「 2013年11月 」一覧

出張2週目

今週もたくさん働いた。

朝は少しだけゆっくりな出勤だけど、夜はほぼ日付変わるくらいまで職場にいる感じ。ホテルに帰って食事してシャワー浴びたらほとんど自由時間は無く、寝ないと体が持たない。

今週も土曜はふつうに休日出勤したので休日は日曜のみ。もうこれはぐっすり寝るしかない。豊川でB-1グランプリやってたので行ってみようかとも思っていたのだけど、ニュースで見た人出の多さで行かなくて正解だったかも。焼きそばやら食べるのに人混みの中を行列してまでってのはねぇ…。

休日のお決まり、近くのスーパーをハシゴして食料の調達。たぶん最近の食事は1食だいたい200円くらいで済んでるんじゃないだろうか。あまり健康的な食事では無いのでサプリメントと野菜ジュースで気持ちだけでも誤魔化しているけど。

刈谷駅の某コンビニはいつ行っても揚げ物の油の匂いが充満している。まるで揚げ物屋のよう。それなりに数が出るからなんだろうけど、あんまり買い物する気が起きない。でもコンビニここしかないのよね。

刈谷はメジャーな外食屋が駅の周辺に無く、遠く離れた幹線道路沿いにしか無いので駅周辺での食事事情は良くないと思う。コンビニも駅の両側に1件ずつくらいしかないし、スーパーは21時に閉まるので仕事帰りには間に合わない。飲み屋はそこそこあるけど、普通に食事できるところがなぁ。

まぁ食事もそうだけど、仕事が朝から深夜までの生活がずっと続いている方が体には辛い。いつも疲労感があって体も重く、頭の回転も悪いし…。

ただ、客先の社員さんだとか他社さんの人の中には、すさまじいほど働きづめなのに、頭も回って精力的に仕事してる人もいるからなぁ。どこからそんな体力が出てくるのか不思議でたまらない。かといって私はそこまで働きづめの状態自体が嫌なので、それに耐えられる体や頭が欲しいとはあまり思わないけども。

まぁでも自分より働いている人が周りにいるために、「働き過ぎで疲れた」「睡眠が足りてないから」みたいなことが言いづらい空気はある。私が貧弱なだけかもしれないって話しもあるんだろうけど、長時間動労はその時は乗り切れても確実に体や心にはダメージを与えているような気がする。生き急いでるというか。

もう少し人間らしい生活ができる環境にしたいのだが…。来る仕事来る仕事がことごとくデスマなのがなぁ。


出張一週目

予想していたとはいえ、出張第一週目は怒濤の日々。

けっきょく土曜も休日出勤し、振替休日の月曜日も客先は通常営業日なので出勤なので3連休なんて関係なし。

唯一の休養日は洗濯したりスーパーに食料を調達しにいったり、名古屋へ出てブラブラしたり。2ヶ月前まで生活していた場所なので特に久しぶりとかいう感覚も無く。

この一週間は仕事帰りに同じコンビニに通い詰めて、3日目にして飽きてしまったのでスーパーでの食料調達は重要事項。コンビニで毎日買い物すると割高だし…。スーパーで買い物とはいってもホテル暮らしなのでカップ麺の買いだめとか多少お総菜買ったりするくらいだが。電子レンジがあれば、とか冷蔵庫がもう少し大きかったらいいんだけどホテルだしなあ。

とても不健康な食事を続けざるを得ないので少し体調が心配。先日の健康診断でも高脂血症の判定だったので、本当はカップ麺やらコンビニ飯は避けないといけないんだろうけども…。

仕事のほうも開発終盤でかなり切羽詰まっているのでキツい。今までもずっとキツくて心身ともに限界状態が続いているんだけど、まだまだ過酷な日々は続きそう。なんかもう、自分には今の仕事はもう続けられないかもしれないなと思うことが増えた。辛くても頑張ろうぜ…みたいなプラス思考にもなれないし、この状況を受け止められるほどタフでもないし、パフォーマンスも落ちたし脱落する時期なのかも。

社会人になって14年、炎上案件に関わること数知れずでオーバーワークが日常になってる中で、それなりに頑張ってきたけど燃え尽きたかな。

昔は仕事のやりかたやプロセスを改善しようと勉強したりトライしたり、いろいろ仕事に対して取り組んでいたけど、結局のところそんなインテリジェンスなことは必要なくて無茶なスケジュールと、1人が2人分くらいの仕事をするしかない人員の体制で朝から晩までひたすら働くことを求められる環境なんだというのが分かってしまうと、仕事のプロセス改善なんてやったとしても微々たるもので真面目に考えるだけ意味が無いというか、無駄かなというむなしさですっかり今は興味を無くしてしまった。

会社は生産性を、利益をというけど単に人を削って一人当たりの仕事量を増やして「コスト削減」してる感じだし、まともな仕事が取れないので炎上必至の案件を取ってきて犠牲者出しながら自転車操業みたいな状態だしなぁ。人を使い潰して潰れたら去ってください、みたいな感じの空気感がここ1,2年で強くなってきたしそういう方向に会社が進むということなんだろう。


スポンサーリンク