「 2013年08月 」一覧

EOS 60Dを買った

夏休みの前には、休みが取れるかどうか分からない状況ではあったけれど、休みが取れたらどこか旅行に行こう、そのときにやっぱり写真を撮りたいなぁと思ったわけだけど、いま住んでるところにはコンデジしか持ってきていない。

福岡に帰ればPentax K100Dというデジタル一眼があるけど、そもそも休み中に福岡に戻ることはあまり考えてなくわざわざ取りに帰るのもどうかと思うし、K100Dも6年落ちの機種で少し物足りないところが出てきていたので、この際だから一眼も新しいのにするかな…と数日、ネットをあれこれと見ていた。

正直、かなり幅広く迷った。

最初は、とりあえず安くてもローエンドでも良いから一眼なら良いか、とEOS kiss X50とかNikon D3200/D5100などを見ていた。このあたりならキットレンズセットでも4,5万くらい。ただ、旅行に持って行こうと思うとダブルズームのようなレンズ2本は嵩張るので止めておきたい、そう考えると18-135mmのレンズセットがあるといいのだが型落ちモデルだとそういうセットが無いものもあり、んー、というところ。ただローエンドは初心者向けなのでカメラ重量が軽くできているものが多いので、旅行に持って行くなら軽い方が良いかなと思っていたのもあった。

軽さだけで言えば、ミラーレスも少し考えたのだけどコンデジとの使い分けが微妙になりそうだったのと、ミラーレスもレンズ1本で運用するならそれこそ高いコンデジと同じになってしまうだろうと考えて候補から外した。

ネット上のレビューを見ていると、ローエンドはローエンドなりのスペックだったりする。当たり前だけど。昔に買ったK100Dも割とローエンド寄りのモデルだったし、ローエンドからローエンドへの買い換えもどうなの、という気持ちが湧いてきた。そもそもK100Dを使っているうちに物足りなさを覚えたから新しく買おうという気になっているのだから。

じゃあミドルレンジのモデルはどうなのかと見てみると、型落ちであればプラス2,3万あれば手が届きそう。ミドルレンジの機種もいろいろ考えた結果、EOS 60Dにしてみた。最新モデルには惹かれるけど余裕で予算オーバー。あとこの時点で軽量化は諦めるしかない。

カメラメーカーもあまりこだわりは無く、キヤノン派かニコン派の二択ならニコンを選ぶ。でもなんとなく、というくらいでほとんど根拠は無い。中学生の頃に写真部に入っていたのだけどそこで学校の備品だったF401というカメラ(当然その当時なのでフィルムカメラ)をずっと使っていたので気分的にニコンに愛着があるかな、というくらい。

K100Dを持っているのだから今度もPentax、K5-IIローパスフィルタレスにはかなり惹かれた。けどPentaxはサードパーティのレンズが少なめなこと、納期と価格、Pentax以外の2大メーカー、キヤノン、ニコンも使ってみたかったという理由で今回はパス。K100Dのレンズを使い回そうにも福岡に置いているのでボディだけ買って安上がりには済まなかったのもある。

EOS 60Dは3年落ちのモデルだけど、レビューはけっこう高評価でバリアングル液晶がついているのがポイント。昔、PowerShotのバリアングル液晶のコンデジを使っていたときに便利さは知っていたので、一眼なので基本はファインダーでライブビュー撮影はしないけれどいざという時に役に立つかもしれないと思ったのも大きい。

レンズは、キットレンズが18-55mm、18-135mm、ダブルズームと選べはしたものの18-135が納期が夏休みまでには怪しかったのと旅行中はレンズ1本で行きたかったのでボディと、18-200mmのSIGMAのレンズを別に合わせることにした。空港で飛行機の写真を撮ることもあるので、200mmは無いとなぁ、と。本音を言えば本機で飛行機撮るなら300mmまでは欲しいけどそこまでお財布に余裕は無い。

さて当面はレンズはこの1本の予定。このままキヤノンでレンズを揃えてキヤノン派になるか、と言われると分からないし、何年かしてフルサイズ機が手に届く範囲に降りてきたらその時にまたメーカーを乗り換える可能性もあるし…。安い単焦点を買うことはあるかもしれないけど、それくらいかな。

と言うわけで、アクセサリを含めて10万円以内になんとか収まった。写真だけが趣味では無いし旅行費用も考えると、心理的に10万円超える買い物はちょっと…。

DSCN1448

ということで届いた。

DSCN1449

バッテリーとレンズを組み合わせるとさすがにずっしりとくる重さ。ただこれはミドルレンジモデルの宿命だろう。実際、旅行中は長めのストラップを付けて、斜めがけをしていたり場所によってはカバンの中に入れていたけれど、長時間持ち歩いていると重さを感じる場面が時々あった。選んで買った以上はきちんと持ち歩いて使うようにしないとね。

使ってみて思ったのは、シャッター音は小気味よく個人的には割と好きかも。AFの合焦はもう少し速いといいのだけど、本体のせいかのかレンズのせいなのかはこの組み合わせでは分からず。

旅行中に撮っていて、測光モードの使い分けをきちんとしないとなぁと。例えば神社の参道(森のように木が多いところ)で、最近のようなとても晴れた日だと空と地上とのコントラスト比が大きく、空が白飛びするか、地上が暗く写るかみたいになりがち。

しかもカメラの測光の方式によってはアングルを少し変えただけで測光結果が変わるのか、大きく撮れ具合が変わってしまうクセというか、そういうのに慣れずに苦労した写真がけっこうあったのでこの辺りは勉強が必要そう。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディ EOS60D Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D ボディ EOS60D

キヤノン 2010-09-15
売り上げランキング : 2105

Amazonで詳しく見る by G-Tools

SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3IIDC OS HSM キヤノン用 APS-C専用 SIGMA 高倍率ズームレンズ 18-200mm F3.5-6.3IIDC OS HSM キヤノン用 APS-C専用

シグマ 2011-10-14
売り上げランキング : 3180

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s x300 UHS-1対応並行輸入品 パッケージ品 Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 45MB/s x300 UHS-1対応並行輸入品 パッケージ品

SanDisk
売り上げランキング : 355

Amazonで詳しく見る by G-Tools

HAKUBA シリコン ブロアー CP オレンジ KMC-42CP-OR HAKUBA シリコン ブロアー CP オレンジ KMC-42CP-OR

ハクバ
売り上げランキング : 105

Amazonで詳しく見る by G-Tools


東京旅行

8/11~15まで、夏休みの東京旅行に行ってました。

もともとは3泊4日くらいの予定だったけれど、思いのほかあちこち行くのが楽しくて1日滞在を延長して4泊5日となりました。お財布と体力と休みがまだまだあれば、もう2日程度は延ばしたかったけれど泣く泣く刈谷に戻って来た感じ。ずっと現実逃避をしていたかった気分だけど仕方無く。

今回は自転車(Brompton)を新幹線輪行して持って行ったけれど、これが大正解。都内を自転車であちこち移動したりブラブラしたりするのがとても楽しくて、暑い中ではあったけど充実感を得られたかな。

EOS 60Dを持ちながら、都内、横浜、あとは将棋のイベントなどに行ってきたのでボチボチとブログにも書いて残していきます。もっぱら「お上りさん」の都内観光レベルではあるけれど。


夏休み

2年ぶりの夏休み。

去年から今年にかけて、夏休み、年末年始、GWとほとんど仕事で休みが取れなかったのでフルに長期休暇が取れたのは久しぶり。1年も2年もまともに休めずに働きづめだと人間、心身ともに壊れてくるから…。

ただ、いつものように休みの直前まで本当に休みが取れるかが決まらず(突発事態が起きると潰れる)、何日か前からぼんやりとどう過ごそうかなとは考えてて休みの前半は東京、横浜あたりに遠出しようかと。Bromptonを持って輪行しつつブラブラと街乗りでも。名古屋からなら割と行きやすいのもあり。

福岡へは休み明けの週の後半に社内研修で戻る予定があるので夏休み中は福岡へは戻らずブラブラ現実逃避します。本当に仕事のことを忘れないと、気が狂いそうになるし。

休み後半はまったく何するか考えていないノープラン。刈谷に戻ってくるか、東京からついでにまた別のところに遠征するかは体力とお財布次第になる予定。もうあんまり若くないので主に体力的な問題になりそうな気がするけど。この猛暑で自転車乗ったりすればきっと。

さてそんな夏休みも、金曜日はトラブル発生で深夜2時くらいまで仕事したりと幸先の悪いスタート。本当は金曜日に帰宅したら土曜日から東京に移動しようと思っていたので宿探し、と思ってたけど疲れてそんな暇も無くとりあえず寝て起きて宿探しをしてみた。

そしたら東京や横浜のホテルが軒並み高い。土曜日ということを考えても、アパホテルとかの割と安めのビジネスホテルでさえ1万円台後半の高めの値段設定。日曜日以降の価格と開きが大きいので何かホテルが埋まるようなイベントでもあったんですかね。昼から移動して半日観光して一泊するのにこの値段だったら、次の日に出発をずらすほうが安上がりと判断、初日は近場で過ごすことにして、この夏休み向けに新しくデジカメ(EOS 60D)を最近買っていたので、その試し撮りを兼ねてセントレアへ。

IMG_0032

IMG_0096

IMG_0027

まだEOS 60Dの使い方にも慣れておらず、いろんなモードでバシバシと撮ってみました、という感じ。行った時間が遅くてすっかり暗くなっていたのと、一緒に買ったレンズが明るいレンズでは無い中で手持ちで撮影だったのと、強風で普通にカメラを構えていても手ブレするのでまともに見れる写真は半分くらい。

セントレアはいつ行っても高そうなカメラとレンズを持って本格的に撮影してる人をチラホラ見かける。たしかにもっと明るいレンズがあったら…とか三脚あったら…とか思うけど、そこまでお金かけるかというと二の足を踏む。どっぷり趣味として浸かればまた違うんだろうけど、つかの間の休みに時間を見つけてやってる感じなのでねぇ。他にもやりたい趣味はあるし。

写真を撮っていたら外国の人に声をかけられた。その人もミラーレス一眼っぽいカメラで写真を撮っていて「飛行機の写真が好きか?」とか「いい写真撮れたか?」とか片言の日本語と英語で。私ももうちょっとトークを膨らませれば良かったんだろうが、そもそも日本人相手でもフリートークは得意ではない上に英語で何か言おうと思うと言葉が出てこないしで、後から思うとちょっと申し訳ないことをしたかな…と。

どこの人か聞けずじまいだったけど、福岡空港にも行ったことがあるようで「福岡はいいね、R34からだといい写真が撮れる」と言っていた。「写真撮ったあとはどうする?」と聞かれ「特に何もしない。JPEGで撮ってるし」と答えたら「JPEG?本当に?RAWで撮ってあとで加工しないの?」とかなり不思議がられた。うーん、自分はレタッチしない派(いちいちするのが面倒)でJPEGで撮ったら無加工でflickrにアップロードしたりして見るというやり方なのでね…。

まぁそんな感じでセントレアでの試し撮り。60Dはシャッター音が割と小気味よくて良い感じ。レンズのせいかAFの合焦は速いというほどでもなく普通なのがちょっと撮るテンポが悪くなるけど、今はおおむね満足。明日からの関東遠征でも活躍してもらうつもり。


プロジェクトに火の手が…

今週も土日は休めたものの、平日の多忙と暑さでグッタリ。

仕事のほうはまた炎上しかかって来ていてまずい。メンバーが作ったものを実際のデバイスに組み込んで動かすと全然動かない。

今、チームのメンバーは刈谷と福岡に地理的に別れていて、福岡側にはデバッグするためのデバイスが無いのでどうしても実装して単体テストやモジュール内の結合テストをするところまでしか作業が出来ない。

エミュレータ環境が特にあるわけでもなく、相手モジュールに対して正しいと思っているパラメータを渡せているというテストまでしかできないので、実際にデバイスに乗せて動かしたときに相手モジュールがどういう動きになるかはやってみないと分からない、ということはあるのだろうが…。

相手モジュールの仕様書に一応沿ってAPIを呼び出したりしているつもりでも、本当はパラメータの指定に条件があったり、ある値の範囲の中でも特定の値しか受け付けないとかあるのかもしれない。仕様書に載ってないと文句を言っても始まらないし、上流工程でその辺を確認していない側にも問題はあるだろうし。ただ何の値を渡せば相手側が正常に動いてくれるのかが手探りで、時間だけが過ぎていっている感じなので何か打開策を考えないといけないな…。

こういう感じでまだまだ、実際のデバイスに載せてテストするのを待っている開発アイテムがたくさんあるのだが、出だしからこうも躓くと先が思いやられる。スケジュールはすでに遅延してきているので、あれもこれも動かない、みたいなことになったりすると阿鼻叫喚になるだろう。

夏休み前の今週1週間での進捗が勝負になりそう。下手をすると本当に夏休みが無くなる可能性も出てきた…。

開発スケジュールの遅れから、ウチ以外のモジュールもほぼ平行で開発をしている状況でスタブやドライバを作っている余裕が無いと、いちばんやってはいけない「ビッグバンテスト」をしているので正常系のルートを通すだけでもとても時間がかかっている。デバッグもリアルタイムにできればいいのだろうが、ゆっくりデバッグに使えるほどデバイスを使える時間が無いので(1台のデバイスをいろんなチームが時間割で使っている)、もっぱらログをベースにした解析になる。だから余計に効率が良くない。

組み込みではある程度は仕方のないことではあるのだけど、デバイスが不足しているのでデバイスに載せてテストするまでに、いかに事前にテストできるかが大事なのは理解しているのだけども…。

メンバーのスキルとかモチベーションとか(前機種の開発の過酷さからモチベーションは下がりきってる)、スケジュール逼迫とか、ただでさえ遅れているのにそこに割り込みで入ってくる依頼事項などの多さでさらに予定の作業が遅れるとか、何度スケジュールを引き直しても割り込みの多さですぐにスケジュールが破綻するという具合。

…今回も典型的な炎上プロジェクトのパターンをなぞってる気がしますね。

前機種の開発プロジェクトも炎上し、その中で体や心を壊してここ数ヶ月で立て続けにメンバーが離脱していったのが大きな痛手。ボロボロになって急に去っていく形が多かったので、彼らが知っているノウハウがきちんと引き継げてないだろうし、残していった途中の作業のクオリティも良くなく後釜のメンバーが懸命にやっているけど、チーム入ってきたばかりで穴を埋められるほどの知見も無いし、と前々からの問題も含めて、今回の炎上もなるべくしてなったものなんだろう。

頭の痛い問題だ。自分自身も疲弊とモチベーションはもう無い中でなんとかやってる感じだし…。


また1ヶ月

福岡に帰る日が遠のいた。

昨日までは夏休み前で引き揚げるという話しで進んでいたのに、急に8月いっぱいまでという形に。

いろいろチームの事情があるのは分かるのだが、それなら早めに言ってもらうほうが無駄に帰る荷造りしたり片付けしたりする必要が無くなって楽なのだけど。

刈谷に今後も残留するメンバーからすると、あんまり福岡にメンバーが引き揚げられてしまうと手が回らなくなるのが嫌だから、引き留めておきたいとかいうのもあるのだろうけど、移籍前のチームからするとかれこれ半年くらい毎月毎月、月末で引き揚げようとする直前で延びるというのを繰り返して正直うんざりする。こんなことなら生活道具や私物を早々と福岡に持って帰るんじゃなかったね…。

8月も刈谷生活ということは、夏休みは刈谷をベースに過ごすことになりそうだ。福岡に帰省する目的もあまり無いし、どこか遠出して過ごせればいいかな。あまり田舎は暇すぎてつまらないと思うほうなので都会をベースにそこからあちこち行くやり方にするかも。まぁ、夏休みが取れればの話しだが。


スポンサーリンク