半で、のパターン。

ただ今のIT業界の潮流の中を見た上で、Androidの立ち位置、そしてAndroidが出来ることを知るには良い構成と思う。ほんとに、日々状況は進化、変化していってるなぁというのを、凝縮して聞くとよく分かる。

GClue 佐々木氏

Androidとガイガーカウンター

2011-11-12 14.04.56

震災以降、ガイガーカウンターを有志で作るっていうのがたくさん出てきたけれど、ADKがあるAndroidというプラットフォームはハードウェアとアプリを介してネット・クラウドに繋げることがやりやすいのがメリットということ。

それこそ、ハードの部分はアイデアやニーズ次第でバリエーションはたくさんあるだろうし、そこで収集したデータをWebサービスなどを使ってどう公開、集計したりするかというのもバリエーションはたくさんあると思うし。

2011-11-12 14.26.31

R246氏

モテるtwicca ~モテるアプリを作るための4つの心得

フリーであれだけの開発モチベーションを維持するには、使いやすいアプリにするにはどうするかってのが、ぷんぷくり~ん、なんて言いながらも要所要所で大事なこと言っていて、あぁやっぱり裏にはしっかりした考え方を持っているからだなぁと。

ブリリアントサービス 杉本氏

AndroidとNFCがなぜやばい?

個人的には「その発想は無かった」。

言われてみれば確かにその通りで、NFCを使ってのポイントシステム、さらに相互利用の仕組みを押さえてしまえばそれはすなわち「通貨」だよね、と。そこをビジネスとして押さえることができると…。

JuJu氏

フィジカル・コンピューティング~あと一歩のときの電子工作~

「どこのご家庭にもあるサーバw」を使ってのホームオートメーションの話…という建て前で、主にリモコンとの格闘の歴史のような話題に。

でも電子工作の知識は持ってて損は無いよなぁといつも思う。自分はソフト屋だけれどハードの知識があって回路設計とかできたらどんなに楽しくて可能性が広がっただろうかと思ったことは学生の頃から数知れず。コンピュータに出会うのがもっと遅かったらもしかすると電気系行ってたかもしれないし。

でも今の時代はそういう「電子工作やりたかった」層にマッチするArduinoとかが出てきているということだよね。ソフトを書いてそれで回路を制御できる、っていうソフト屋にも理想的な環境。だからもっと触って遊んで楽しみたいんだけど。

phytonicide氏

個人開発のすすめ~もうひとつの土曜日の過ごし方

twiccaのR246氏もそうだけど、やっぱり「使いやすいのが無かったから自分で作った」という動機がいちばん開発が長続きするし、使いやすいアプリに成長していくのかなぁという気もする。今でこそAndroidマーケットには国内、海外を問わずアプリが溢れていて色んなジャンルで「定番」のようなアプリが出てきているけど、それでもちょっと違う角度だったり少しニッチなものだとまだまだ「痒いところに手が届く」アプリが見当たらないのも実状かと。

そういう隙間と、自分自信のニーズがあうのなら、アプリを作って公開してみると良いのかも。ひょっとすると他の人も同じようにその部分を埋めるアプリを欲していたかもしれないし。

コンテスト発表

Android Make Daysの前日夕方から始まっていた24時間でアプリを作るコンテストの発表。

私自身はハンドベルのアプリが出てきた時点で、これが優勝かも…と思った。テーマ「愛」に多人数を巻き込んで力を合わせて合奏するというコンセプトはぴったり合っているし、アプリ側だけでなくサーバ側もどの音色がどれだけ選ばれてるかバランスを取るための機能を作り込んでいたりして芸が細かかったから。

他のアプリも限られた時間の中で発想(とネタ)を凝ったものが多くて非常に楽しめた。

展示ブース

どこからこんなに各企業さんを引っ張って来たんだろうと思うほど、モトローラやソニエリ、NECビックローブ、DeNa、KDDIなどが出展。

最初は人の集まりがどうかな?と思っていたら基調講演後には以下のように大盛況。
2011-11-12 13.57.56

Make系の展示ということでロボットもあれこれと。

こちらは前も一度ブログで紹介したロボット。
リモコンもAndroidデバイスで、ロボット側にもBeagleBoard+Android+制御基板でアームや付いているWebカメラの制御をしているもの。けっこう細かく、滑らかに動くんですよね…これ。
2011-11-12 12.49.19

こちらはAndroidの会神戸支部の出展。大きなほうのロボットは大阪からHTTPをロボットに直接飛ばして操縦しているんだそう。少し遅延はあるもののちゃんと動いてました。
2011-11-12 15.33.19

あとはMTMなど数々の出展実績のあるJuJuさんの展示。
いつもながら、動的に組み替えが出来るマトリクスLEDのデモはインパクトありますねぇ。
あと、レゴを基板の受けに使ったものも。聞くと「レゴの穴にちょうどLEDが上手い具合に入るから」だそう。なるほどー。
2011-11-12 12.39.28

その他

LTはほかのセッションを聞いていてほとんど見れていなかったけど、いろいろ面白いことをやっていたようで歓声とか笑い声がセッション会場にも聞こえてた。
2011-11-12 16.27.32

Arduinoの体験ハンズオンも2回に分けて実施もどちらも満席だった様子。少しでも興味持ってもらえるといいすね。そしてMake系に足を踏み入れ…みたいな。
2011-11-12 14.27.55

閉会

何ヶ月も前から準備、そして当日会場を忙しく動き回っていたスタッフの方々が勢揃い。私は何にもお手伝いできなかったけど、皆さんすごいよ、ほんとに。

スタッフ用のfabebookグループは本当にたまにしか見れなくて、当日会場に行くまでこんな規模のイベントだったとは思いもしなかったもの。設営もスケジュールも講師陣も出展者も本気レベルだったし、参加した人数も福岡のイベントの中では多い方だったんじゃないだろうか。会場行ってビックリしたもの。

2011-11-12 19.04.36

懇親会

2011-11-12 19.29.29

スタッフはもちろん、参加者の人もたくさん残って懇親会。こちらも大盛況でしたねぇ。

懇親会の最後まで残っていたら、zeemoteもらった。
2011-11-13 13.00.14

感想

よく鉄道マニアが電車に乗ったり写真撮ったりして「鉄分補給」なんて言ったりするけど、今回の場合はコミュニティのパワー「コミュ分補給」「開発意欲補給」といった感じがピッタリな雰囲気だったと思う。

きっと参加した人の中にもそれぞれ刺激を受けたりモチベーションがアップした人が多いんじゃないかなぁ…と思って終わったあとのtwitterを見ていると、やはり刺激を受けた人は多かったみたいで、いろいろ開発熱、Make熱が盛り上がりそうな予感。このトレンドが冷めないうちに小規模なフォローアップイベントをやってみるというのも悪くは無いかも。せっかく新しい層の人たちにもリーチできたと思うので、その人たちを巻き込まない手は無いかなぁ。

それにしてもスタッフの皆さんは、これだけの規模のイベントを準備して運営してと、本当に頭が下がります。お疲れさまでした。

あとルビセンはこういうイベントにはうってつけの設備なんだな、と。おそらく会場費はそれなりにかかったとは思うけれど、設備と機材が使えて博多駅近くのあの場所、というのは大きいような気がした。福岡はAIPCafeといい、場所に恵まれているのかもしれない…。

あと、当日のUstreamの録画が以下で見られる。
http://www.ustream.tv/channel/androidmakedays/videos
http://www.ustream.tv/channel/androidmakedays2


UR内覧&契約

内覧と契約を同じ日に設定していたので、まずは内覧をしに現地へ。

まぁ間取りは分かっているので、ざっくりと設備の経年劣化や気になる部分の寸法を測るくらい。以前借りてた時は9階だったけど今度は5階なのと、棟が違うので外の景色はだいぶ違って見える。

そして契約のため営業センターへ。

契約書をはじめとして5枚くらいの書類に署名と押印を行う。あと今月分の家賃・共益費と敷金を払う。敷金は2ヶ月分でかつ分割払いなので今日払った額は合計でも9万円行かなかった。額が少ないとなんとなく肩肘張らなくて済む感じはあるかな。あと敷金はほとんど戻ってくるはずだし。

契約書の重要事項の読み合わせ、その他の入居に関する説明を受けて窓口にいた時間は30分くらい。鍵の引き渡しはまた後日、12日に予定。

さて…まずは最低限揃えないといけない家財道具を見繕わないと。それほどお金をかけずに、シンプルでまずはミニマムな装備で。時期的に冬が近いので暖房器具も考えないとなぁ。あとは人を呼んでも問題ないくらいの見栄えにはしたいところ。


塵も積もれば…お茶代で5万?

身の回りの支出状況を整理しようと、いろいろ計算していたのだけど毎日会社の自販機で買ってる飲み物代、

110(円)×2(回/日)×20(営業日)×12(ヶ月)=52800(円)

そりゃそーだろってまぁ突っ込まれそうではあるけど、無意識に使ってるとバカにならんね。

自分の場合は大抵お茶系がほとんどなので、お茶に年間5万って思うと、うわーって思わんでもない。

自分で家から持ってくるか、スーパーとかでもっと安いの買うとかしても良いのかもね。

最近はコンビニやスーパーで間食用の食料を買うこともほとんど無くなったのでいいけど、これやってるときは月1万5千円くらい、あまり必要ない飲食に使ってたことになるのかも。大きな出費を減らすのも大事だけど日々の無意識に使ってるのも気をつけたほうが良さそう。


またまた部屋の片付けなど

今週末も天気が残念だったので、引きこもって部屋の片付けなど。

このところ毎週末やってるような気がするけど、なかなかどうして捨てるものがたくさん出てくる。でも部屋が片付いた感がちっとも出ないのだが…。いちばん部屋の中で目に入る書籍類が大きく減ってないからだろうけど。書籍は今度借りる部屋のほうに大部分は移動させるつもりなので良しとする。

今住んでる実家も賃貸なので、いずれ父親が仕事できる年齢じゃ無くなったりどちらかが亡くなるようなことになると、家賃節約のためにこの家も引き払う時が早かれ遅かれ来るだろう。そう考えると今のうちに荷物をスリムにしておくほうがみんな歳取ってからだと辛いだろうし、というのもあり。

そろそろそれぞれの年齢を意識した動きをしていったほうがいいんだろうなぁ。自分もずっと若いわけでもないしねぇ。


自転車通算10000km

通算で10000km達成。4年弱で。

最近はできるだけ、平日でも一日最低20kmは乗るようにしているせいもあって8/8に9000km達成してから3ヶ月で1000kmということに。

自転車もまたそろそろメンテナンスに出そうかどうしようか迷い中。

2011-11-03 22.58.49


健康診断の結果

健康診断の結果が来たのだが…

肝臓のGPTの値と、LDLコレステロールの値が少し高いという結果。

ダイエット頑張って検診の時には7キロくらい体重落としたのだけどな。まぁ3ヶ月で痩せたところでGPTが正常値になるのかどうか詳しくないのだけど、一般的にはこの値が高いのは脂肪肝を差すことが多いらしい。

何年か前にも同じように脂肪肝疑いとか肝機能障害疑いとかいう結果が出たこともあったので、もともとそういう傾向はあるんだろう。

検診前何ヶ月もずっとデスマな感じの仕事をしているし、ストレスフルな状況が続いているから体力的、ストレス的な影響が出たのかもしれないし…。

もうそろそろ若くない年齢だからいろいろ気をつけないと。

いちおうダイエットはまだ継続で。今は82kg台だけど直近は80kgを目標に。


スポンサーリンク